水流渓人のページ「登山日記」No.150
 
2003/12/10
「第3スラブルート」
比叡山1峰
VI級/核心手前 V+級ハング乗り越し 登攀終了

 
 ■レポートは「Hot−News」を参照■

 2003年のクライミングの総集編・・・締めくくりにふさわしいルートであった。「行った事のないルートへ行きましょうか・・・。」と、挑戦が始まった水曜登攀である。今年は「比叡I峰」をテーマに選んだ。んじゃ、いったいどれだけのルートがあるのかを列挙すると、来年の目標も見えてくる。
・・・登ったルート  ・・・まだ
1,ニードル左岩稜スーパーニードル左岩稜ノーマル(頭まで)
2,ロックタワールート
3,第一スラブノーマル第一スラブスーパー
4,1.5スラブルート
5,第2スラブノーマル第2スラブスーパー
6,2.5スラブルート
7,第3スラブルート
8,第4スラブルート
9,みつばつつじの道ルート
10,失われた草付きルート
11,TAカンテルート
12,3KNスラブルート
13,ナックルフェイスナックルフェイスFYK
14,ナックルスラブノーマルナックルスラブスーパー
15,奥の細道ルート
16,甘草の道ルート
17,ファイナルスラブスーパーファイナル
18,浪漫への避行ルート
 
こうやって眺めてみると、来年の課題も見えてくるとともに、レベルアップ練習が必要な事が一目瞭然である。少ない休みと、パートナーとの都合とまで加味すると、別のいろんな要素の乗り越えなくてはならないものも見えてくる。まだ、この比叡の奥には「鉾岳」という甲乙付けがたい素晴らしいルートもたくさんあるのだ。その一つ一つが大切な宝に見えてくるから不思議だ。魅力なのだと思う。

写真レポートのページへ

 
6:30自宅発----7:05都農神社----9:20駐車場----9:30取り付き---10:30スラ基部----14:00終了点-----休憩------14:30下山開始------15:10下山終了----16:40お舟出の湯----18:20自宅着
 
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠           西都山岳会
年齢 44           小松の親分
ピーク合計 199            
 
Copyright(C)  水流渓人 All Rights Reserved