水流渓人のページ「登山日記」No.461

 
2011/10/8
「陣ヶ岡山・鷹取山・板川内山・高束山」
じんがおかやま387.1m たかとりやま375.3m  いたかわちやま433.7m たかつかやま423.3m

病院実習が終了する長女を鹿児島へ迎えに行く途中・・・な、ピークハント
 
都城4座へ 陣ヶ岡山387.1m 鷹取山375.3m
 

 イメージ通りに行く!とはこの事で、地図に載る林道は、とこも山頂近くまで運んでくれた!急斜面、蜘蛛の巣、藪は当然で、今回は「雨」もパンツまで濡らしてくれた。でも、リズミカルに移動が叶い、どこにも三角点が存在していた。
 「陣ヶ岡山」の直下に来た。折角来たママだが、藪山には興味が無いらしく・・・というより、眠気が勝り、車内睡眠で、私だけ取付く。すぐに山頂。続き、車で移動し「鷹取山」を目指すが、車道からはどうも山頂が確認できなくて、林道を走る。突き当たりが土木工事現場となるが、どうも山頂方面でも無いみたいで、途中にあった林道に目星を付ける。ただ、しばらく使用されていない感じで、下に駐車しとりあえず林道を歩く。ママは、車内で寝続ける。林道終点は、なんとも杉の植林地が覆っていた。しかも、枝打ちされていない地面ギリギリまで枝を伸ばす「杉藪?」を、這ってやり過ごすと、ようやくうっとりした自然林となり、笹を掻き分け三角点を見つけた。ウッシッシだ!

 

板川内山433.7m

高束山423.3m

高束山への林道から高千穂峰

  

 一旦、県道へ戻り、地元スーパーで弁当を買い、里の川の畔に駐車し昼食とした。むこうに高千穂峰が見え、やぐらにかけ干し稲が行儀よく並んでいる。食後、少し昼寝をして3座目へと向かう。
 「板川内山」へは、舗装された林道を少し走り、「峠?」みたいな所をひょいと登ればピーク。草に埋もれた三角点を掘り出しニンマリ!
 そのまま県道を横切り、理想的?な未舗装路を走ると、なんと5差路?そこから取付き、ベタンとした斜面を、ベトベトに藪で濡れながら進む。スボンにサシが無数に付着していた。暗い杉林となると「高束山」山頂まであっという間だ。
 4座終了しても、まだ2時。長女との待ち合わせには、たっぷり時間がある。霧島神宮〜鹿児島市内を目指す。磯公園前の海岸で、しばらくイルカウォッチングし、久しぶりに「城山公園」も行ってみる。鹿児島ラーメンを目指すが、博多ラーメン店に入ってしまう。夜は、長女のアパートを引き払い、荷物を積み込み、港のショッピングモールをうろうろ・・・帰宅、深夜1時半の一日長旅。

 
自宅6:45----宮崎市内----高岡----高城---山田町----駐車位置スタート9:07----陣ヶ岡山9:22----下山----駐車位置9:36----移動----駐車位置10:00----鷹取山10:32----下山----駐車位置10:58----移動----昼食・昼寝----駐車位置12:59----板川内山13:08----下山----駐車位置13:17----移動----駐車位置13:35----高束山13:51----下山----駐車位置14:03----移動----霧島神宮----磯公園前砂浜16:30----城山公園17:20----ラーメン麦----長女待ち合わせ18:00----アパート撤収----港ショッピングモール----ジョイフル----鹿児島中央駅23:00----高速----自宅1:30
  

ブログへ

  
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠 車待機          
年齢 52          
ピーク(山行)合計 593