水流渓人のページ「登山日記」No.359

 
2009/10/28
「TAカンテルート」
O-ba君の初見リード

  
リードするO-ba君 失われた草付へも寄り道 終了点にて記念パチリ
   

 
 O-ba君の初比叡、そして初見リードを「TAカンテルート」で迎えた。彼がメールをくれたのは、2008年12月。私のHPを見てのことだった。その頃、出向で三重県にいた。九州に戻ればぜひ・・・とのリクエスト。転勤3日目にして比叡へとやってくる。
 1P/4+・・・比叡最強の4級ではなかろうか?私も、クライミング4回目だったろうか?この4級をリードで取り付き、1スラの4級よりとても難しく感じた記憶が蘇る。O-ba君、しばし考えたが、難なくリードして行く。
 2P/4-・・・青空に登る感じのホールド豊富のルートだ。途中、失われた草付ルート・3KNスラブの平行ピンで切ってもらう。
 寄り道(失われた草付ルート/3P/6級)・・・リボルトされたばかりの6級スラブを楽しむ。と言っても、私のチョンボリードだが、ガッチリとしたラッペルステーションで、快適な懸垂下降。
 3P・4P・5P・6P・・・O-ba君の冴えるリード。本人、「楽しい!」と思わず・・・。
 
 私にとっても、あまり人を連れてくると言う事自体少ない。連れてきて、フォローで登らせてもらうのも、あまり無い。あまりない重なりではあったが、すがすがしさを感じていたのは、やはり、初めて会ったO-ba君の起こした風に違いない。
 

写真レポートのページへ

  

6:25自宅発----佐土原駅----8:45比叡南登山口駐車場----9:20TAカンテ取り付き----10:50失われた草付3Pラッペル----12:20TAカンテ終了点----昼食----13:20下山----16:50日向の温泉----19:10自宅着

参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠           じんさん
O-ba君
年齢 50          
ピーク(山行)合計 456