水流渓人のページ「登山日記」No.175
 
2004/11/03

「TAカンテルート」比叡山

長男マルチルートデビュー
2Pを登る父を確保する 4Pを登る父を確保する 登攀終了
 

 
 別ルートを登る仲間達と別れ、私達親子は1峰に残った。目指す「TAカンテルート」は、駐車場が直接入山する。5分歩いて、車をロックするのを忘れたので、私だけ空身で戻る。いきなりの登りは、ウォームアップにいいかもしれないが、結構息も切れる(-_^;
【下部】4-?・・・ロープを結ぶ。息子のハーネスに結びながら、諸注意をする。初めてATCを使う。初めて私を確保する。ここで、彼の登りを確認するが、怖がらずにいいバランスで登って来る。迷わずルートへ向かう。
【1P】4+・・・先行パーティが取り付いていた。せめて息子を危険な状態から解放するために、テンポ良く登りたかったが、仕方ない。しばらく待って、先行のフォローが上がる尻から登りあがる。ルートを確認せずに来たみたいで、質問を浴びるが、フォローする息子の動きから目を離す訳にはいかない。ここが、TAカンテの核心になるのだが、スムーズに上がってきて驚いてしまった。登りあがって振り向き、高度感に少し緊張している様子である。
【2P】4-・・・草つきから、階段状を登り左トラバースでカンテの基部に至る。息子とのコールが確認しにくく、何度か大声で怒鳴る。先行パーティを避けて「3KNスラブルート」へ転進しようと思い息子に話すと、次女である姉が登ったルートを登りたい!と主張するので、そのまま待ちながらの登攀となる。
【3P】4・・・フリクションばっちりの快適なカンテを45m登り、落ちそうな岩陰で確保。フォローする長男も、グイグイ登ってくるが、先行さんが上のビレー位置を通り越してしまっているのをアドバイスしてあげる。おかげで、息子のロープを緩めがちになり、少々嫌な顔をされた。落ちそうな岩を心配して触りたがらないので苦労して変なムーブで乗り越していた。
【4P】4・・・カンテ最高の高度感が楽しめるピッチ。子供はフリクションクライムは初体験なので、顕著なホールドが無いとずいぶん怖いらしく、岩に体がへばりつく。体を起すようにアドバイスするが、お腹から上をのけぞらせるだけで、越から下が岩に張り付いているのでバランスが悪い。課題が見えた気がした。しかし、このスラブの感覚は、人工物では感じとれないものであり、回数をこなす以外に無い気がした。
【5P】4+・・・ルート最後のピッチである。スラブ特有のフリクションクライムから、顕著なクラックをつないで登る楽しいピッチである。クラックは面白いのか、最後だけいいバランスである。傾斜が増せばそうもいかないだろうが、案外、体型が細身で水泳で鍛えているので、私より遥かに上達が早いと思う・・・。後は彼が続けるか?である。
 
 一応コンテで、稜線に抜け、下降路まで稜線を歩く。下降路付近に座り、弁当を食べる。何か異質の連帯感を感じたのは親父だけだろうか・・・。下山し、仲間達を待つために3峰下の水場へ駐車すると、もう息子は眠っていた。
  

写真レポートのページへ

  
自宅6:00----比叡駐車場8:15----福岡・熊本組待----入山9:30----登攀開始・下部10:00----TAカンテ基部10:20--先行者待ち--1P登攀開始10:40----1終了点12:30----昼飯-----下降----駐車場13:55----3峰登攀組待ち----帰路15:30----日向の温泉----自宅着18:20 
 
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 別ルート
出欠         川キョン
年齢 45       10   マッキー
ピーク合計 228       79   タエちゃん
 
Copyright(C)  水流渓人 All Rights Reserved