水流渓人のページ「登山日記」No.169
 
2004/9/15

「比叡山」1峰
TAカンテをサポートす!
ゆきさん、じんさんと・・・ 4P 5P
 

 
 岩登りは、続けている間は「慣れ?」「経験?」・・・なんだか判らない物が、ある程度の怖さを克服し、行きたい気持を上昇させる。今回は、3ヶ月ものブランクが生じていた。諸事情や、家族との時間を優先したい気持もあったからだ。9月になれば・・・、と仲間ともスケジュール調整を図っていた。第1・2週は、天候不良で中止。第3週は、相棒の仕事都合・・・の状態。3週目の事は、早くから判っていたので、熊本のじんさんと、ご近所のゆきさんをお誘いしていた。
 本当は、1・2週めで岩の感覚を取り戻し・・・。などと首尾よく行くストーリーを描いていたものの、今日がその日になるなど思ってもいなかった。初めて比叡の岩を登るゆきさんを、何事も無く稜線へ導かなくてはならなかった。そう思うだけで、緊張が高まるが、それも自己の意識を上げる練習と思い当日を迎えた。
 
 たぶん、初めてのゆきさんは相当な不安を抱いていたと思う。その気持を少しでも落着かせるには、私の確実なリードとより落着いた行動、そして大切な緊張感の持続をする必要がある。ロープを張るたびに、フォローする2人の緊張感のある小気味良い応答が帰ってきた。何事も無く、当然の様に終了点へ導いた私は、少し緊張の糸が緩みかけそうになった。心配しはじめるとキリが無い危険が、岩登りには含まれていた。その危険から、少し開放されたからであろう・・・。登攀終了の握手を控え、もう一度気を引き締めなおし、下降路までの稜線を歩いた。
  

写真レポートのページへ

  
自宅6:00----登山口駐車場8:20----入山9:15----下部9:40----1P開始10:30----登攀終了12:50----昼食----下降開始13:20----下山14:00----麓屋休憩----帰路へ16:00----自宅着18:20 
 
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠           じんさん
年齢 45           ゆきさん
ピーク合計 219            
 
Copyright(C)  水流渓人 All Rights Reserved