水流渓人のページ「登山日記」No.242
 
2006/11/08

「中央稜ルート」下部

大崩山・小積ダキ

象岩下のトラバースから、谷に小積の影が映し出された
2Pルート核心となるコーナー乗越し 3Pから小積のピークを見る 4P終了点近くのクラック
 

  
 前夜、祝子川温泉「美人の湯」下の駐車場にて寝る。2時半頃、到着した長崎ナンバーの組が、大声で喋りテント設営したので、睡眠を邪魔されてしまう!頭にきたタエちゃんは怒鳴ったらしいが、私は夢の中・・・・。
 4時起床、朝食を済ませ登山口へ向かう。平日でも数台駐車している所が、この山の人気を物語っている。ヘッドランプの灯りを頼りに、5時5分から歩き始める。山小屋を目安に歩いていたら、50分で渡渉の橋に到着した。咳払いが聞こえたので、先行の方がいて驚いた。朝日を浴びる小積ダキの光景をまっていらっしゃるのか・・・挨拶をして橋を渡る。ワク塚コースと別れる最後の水場辺りから、沢を詰めあがる。少し北壁に入りすぎ、引き返し20分のロスとなる。
 1P・・・古いリングボルト主体のボルトラダーをアブミの架け替えで上がる。考えると「恐怖」の境地に気持ちが行くので、ただただ上へ・・・。チムニー上の凹角の中で終了。実に疲れる確保位置である。岩の隙間の中にタエちゃんを座らせ、ビレーしてもらう。私は宙吊り?ハンギング状態。寒い!
 2P・・・ハング気味のコーナーを越えて、40mのボルトラダー。このコーナー越えは、実にきつかった。アブミの練習不足を実感する。なにがなんでも・・・、なんとしても・・・「上へ」とそれだけを考えてていた。辛い長いピッチだった。この時点で、時間切れが決定付けられたが、一生懸命頑張ったので妙に爽やかな気分になる。正面のワク塚がフルスケールで迫る!
 3P・・・ようやくボルトラダーに快適さを感じる。ずっとリングボルトは不安一杯で、「まるでロシアンルーレット!」と言った小松の親分の気持ちが判る。隣の蜘蛛の糸ルートを偵察するが、ここも厳しそう!!
 4P・・・フリーで右斜めに上がると、一旦テラスとなる。ハーケンの垂直壁を少しA1で登ると、楽しいクラックを踏ん張り4Pの終了点。13時30分。上部断念を決定する。
 ロープを仕舞い、中央ベランダへ移動する。崩壊後の荒れた坊主谷に一旦降り立つと、登攀具を片付け行動食を口にする。後は、気をつけて坊主谷を詰め上がり登山道に出ると、一気に坊主尾根を駆け下る。途中、見返りの塔から振り返った「小積ダキ」は、あの厳しかった人工登攀の気配はなくあくまでもスックリと聳えていた。
 

写真レポートのページへ

 
7日/20:00自宅発----21:00道の駅「日向サンパーク」----23:30美人の湯下駐車場
8日/4:00起床----朝食----登山口へ----5:05登山開始----5:55渡渉の橋----7:30取り付き到着----8:00登攀開始----9:28・1P終了----11:30・2P終了----12:15・3P終了----13:08・4P終了----中央ベランダ----13:55坊主谷----片付け・昼食----14:25坊主谷登り開始----14:57登山道----象岩トラバース----15:30見返りの塔----16:28川の渡渉点----16:50下山----祝子川温泉・美人の湯---19:30自宅着
 
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠           西都山岳会
年齢 47           小松の親分
ピーク(山行)合計 297           タエちゃん