水流渓人のページ「登山日記」No.501

 
2012/06/12
「高平山」「岡富山」延岡市 
たかひらやま406.7m  おかとみやま198m
 

梅雨とは、雨が降ってしかり!この時期の王道登山だ!多分・・・
祝子川・鹿狩瀬町付近から あれこれアンテナが並ぶ 高平山の4等三角点
  

 
 ちょいと先週の山行後、ムズラムズラと体調が思わしくなかったが、気持ちを入れて県北へ向かう。登山口
(私の決める勝手な場所)で、「こうなりゃ意地だ!男の意地ってもんだ!」と、決意はするが、誰に言うわけでもない・・・いや、誰も聞いていない。当たり前だ!そんな寂しいオッサンは、今日はコンビニで「甘いスイーツ」を買い、昼食時の楽しみにしちゃったりして、気色悪い行動を伴っているんだわ・・・。
 延岡のマックスバリューでトイレ休憩。そのまま、祝子川沿いを大崩山方面へと進むが、走って数分、鹿狩瀬町?付近で左折「行縢山へ」の看板を見る。途中から、「高平牧場」へと車道での登り、舗装路終点に駐車し、林道?作業道?を傘さして歩く。すぐにアンテナが数基立つ山頂台地へと到着した。地形図に三角点が記載されているので、やはり三角点を見ないと登頂の感が薄れる。長靴でうろうろする間に、びしょ濡れになったが草の生い茂る平坦な台地に、点は見つからない!こうなりゃ意地でも見つけたる!!車まで戻り、合羽を着こんで、再度草を踏み倒して徘徊する。広範囲にうろうろするも、全然見つからず、諦めかけていた時、灯台下暗しの少しの藪からひょつこり出て来た。なんだが、今年の一番嬉しい三角点ではなかろか?ぐらいの小躍りおっさんが、雨に濡れて満面の笑顔でいた。
 もう帰ろうか?いやいやもう一座だ!自問自答自己解決行動を繰り返し、近くの「宇和田トンネル」を過ぎた所に駐車。山頂へは、その位置が近い・・・はず。トンネル横から、這いずり上がり、アヘアヘ登る事15分。またまた林道に飛び出す!その頃、「この林道は山頂方面だ!」と、地図に無い林道の行先を勝手に決める自分がいる。だが、感でも、ここまでの経験の感は結構当たる!山頂直下の林道位置で、少し休憩する。なんだか脱水症状だろうか?目がフラフラし、そこからの急登の途中で、足が上に上がらず、モヤモヤ感がピークへと向かいそうになった。合羽を開き、座り込んで扇子でクールダウンし、事なきを得た。水分を補給するも、事前事前が夏は大事だ!雨が降り、合羽行動は、特にそうなのかも知れない。最後、もういい感・・・最大値のシダ藪は、背丈を越えた。三角点は無いので、一番高い位置を山頂とした。
 

宇和田トンネル付近から登る 背丈ほどのシダを掻き分け 岡富山の標高点
   
自宅6:20----佐土原駅----延岡8:40----高平山舗装路終点9:32----高平山9:52----下山----再登山----高平山三角点探し----三角点発見10:19----下山----移動----宇和田トンネル11:07----岡富山11:57----下山----駐車位置12:25----昼食----温泉----自宅18:30
  

ブログへ

  
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠            
年齢 53          
ピーク(山行)合計 677