水流渓人のページ「登山日記」No.193
 
2005/07/13

「スーパーファイナルスラブ」
比叡山・南面1峰
  
1P/VII- 3P/V 展望台にて
 

  
1P・・・・・VII- 45m
 これは、スラブ登りの集大成とも言うべき厳しさであった。いや、そこに・・・そのルートを抜いた凄さに、しばし圧倒されっぱなしであった。そう、最初のピンに届かないのである。最近の若い子達が言う「びみょう〜」・・・、そんな軽い言葉ではない。岩のザラつきをスタンスとし、岩の粒をホールドとする・・・と言っても過言ではない。
 エーゼロで、しかも何度もレストを取りながらでも45mをリードしきった小松の親分に、心底敬意を送った。それは、私が約束されたフォローを許されるからだ。比叡に珍しいペツルのボルトではじまるこのルートは、其れが故しばしの安堵感を受けてしまう・・・しかし、それは2ピン目で現実を知ることとなり、充分に錆びたリングボルトにすべてを預ける事となる。微妙を通り越し、この上ない緊張を45m持続しなくてはいけない。それをリードで抜けたのだから、やはり小松の親分の強さであり、上へ抜ける執着である。

2P・・・・・VI+ 45m
 快適なスラブであるが、数箇所バランスを要する箇所があり楽しめる。私は、ここを降りている。滑落・骨折して降りている。今日は、その岩を見据えて登りつめる。

3P・・・・・V 45m
 つまり、ここが滑落したルートである。たくさんの後悔や、たくさんのもしを考えてはみた。そして、見上げてリードをする事から逃げている自分がいた。ヒビッているのが正直な気持だが、冷めている自分も判っている。なんだか、少しぎこちなくリードした小松の親分だか、それが実力でない事は私が充分判っている。
 フォローしてみれば、少しパワーは要するが、少しの我慢で上に抜けた。してやったり!とも思わない。さぁ、次の挑戦はどのルートなのだ?と、意気込む水曜登攀隊がいた。

写真レポートのページへ

  
自宅4:50----.都濃神社5:30----登山口駐車場7:00----比叡山登山口7:20----登攀開始8:00----終了点12:25----昼食----展望所13:20----下山----駐車場14:20----お舟出の湯----帰宅17:30
 
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠           西都山岳会
年齢 46           小松の親分
ピーク合計 246            
 
Copyright(C)  水流渓人 All Rights Reserved