水流渓人のページ「家族登山日記」No.154
 
2004/2/18
「比叡山」
3KNスラブルート
スラブに手こずる 怖くない・・・と呪文を唱える 終了点にて

 
「水曜日どうする?」
「オレは、久しぶりに岩に行きたいけどナァ。」
「・・・・・。」
「でも、誰も一緒に行く人がいないしなぁ・・・。お母さんはどう?一緒に行かん?」
「んー、どうしようかなぁ。まだ、腰も心配やし、左足も時々しびれるし・・・手に力が入らんから大丈夫やろか?」
「無理せんでいいけど、行ってみらんや?誰も一緒に行かんかったら・・・。」
「誰も行かんかったらやなくて、私と行きたいって言わんとダメやわ!」

「ほんま、登れんかもしれへんで。」
「うん、判っちょる。調子が悪かったら、千畳敷で弁当食べて帰ってもいいちゃかい。」

「1スラにしようと思っちょったっちゃけん、この前のTAカンテ方面に行って、3KNを登ろうか?」
「難しくない?」
「うんにゃ、大丈夫。・・・その前に、下の練習ピッチで様子を見てからにするわ!」
「ほんま、ダメかもしれへんで!」
「いいがぁ・・・、ボチボチ行こうや!」

「どうやった?少し難しい方へルート取りをしたっちゃけど、この前よりずいぶん苦労してたな!」
「はぁ、はぁ、はぁ、手に力から入らへんねん。はぁ、はぁ、水ちょうだい。」
「出来るだけバランスをとって足で登るようにせんといかん。」
「うん。はぁ、はぁ。」
「ルートに出るけど、行けるか?」
「んー、判らん。」

「よく登ったなぁ・・・。ここからは楽勝やわ!」
「はぁ、はぁ、はぁ、水ちょうだい。はぁ、はぁ。本当?」
「行けるか?」
「はぁ、はぁ、ここまで来たら行かなしゃぁない。はぁ。」

「引っ張っててやぁ・・・!怖い怖い。大丈夫大丈夫。怖くない怖くない。右手をここ置いて右足を上に上げて左手でここ握って・・・。」
「だいじょうぶ。しっかり引っ張ってるからナァ。」
「待っててなぁ・・・、ちょっと休憩。」
「待ってるよ。ずぅーっと待ってる。待っとかなしゃぁーないからずーっと待ってるよー。」

「本当によく登ったナァ・・・。これで比叡の2つのルートを登ったんやから笑うな!」
「ほんまや!」
「弁当食べて下山しょうか?子供達は何時に帰って来るんかなぁ・・・。」
「そやな。」

写真レポートのページへ

  
7:30自宅発----10:30入山----11:203KN取り付き----14:50登攀終了----昼食----15:20下山開始----16:20下山----18:30自宅着
 
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠 ●           
年齢 44 44          
ピーク合計 203 80          
 
Copyright(C)  水流渓人 All Rights Reserved