水流渓人のページ「登山日記」No.463

 
2011/10/22
「牧島山・比良山」
まきしまやま119m ・ ひらやま1359m

昼から広がる青空に、我慢しきれず出かける。
 
ようやく紅葉 牧島山の山頂だろう・・・ 門川漁港方面
 

 日向市で昼食を取り、港へ向かう。一等三角点の立つ「米の山」の対岸。北側に位置する「牧島山」は、海に突き出た岬だ。どこから登るか、周囲を車で走り、北側から入る事にする。先日の雨後だからだろうか?気温は26度と、蒸し暑くなってきた。いやはや、ひどい藪だ!林道だった?道は、べっとりと雑草が生え、歩くと衣服に付着する種子(ひっつき虫)が、恐ろしい程に付いて来る。まるで、熊の着ぐるみみたいで、しかもチクチク気持ち悪い事この上ない。そして、立ち止まると「やぶ蚊」。まるで、人を寄せ付けたくない要素満点の「牧良山」だった。山頂からの展望は無い。
 後から調べて判ったが、1990年にヘリコプターの墜落事故で、10名の尊い命が亡くなられている。

 

トンネル貫通する「比良山

ひどい竹林の登り

比良山頂!たぶん。

  

 気を取り直して、もう一座・・・。ママは車内待機宣言をしたので、一人でえっちら登る。いや、荒れた竹林の急勾配は、大変なもんだ。山頂三角点も無く、なんとも達成感に欠ける「比良山」だが、1座は1座!バイパスのトンネルが貫通している宮崎の山だ!

 
自宅11:00----日向イオン昼食----日向港の旭化成慰霊碑入口付近13:50----牧島山標高点14:30----下山---駐車位置15:20----移動----比良山下道路端15:55----比良山標高点16:30----下山16:40----駐車位置17:00----帰宅----自宅18:30
  

ブログへ

  
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠          
年齢 52 51        
ピーク(山行)合計 597 235