水流渓人のページ「登山日記」No.510

 
2012/08/09
「尾鈴/袋谷」
ふくろだに

沢登りと言うより、釣りと言うより、ちょっと遊んだみたいなもんだが・・・
 
短いゴルジュ入口にて ゴルジュ右壁をフォローする次男 雨で急斜面エスケープ
 

 めずらしく、次男の沢リクエストが入る。のんびり釣りながら沢歩きをするにはいいかなぁ〜と、雨の多い最近・・・袋谷にした。ここは、彼のヤマメのビギナーズラックの沢でもある。
 しばらく変な降雨なので、水量は多い。ただ、夏の尾鈴は特有の天気なので、突然どしゃ降りというのは覚悟しなくてはならない。朝の尾鈴は、雲も高かったので心配なく、丹念にヤマメの当たりを探るぞ!と、ワクワクした。バス終点の「細」から左折し、しばらく未舗装路を走ると、最初の橋のたもとが入渓地点である。身支度を整え、沢に降り立つ。息子は、しばらくぶりで、少し気も高ぶっていたのか、ルアーをとんでもないキャストをしていた。ただ、幼い頃から沢歩きをしているので、沢靴での歩きは実に安定していた。なかなか当たりもないままに、数多くのポイントにキャストし、ゴルジュの入口を迎えた。短いゴルジュだが、先はトユ状になり、水量が多いととんでもない!
 ゴルジュの右壁にロープを延ばす。何度か乗り越している8m程の壁だが、今回は様子が違っていた。スタンスを決め、浅いかぶりに立ち込むも、ホールドが見当たらない。どうにも難しく、このまま突っ込んだら滑り落ちる可能性も感じた。周辺を探ると、小さい木の腐った残骸があった。おそらく、この木を掴み上がっていたのだ!グッと右の下方に小さい木があり、ここにバックアップを取れば、5m落ちてもグランドフォールは避けられるかな?と、思ったが、ヒビる親父の様子を、下でビレイしているつもりの息子は、笑って見ていた。瞬時に、私はバックアップを取るのを止め、落ちても、ビレイしているつもりの息子にテンションがかからない方を選んだ。落ちれば浅い流れにグランドフォールだ。息子は、落ちた親を見た事がない。今まで、どんな山登りも、沢登りも、何事も無く完了していた記憶しか無い。こんな親を信頼しきった状況こそ、危険だと、瞬時に思った。息子が、親が落ちるかもしれない疑いを持てた時にこそ、パートナーと成り得る。だか、この日、その状況は無い。枯れ葉の中を探ると、朽ちた木の根が確認できた。一か八か、取れない!と信じ、ジワリと右手をかけ、下の枝に大きく左足を延ばして置いた。なんとか、切り抜けた。
 100mほど巻いて、川に降り立つと、突然雨になる。本降りになる頃、沢から抜ける決断をした。目指した尾根のエスケープ斜面は、とてもきつく危険な状況を回避しての林道抜けとなる。その頃、青空に戻っていた。もっと沢に入りたく、釣りたい息子が、羨ましげに青空を見上げた。

 

ブログへ

  
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠          
年齢 53         16
ピーク(山行)合計 693         99