水流渓人のページ「登山日記」No.509

 
2012/08/05
「高松山」「八重山」「造次郎山」美郷町
たかまつやま313.2m  やえさん524.8m ぞうじろうやま733.2m

雨、雨、雨と、美郷の山を駆け巡るのだ!
 
山頂すぐそこに見えるが シダの密生藪がはだかる。

高松山

  
市木地蔵から林道へ 林道と尾根の別れに石像 八重山
 

 ママは、職場の仲間達と、「平戸・呼子」の1泊旅行に出かけた。盛り上がってるだろうなぁ・・・と思いつつ、どうせ寝るだけだから、登る山方面へ前夜から出かけ、車中泊するのも久しぶりにいいもんだろう・・・と、門川へ向かう。高千穂までと思うも、雨がぱらつき、美郷町方面へと進路変え、五十鈴川沿いに少し走り就寝。
 あ〜あ、雨音で目覚め!もう少しもう少しと眠って、登るか?帰るか?迷いつつ向宇納間から秋元へと向かう。ここらは、炭焼きが特産なんだ!と良く判る地区にしてある。すでに、雨は本降り・・・。止めようかと言う気持ち8割で、高松山を見上げると、山頂まで近そうだ!と、ここまで来て止めるにはもったいない気持ちになり、しぶしぶ登り始めるが、急過ぎて、合羽暑すぎて、シダ密生藪は大変で、完全にバテバテになった。キツイ1座に、もうこうなりゃ行くしかない!気持ちに切り替わる。そりゃそうだろう・・・後の八重山も造次郎山も、林道からすぐの山頂・・・林道次第だ。
 一旦、五十鈴川沿いに走り、市木地蔵を目指す。地図に、結構な高度まで人家があるのが判っていたので、近くまで行けるのは間違いないと判る。走りやすい林道は、簡単に八重山を踏ませてくれた。
 腹も減ってきて、運転しながらパンをかじる。坂元地区から自然歩道を目指すと、走りやすい舗装になり、小平ヶ墓峠に至ると、南北に綺麗なアスファルト舗装路が抜けていた。電波塔マークのある造次郎山だからだろうが、行けば車から数十秒で三角点にたどり着いた。テレビの中継塔が建つ場所・・・いや、山か!まぁ、そういう事ありだな!と、美郷町の3座に立つ事が出来た事実を良しとし、少し早目の帰宅となった。

 
坂元地区から自然歩道へと 電波中継塔に立つ 造次郎山
 

ブログへ

  
自宅前夜発20:00----門川----五十鈴川沿車泊----美郷町(板が原キャンプ場付近)----高松----駐車位置スタート9:36----高松山10:34----下山----駐車位置10:50----移動----物産館11:14----市木地蔵----直下林道11:47----八重山11:52----下山----駐車位置----移動----片平----阪本----小平ヶ墓峠12:46----造次郎山12:51----峠にて昼食----宇納間----美々津---自宅
  
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠            
年齢 53          
ピーク(山行)合計 692