水流渓人のページ「登山日記」No.195
 
2005/07/20

「3KNスラブ・スーパールート」
比叡山・南面1峰
  
2P 5P 終了点にて
 

  
 非常にしんどい急登から始まる。どちらがビレーする訳でもないので、とにかく取り付きを目指して登る。まるで登山(^_^ゞみたいに、ひたすら登る。一気に頭から湯気が噴出す。誰に文句を言うわけにもいくまい・・・自分が好きでやってる事だし・・・。とにかく今日は、岩場に朝日が当たる前に終了点へたどる計画である。
 
 地獄のアプローチが終ると、登り慣れた特徴的なフレークが落ちそうに引っ掛かっている。その下から回り込むように松の木を目指す。何時登ってもIV+?と思えるほど優秀なピッチである。ヒタヒタ登り、スタスタフォローすると、そのままつるべで私が行く。早朝は快適だ!
 たくさんのルートが交差する3Pは、本当にすっきりした広大なスラブである。左下方に先週のスーパーファイナルルートが見えている。どうみても登れそうではないほどノッペリしている。よくまぁ・・・諦めずに上に抜けたものだと感心することしきり・・・。
 新ルートのスーパーへ入る。両サイドが迫るが、実に楽しめるV級のスラブである。ようやく岩場に朝日が当たり始めた8時40分に終了点に抜けた。本当は、かなり登り足りない感じだが、午後からは、子供のつきあいもあるので、さっさと下山し日向の温泉を目指す。
 いつも、8月は水曜に休めない相棒・・・、夏休みの子供に付き合いたい親父の私・・・。一応、水曜登攀隊の再開は9月からかなぁ〜と言いつつ、上半期の区切りとした。

写真レポートのページへ

  
自宅3:40----.都濃神社4:30----登山口駐車場6:00----登攀開始7:00----終了点8:40----下山----駐車場9:20----お舟出の湯----帰宅12:20
 
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠           西都山岳会
年齢 46           小松の親分
ピーク合計 248            
 
Copyright(C)  水流渓人 All Rights Reserved