水流渓人のページ「登山日記」No.155
 
2004/2/25
「比叡山」
第一スラブルート
ノーマルV-をリードする川キョン スーパーV+の核心より 終了点にて

 
1P・・・IV・50m・水流渓人リード
 いつもの取り付から、スーパーへの左へ行かずそのまま直上し、ロープを目一杯伸ばし、平行ピンをやり過ごして立ち木にビレー支点をとる。コース取りによっては、結構バランスを要する。中間支点2ケ所。
 
2P・・・ブッシュ・20m
 
3P・・・ノーマル・V-・50m・カンテ・川キョンリード
 豪快に登るカンテは、実にダイナミックである。高度感も増し、コース取りが毎回違うので難しくなったりしていたが、ようやく解決!川キョン、スルスル登って亀の甲の基部へ。中間支点4ヶ所。
 
4P・・・亀の甲スラブ・IV+・35m・水流渓人リード
 なんと言っても1スラで一番好きなルートだ。クラックからバンドに乗り移る時が少々不細工だが、スラブに出るとこの上ないフリクションを楽しみテラスへ。中間支点2ケ所。
 
5P・・・ノーマル・IV+・30m・水流渓人リード
 初めてノーマルを登る。松ノ木から右へトラバースすると、コブ岩手前に新しいピンが見える。ピンめがけ、ホールドを探しながら・・・は楽しい。すぐに傾斜が緩くなりピカピカの平行ピンでピッチを切る。中間支点1ケ所。
 
6P・・・ノーマル・IV・30m・川キョンリード
 5Pを登り上がってきた川キョン、休む間もなくそのままリード。快適なスラブを一登りで、スーパー核心の基部へ。中間支点1ケ所。
 
7P・・・スーパー・V+・40m・水流渓人リード
 前回のリードは、3本目のピンを踏みA0となった。その克服を済ませなければ・・・という焦りもある。以前落ちたスラブを難なく登り小テラスへ・・・。いつも回り込んで裏からフェイスに出たが、今回は正面から挑戦した。1本目の支店にランニングビレーをとると、両手で抱きこむようにずり上がる。案外簡単に2本目のハーケンを迎える。ここから3・4本の支点を通過するのが核心、指先でホールドを保持しながら立ち込んでいくとフリーで越える事が出来た。下でビレーしている川キョンを写真に収めると、後は階段状を登りテラスへ立つ。中間支点5ヶ所。
 
8P・・・IV-・35m・川キョンリード
 休む間もなく、そのまま川キョンが登り、終了点。久しぶりの師弟登攀に、感無量で握手。昼飯を食べながら、山の会の事務局コンビとしてのミーティングも行う・・・。後は、温泉目指して一気に下山。
 

写真レポートのページへ

  
7:10自宅発----9:30駐車場到着----9:55登攀開始----12:30登攀終了----昼食----13:20下山開始----14:10下山----日向「お舟出の湯」----18:10自宅着
 
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠           西都山岳会
年齢 44           川キョン
ピーク合計 203            
 
Copyright(C)  水流渓人 All Rights Reserved