水流渓人のページ「登山日記」No.239
 
2006/10/25

「釈迦ヶ岳」

830.6m
 
法華岳公園手前より 山頂にて 海まで宮崎平野が一望
 

  
 大崩山に紅葉を見に行こうかナァ〜と、前夜ぼんやり考えていた。やはり、ぼんやりと考えるだけでは、起きれなかった。でも、青空を見ていたら、どこか歩かなけりゃ・・・と、急いで出かけた。
 ママが出かける前に、「いくらかお金、置いておこうか?」と聞いたので、「いや、いらんやろ!」と答えた。そう答えたので、一円も使わない登山になる。ラップにご飯を入れ、フリカケをかけて包む事・・・3つ!台所の棚を探して見つけた「焼きソバUFO」を添えて、500mlの水を3本用意した。ガソリンの事を考え、近場・・・そこらへん・・・いろいろあるけど・・・、今日は天気もいいので眺望のいいところ・・・・・・で、釈迦ヶ岳を選んだ。登山口まで自宅から30分である。
 登山口に着くと、すでに数台駐車してあった。全部が登山なのかは判らないが、私を通り越して3人の方が歩いて行かれた。挨拶をする。ここは、コスモス畑が売り物・・・・・。もう終わりかけだが、青空ととてもマッチして心ウキウキでスタート出来る。日陰を探し靴紐を結ぼう・・・と歩き出したが、登山届けの所まで日陰が無かった。草むらに座り、靴紐を結んでいたら、置いたリュックの上を「ヤマヒル」がニッキモッコと移動しているではないか!あわてて立ち上がり、ズボンを見回した。
 歩き始めると、1合目の標識前で、先ほどの3人組みを追い抜いた。2合目を過ぎたとき、右へ上がる道があったので、登り上がってみると、かの送電線の巨大鉄塔が聳えていた。当然、周辺は伐採され、展望が良く?なっている。登山道に下りると、3合目だった。後続の人たちは、それでも追いついて来ない。ヒタヒタと広い登山道を登ると、いい汗がにじんで来た。6合目近くで、男性2人組みが休憩していた。挨拶して先へ行く。途中2度、水分補給したぐらいで、なんとなく山頂に着いてしまった。思い通り素晴しい展望が楽しめた。宮崎平野から、その先の水平線がくっきりと見えていた。右に、徳蘇山地、鰐塚山、大隅の高隈山系、そして桜島も見えていた。景色を見ながらの、握り飯は旨かった。「焼きソバUFO」は、面倒になり作るのを止めた。景色を楽しみながら、柿ピーをポリポリ食べていたら、男性の2人組の方たちが到着された。しばし、あれこれお話をし、挨拶をして、先に下山する。
 下り始めたら、登って来られる2人組のご夫婦?、単独の男性とすれ違った。それにしても平日でも、これだけの登山者に会えるのだから、親しまれている山である事が判る。登山道の整備は、やり過ぎ?の感もあるが、自然をこれ以上痛めない、そして多くの方に来てもらいたい姿勢、最近の私は素直に受け入れる様にしている。下山したコスモス畑の所で、国富町の軽トラに乗った町の職員?の方に、あれこれ質問された。ここに来られる、来てもらう人たちを増やそうと、とても熱心なことがよく判る。こういう姿勢に、利用させていただく登山者である私達は、もっと多くの感謝の気持ちを持たねばならない。捨てられたゴミや、傷つけられた樹木を見たりすると辛い気持になる。自分さえ歩ければ・・・、自分さえ楽しめれば・・・という傲慢な姿勢には、悲しい以外の何も残らない。山頂にポイ捨てしてあるタバコの吸殻、ミカンの皮、お菓子の包装紙・・・。今生きる我々は、次に生きる子供たちに、何が何でも美しいままのホンモノの自然を残す責任が嫁せられていると思う・・・。山を愛する者、意識の底に何か共通の意識を持ちたいと思った。
 

ブログへ

 
9:30自宅発----10:00法華岳公園横----10:13登山口・登山開始----2合目過ぎより送電線鉄塔へ----11:42山頂----昼食----12:20下山開始----13:22登山口へ下山----帰路----14:00自宅着
 
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠            
年齢 47            
ピーク(山行)合計 291