水流渓人のページ「登山日記」No.186
 
2005/01/12

「甘草の道ルート」
比叡山1峰南面
  
1Pリードの私の足 2Pをリードする川キョン 3P
 

  
 私としては初見となる「甘草の道ルート」である。相棒の川キョンは以前に一度登ったみたいだが、フォローしているので、有効な情報は得れない。しかし、その方が初見・・・しかもリードの達成感が大きいのである。小松の親分からも、1Pが一番難しかった様に思えた・・・との情報だけである。
1P/5-級/30m
 私リード。出だしが微妙だが、何度かスタンスを入れ替えると正解が見えてきた。少し遠目の左スタンスがポイントで草付斜めバンドに上がる。そこから特徴的な黒いスラブが始まる。傾斜といいスタンス・ホールドの細かさといい緊張するが、難なく突破でき嬉しい。フォローの川キョンから感心されますます嬉しい。
2P/右6+・左6-/20m
 
川キョンリード。左の6-を行く。微妙なスラブに見えていたが、身長差で私は楽にピンへ届く。あっさり登れたので、1Pよりずいぶん簡単に感じる。
3P/6-級/25m
 
ここぞ黒スラブ・・・といった感じ。高度感といい絶妙なピン配置といいしびれるルート。初見での6級ルートとなる。何度もスメアのまま立ち込む所があり緊張の連続。あと5m・・・あと2ピンと言う所で怖さに負けA0となるが、リード成功は大満足。いい気分でビレー体勢に移った。
4P/4-級/45m
 川キョンリード。難なくガシガシ登れるピッチで楽勝・・・。だが登攀終了に至るには別ルートであと1ピッチ。とりあえず、甘草の道ルートを登りきり寒さも忘れていた。
 
 凹角直上は、ファイナルスラブルートの3P目である。以前、浪漫への避行ルートもここにつながっていたが、小松の親分は、ここの凹角は何度か挑戦するものの、右を回り込む形で登っていた。以前、川キョンもここは右へ同様に回り込んだのを覚えていた。ただ、会長は直登だと言ったらしく、とりあえず行って見ることにする。きつい角度の凹角の基部に立ち込むには両手を大きく開いてジワリ立ち込むと左にピンがある。しかし、そこから上にピンは見えていない。有効なスタンスがとれないまま凹角をレイバックで捉えきれないまま滑落・・・以降、写真レポページを参照。情けない。
   

写真レポートのページへ

  
自宅7:20----比叡駐車場9:30----下部10:20----甘草の道登攀開始10:55----甘草の道終了12:20----滑落----下降終了13:35----下山/駐車場着15:20----宮崎市内の病院18:00----治療終わり19:40----夕食----自宅着21:00
 
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠           西都山岳会
年齢 45           川キョン
ピーク合計 239            
 
Copyright(C)  水流渓人 All Rights Reserved