水流渓人のページ「登山日記」No.427

 
2011/4/16
「大瀬内山」 「稗畑山」
おおせうちやま 978.6m  ひえばたやま 853.4m

西都の山14座制覇だ!

 
手前のピークにたどり着き、視界が広がり、ツンと尖った大瀬内山の山頂部が見えた!

彷徨いはもアップダウンの繰り返しなり! 大瀬内山」978.6m山頂三角点 山頂から見える「大瀬内ダム」

 
 西都の山14座・・・樋口山烏帽子岳雪降山空野山オサレ山地蔵岳龍房山赤髭山杖木山掃部岳国見山、そして、大瀬内山・稗畑山・・・地元の山!
 自宅を出ると、西米良村へ向けての国道219号線を走り、岩井谷へ右折する。大瀬内山を登る登山口は、ダム西側の岩井谷集落から上がった林道からとした。木城町側からだと、ダムへ抜けた立派な道路から尾根に取り付けるが、西都市側から登ることにこだわってみた。
 最後の家を過ぎると、伐採後に植林したばかりの所へさしかかる。米良の山々が一望で、気分がいい。舗装路の終点は、大瀬内ダムへの施錠されたゲートとなるが、右に砂利道が、取付き尾根方面に続いていた。この林道の木漏れ日は、とてもやさしく、そしてうっとりとする。ヘアピンカーブの空地に駐車し、もったいないほどの林道を歩き、杉林の尾根へと入る。すぐに、1004mの標高点になるが、ピンクの目印が、さもそれらしく延びていたので安易に信じ、下降気味に進むと小ピークへと達し、樹間から左に大瀬内だろう山?いや、地形図通りの大瀬内山が確認できた。あれあれ間違い!と登り返すも、またその隣の弱い尾根へと進み、さっき間違えた尾根に出てしまう!彷徨いもまた楽し!である。2度間違えれば、もう大丈夫だ!70分ほどの彷徨いも、たくさんの景観を楽しめたってもんだ!手前ピークに登りあがると、ズンと正面に大瀬内山の尖り山頂が見えた。あとは、大瀬内ダムの建設時のものだろうか?たくさんの作業用の目印が氾濫した場所を過ぎ山頂に立つ!ママの腰の調子が最悪で、辛そうだった。
 
 一旦、岩井谷川沿いに降り、国道方面へ戻ると、平八重林道へのY字となり右折し、稗畑山の西尾根へと進む。幅のある立派な舗装路から、普通車でも走れる砂利道・・・、ここも景色がいい林道。植林されたばかりの伐採地の境を登る。腰を曲げたまま、辛そうなママがゆっくりついてくる。2座目は、もう登らない!と言うかと思っていたが、取付いた。日差しと、登りと、腰の痛さからだろう・・・植林地が終わるところで「あんただけ山頂踏んだら!」と漏らす。日陰で少し休憩。地図を眺めていたママが、また歩き始めた。最近は、少し地形が判るのか!?ここまで来たら山頂まで、後は楽だと判ったのだろう・・・。山頂手前になると、九州電力マークの境界杭や、木で作った階段や、測量用のポールやが目立ち始め、切り開かれた芝生に、送電線鉄塔がグイと建っていた。一ツ瀬ダムや、西都市の市街地も見えていた。鉄塔付近は、なだらかな山頂台地になっていて、少し北へ進むと三角点に到着した。
 

 


平八重林道から見上げた「稗畑山

植林地を登る 送電線鉄塔が立つ山頂付近 稗畑山三角点
   
自宅7:40----岩井谷集落分岐8:280----ダムゲート8:48----駐車位置スタート9:00----林道歩き----尾根取付9:10----1004m標高点9:23----楽しい彷徨い----1004m標高点10:40----谷11:15----大瀬内山11:53----昼食----下山12:29----取付林道下山13:53----駐車位置14:00----移動----平八重林道入口14:44----標高540m地点尾根取付15:05----送電線鉄塔16:05----稗畑山16:12----下山16:20----駐車位置下山17:13----帰路----自宅18:00
  

ブログへ

  
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠          
年齢 52 51        
ピーク(山行)合計 551 203