水流渓人のページ「登山日記」No.356

 
2009/09/24
「高千穂峰」
天孫光臨コースより

  
ススキ 写メ自分撮り(;^◇^;)ゝ 山頂
   

 
 今年からシルバーウィークなる連休がスタートした。平日休みの勤務だが、交代で3連休取得が可能であるが、受験生がいたり8月末に休みを頂いた事の振替で、23・24日の2連休となった。ママは体調すぐれず、山へは気持ちが向かないみたいだ。23日は、のんびりとショートお出かけ・・・「青島」観光にした。実に久しぶりの青島・・・祭日で観光客が多く、かつての賑わいを感じたが、海水浴場の砂浜の減少は気になる。でも、視界はすこぶる良くて、青島から続く砂地の海岸線が、ぐるり見渡せた。
 「歩こう!」と、家を出発した。運転しながら、地図が必要になる山でなく、ボーッと歩いてもコースが判りやすい山がいい!と考えていた。思っていた「釈迦ヶ岳」は通過。「そうだ!ミカエレソウの時期だなぁ〜。」と、高原から矢岳登山口へ来て見た。平日の木曜日・・・満車だった。そもそもへそ曲りな性格だから、人が多くて嬉しい時もあるくせに(*゚.゚)ゞ、車の台数を見ただけで、一気に興味が失せる。で、一台も駐車していなかった「天孫光臨コース」の登山口で、俄然・・・登る気満々となる(*^0゚)v。
 ここからは、3回目。一度は、雨の日に川キョンと来て、「キリシマミズキ」を楽しんだ。2度目は、ママと次男と来た。雪が残っていた。ただ、ママの調子が上がらず、第二展望所ぐらいで敗退を決めた。今回は、出来る限りテンポ良く歩いてみよう!と、アプローチシューズで歩き始めた。先週の比叡では、もう涼しいし・・・などと、水を1ℓしか準備せず失敗したので、今回は2.5ℓ・・・でも、ボッカではなく、非常用品+カッパ+食料ぐらいで、荷は5kgとすこぶる軽い。途中、15分+10分+15分と休憩を入れても2時間20分で山頂だったから、「ひょとして、ワシは健脚なんぢゃろか?( ̄∇ ̄*)ゞ」と、自画自賛したりする一人調子者・・・。小走りに下山したら、右膝がズンと痛くなってしまうバカ者でもある。☆≡(>。<)
 

 

自宅9:00----高原----登山開始(天孫光臨コース)10:50----第一展望所11:10----第二展望所11:45----鞍部(霧島東神宮からの道と合流)12:30----高千穂峰13:10----下山----鞍部にて昼食----下山14:00----登山口15:00----お風呂----自宅19:00

参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠            
年齢 50          
ピーク(山行)合計 451