水流渓人のページ「登山日記」No.421

 
2011/3/23
「谷之城山/郷谷山」
たにのじょうやま 573.6m /  ごうややま 649.3m

富土から林道をたどり、適当な尾根から山頂へ・・・藪山な日
 
谷之城山 ショウジョウバカマ 郷谷山

 
 読図山行などと、格好良い事は無い!そう思える、そんな一日だった。子供を学校に送り、その足で・・・、山でなく、とりあえずファミレスで朝食・・・。近くのテーブルには、いかにもアホそうなおばさんが、大声で携帯電話に、親戚同士の痴話喧嘩を、まるで周囲の朝食中のお客さんに聞こえるようにがなり立てていた!!いわゆる朝から他人の迷惑顧みないアホ行為だ・・・悲しくなるよ!!
 で、青い海を眺めながらも富土から右折する。まず、「谷之城山」だが、ここはJR日南線のトンネルが抜けている山だ!あっけなく・・・地図を読みながら・・・山頂!下山して、次の「郷谷山」を目指そうと・・・気が付くと、なんと、「郷谷山」の地図を見ながら「谷之城山」へ登った事に気付く!大したもんだ!!天才だ!!!いい加減なもんだ?
 郷谷山は、少し地形が楽しかった。取り付いた場所は、なんかわざわざ棘トゲちっくな斜面、痛々しく尾根に這い上がると、快適な森となる。しばし、山頂を見失いかけるが、彷徨い・・・現在地を理解すると程なくで三角点を見つけた!昼食。
 下山すると、林道を進行方向に進み、伊比井に下りる。それにしても、青空に紺碧の日向灘が綺麗だ!内海の波状岩で、焼酎の肴に、塩湯でする貝を少し拾う。山も海も、自然に抱かれていると、なんだかすぅ〜っとしてくる。今朝のおばさんのがなり声も、すでに波の音にかき消され、終始いい一日に感じる。サボテン園の道の駅で、地元の物産を眺め、久しく行っていなかった「堀切峠」に立ち寄る。中国船籍?・・・難破船がそのままになっていた。
 

 

帰路、堀切峠から眺めた日向灘。難破船が、まだそのままになっている。

  
自宅7:00----学校7:35----ジョイフル----内海9:20----取り付き10:06----谷之城山10:40----駐車位置11:04----移動・富土広野林道----取り付き11:45----郷谷山13:18----昼食----下山13:43----駐車位置14:35----伊比井----内海----堀切峠17:00----学校----自宅19:15
  

ブログ

  
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠          
 
年齢 52 51        
ピーク(山行)合計 540 196