水流渓人のページ「登山日記」No.481

 
2012/02/01
「鉾山〜東山峰山」「下葛山」
ほこやま623m ひがしさんぼうざん640.8m しもつづらやま569m 

先週に続き、延岡市北浦の3座を歩いてみる。結構歩いてみた。
 
鉾山 東山峰山 下葛山
 

 目星を付けた林道は、2本も「全面通行止」となっていた。ようやく、「鉾山」へ取付く尾根まで行けたのは、すでに10時半を回っていた。
 斜面を削り貫かれた林道から尾根へ取付くには、不安定なグスグスの斜面を登り木を掴むか、谷から入って尾根へ急斜面を登るかになる。今回は、5mほどグスグスをデリケートな歩幅で上がって藪へ突入となる。しばし、獣道をたどり高度を上げて行くと、伐採し露わな尾根になった。東山峰山も見え、北浦の方向には海も見えていた。赤い岩が露出し、不安定な斜面をゆっくりと登って行く。途中には、背丈ほどのシダの藪を掻き分ける所もあり、3回ほど休憩しただろうか・・・標高差400m程を1時間40分で「鉾山」の山頂に着く。大分に近い山頂には、いつもの山本一春氏の赤白杭と、臼杵山岳会のアルミ製?の立派なプレートが設置されている。そのまま稜線をたどり、「東山峰山」まで行き昼食にした。
 まぁ、下山は楽だ。間違えそうな箇所には目印を設置し登って来たので、それを回収しながら下れば、1時間ほどで下山出来た。車に乗り、時間的にどうかな?と心配しながら、下葛山へのアプローチを探す。
 荒れた林道を走るのは、とても神経を使う。デリカD:5という4WDに載ってはいるが、故障やスタックは、単独ではどうしようもない事の方が多い。ましてや崩壊箇所の多い林道では、タイヤを落とすと致命傷だ!慎重に進み、もうUターンが無理という前に駐車する勇気が必要だ。後は、足があるから歩けばいい。
 下葛山への林道は、地図に無い林道があちこちに抜け、特定するまでに行ったり来たりしたが、荒れている気配があり、ずいぶん手前の空地に駐車した。案の定、10分も歩けば、崩壊・・・そして大規模な土砂崩れで林道は寸断されていた。いい感だ!すでに4時が近く、急いで斜面を登り上がり、あちこちにトゲが刺さったが、勢いを止めるわけにも行かず、猛烈な闘志?執念?で、山頂へ到達した。ピンボケ写真を1枚・・・超特急で下山し、林道に出た。ようやく、座って休憩・・・満足の16,000歩の1日だった。

   
自宅6:25----佐土原駅----延岡8:30----北浦三川内----下葛谷ぞい林道(全面通行止)----木和田内谷ぞい林道(全面通行止)----波帰内谷ぞい林道----標高260m地点尾根スタート10:44----鉾山12:28----東山峰山12:52----昼食----下山13:21----鉾山13:35----駐車位置14:20----移動----駐車位置スタート15:00----林道歩き----藪突入15:35----下葛山16:10----林道16:30----駐車位置16:50----道の駅・北川はゆま17:40----日向温泉----自宅20:30
  

ブログへ

  
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠            
年齢 52          
ピーク(山行)合計 636