水流渓人のページ「登山日記」No.355

 
2009/09/16
「第2スラブルート」
比叡1峰

  
2スラ1P/5+ 3P 4P
   

 
 「岩だ!」と思いを高めるのに、5ヶ月かかった。そして、この青空に溶け込むような比叡のスラブを見上げた!1スラの取り付きに立ち、直上する。途中のビレー点は、チェーン付ハンガーボルトが打たれている。横目に見ながらロープを一杯に伸ばすと草付入り口の立ち木に到着する。フォローしてきたじんさんに、そのまま2スラノーマルの取り付きに進んでもらう。彼女は。2スラを知らないが、あーだこーだと下から声をかけながら行って貰ったら、2スラの取り付きに立っていた。
 2スラの1Pは、スーパーなら3度登っている。1度は、リードしている。当然のチョンボ技術だが、必死で登って極度の達成感だった。そして、ノーマルは初めて・・・という今日である。出だしのクラックは、離陸がレイバックだが、少しでハンドジャムを少し利かせて浅い棚に立つ。あれこれやりながら、少し左にトラバースしてスーパーの終了点へ到達する。なんだ?この必死さは・・・と、口がカラカラになっていた。風の涼しさを感じているぐらいだから、クライミングの感触は忘れていないんだな!と、少し嬉しくなる。
 これからルートはどっち?状態で、思い出しながら行く。3Pの草付トラバースで、ようやくルート全体のコース取りを思い出した。3Pの終了位置は、大ハング岩上の快適テラス。少々休憩を取り景色とオヤツを楽しむ。
 私で快適程度スラブをつなぎながら、稜線を迎えた。この達成感は、これからに繋がるだろうか・・・。昼メシは、おにぎりとソーセイジという簡食で、のんびりする。正面の速日の峰がなんとも穏やかな山容に見え、ホッとした気分になる。
 「次は、どこを登るかなぁ〜!」
 

写真レポートのページへ

 

自宅6:10----槇峰7:50----1峰トイレ8:20----1スラ基部8:45----2スラ1P9:15----3Pテラス11:00----小休止---終了位置12:50----昼食----下山開始14:00----登山口15:00----日向の温泉16:40----自宅18:00

参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠           西都山岳会

じん
年齢 50          
ピーク(山行)合計 450