水流渓人のページ「登山日記」No.494

 
2012/05/06
「坊主山/赤岩山」日南 
ぼうずやま405.0m あかいわやま530.4m
 

息子の合宿お迎えのついでの2座は、午前中勝負!
 
なんとも辛い藪だ 山頂手前の大岩 坊主山
  

 
 家族バラバラなGWだが、そんなに悪い気はしない。ママは、4〜6日の予定で、福岡の次女の所へ出向き「博多どんたく」を楽しんでいる。次男は、部活の合宿で串間市へ行っている。単身な3日を、私はそれなりに楽しんだ・・・というより、ぐうたらに過ごすのも悪くない。早寝の日々だ!6日、串間の福島高校で、レスリング部の合宿に参加している次男の、お迎えサポートを引き受けていたので、13:30の集合まで目一杯ピークハント!と意気込み出かけた。
 なんてこと無い。5時起きと計画はしてみたが、案の定自宅を出たのは7時を過ぎていた。国富〜高岡〜日南を目指し走る。青空が良くて、それだけでウキウキする。蜂の巣キャンプ場の手前から、一旦、右折し坊主山への林道を走る。なだらかな山なので、山腹には鶏舎が多く、その作業道みたいな林道だ。ここに入っていいのかなぁ〜と、恐縮しながらカーブミラーの空地に駐車し、心して藪に突入した。ぼうず(坊主)山・・・という割には、フサフサの藪だわ!掻き分け掻き分け杉林へ抜け、自然林へと抜けた。山頂直下の大岩は、なんとなくここでは大迫力!登り上がって1座ゲットの「坊主山」
 続いて2座目・・・。坊主山の林道途中から行けるはずだが、ほぼ道は藪と化し、車での突入は断念し、一旦舗装路に出て隣の谷に回り込み「尾羅河内線」林道へ入る。材木の搬出が実施されているのだろう・・・整備された林道は、林道終点まで快適にたどり着いた。作業されている地元の方に話しかけると、猪打ちをしていて山に明るい。有益な情報収集が出来、あっけなく「赤岩山」へ立てた!杉林には、エビネが咲いていて、ちょっと得した気がする。下山後、3座目の「舞之山」をどうするか検討したが、ここから串間の福島高校に13:30は、もう無理と判断し、オニギリを頬張り本日の登山は終了とした。
 

整然とした杉林の急登 赤岩山 キエビネに出会う
 
自宅7:20----高岡町----田野町----坂元地区8:30----林道駐車位置8:42----坊主山9:21----下山----駐車位置9:35----移動----林道尾羅河内線10:02----林道終点スタート10:25----赤岩山10:54----下山----駐車位置11:15----黒潮ロード----福島高校13:00----宮崎市内学校----自宅17:00
  

ブログへ

  
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠            
年齢 53          
ピーク(山行)合計 666