水流渓人のページ「登山日記」No.504

 
2012/07/08
「桝形山」五ヶ瀬 
ますがたやま982.2m     

阿蘇ドライブの途中に、五ヶ瀬ワイナリーに立ち寄り、景色も眺めてみる。
 

  
登山記録帳へご記帳 秦野内山と書かれている。 威張るママと、正座の私。
 

 車で登れるが、1座は1座と割り切っている私は、それでも良い。ここは、阿蘇山・九重連山・祖母傾が一望できる。今回、九重がボンヤリしか見えていなかったが、普賢岳が見えていた。
 ドライブへ・・・と、ママと出かけるのは久しぶり。藪山をやり始めて、めっきり登山には付き合わないママだが、ここからの景色は見せてあげたかった。山座同定をして楽しむのは好きだから、あれこれ山名を言っては、「そうだ!」「違う?」を繰り返していた。実は、もうすぐママの親父さんの命日が近く、お供えを「五ヶ瀬ワイナリー」からワインを送った。1本は、お供え後、お袋さんのチビチビ晩酌用に・・・と、もう1本は、2007年製で、弟家族の長男の誕生会用に、わざわざ長男坊の生まれた年のものをチョイスした。
 その後、高森を抜け、九木野を抜け、萌の里付近で、楽しみにしていた「蕎麦」を並んで食べたが、順番待ちの不手際やら、大げさな謝罪やら、前客の食べた残骸を片付けない汚さや、注文の取り方の気持ち悪さや、天ぷら蕎麦・ごぼう天蕎麦のまずさで、参ってしまった。腹が減り、楽しみにしていたのに、最悪の印象で終わってしまった。残念である。
 その後、口直しにと吉無田高原で入った「古民家茶房:遊心」さんは、気分爽快で良かった。親切な店の方や、テラスから景色を眺めながらのアイスコーヒーは、いつまでも居たくなる様な気持ちの良さで、そよぐ風が一層心地良く感じられた。
 その後、山都町〜砥用町〜二本杉峠〜五家荘と抜け、山岳ドライブを楽しみながら、たどり着いた五木で温泉で疲れを癒した。湯前で晩御飯を食べ、西米良経由で帰宅した。15時間遊んでいた。

 

ブログへ

  
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠          
年齢 53 52        
ピーク(山行)合計 683 238