水流渓人のページ「登山日記」No.144
 
2003/10/08
比叡山「奥の細道」ルート
素晴らしい好ルート 
 
1P核心を乗り越す 2Pも緊張するピッチ 狭くなるスラブ


 TAカンテや3KNスラブの取り付きから、さらに奧10b程度の所。白いプレートが岩に貼り付けられている。出だし数bは苔むしている。
【1P】25m(左6級/右5級)
 基部に立ち、相棒の小松の親分は、直上左コースのY級にだけ神経を集中させていた。二人とも初めて触るコース。いわば、一生に一度しかない初めての初回のトライである。こだわるのは当然である。左の出っ張り岩の透き間から傾斜の強いスラブへ、少し右斜めに上がりピンに支点をとる。そこからが核心である。始めはピンの左を何度か小松の親分は探りながら、何度もクライムダウンをする。どう見ても、2手がない・・・。「ピンの右じゃないかなぁ・・・。」と下から声をかけるが、右X級を意識しているので、なかなか右へ行こうとしなかった。それにしても登れないので、ビンのすぐ右上のホールドを一度触り、「ここじゃわぁ・・・!」と声をかけてきた。それでもY級である。両手で浅いホールドをとり、体を持ち上げ左足をかなり上のスタンスに上げる。その間、右足はずり落ちそうな面にスメアを信じて立ち込む。小松の親分は、思い切って立ち込みクリア。左斜めに登り上がり、松の木にビレー点をとる。ロープが35mほど出ているので、たぶん正規ビレー位置より上である。
 「ハイッ、登って来い!」私も、核心まで行くと同じムーブを試みるが、左足のスタンスまで当然のように届かない。傾斜で縮まる腕がパンプする前にピンに立ってしまった。悩むことなくサッサと切り抜け、気抜けしたように簡単に登り上がってしまった。右斜め下を見下ろすと、少し下のバンドにリングの平行ピンが見える。
【2P】45m 5級+
 見上げるときつい傾斜である。変な胸騒ぎがする傾斜である。小松の親分とルート図を確認しながら、予想コースを話し合う。見えているときは、話し合うのは有効だ。直上し、左にずれてフレークを上がり、今度は右へ移る・・・あそこか?ここか?の事前予想会は、「まっ、登った都合で・・・。」と、いつもの結論のもと登攀開始となる。
 松の木でピッチを切ったので、正規ルートへは少し右へトラバースして直上する。凄い高度感と傾斜である。実に細かいホールドとスタンスを拾いながら直上すると、実に厳しくなる手前で左にフレークが現れる。ルート図通り左へ移る位置である。ガッチリと効くレイバックは、少しホッとするが、少し上がると右へとピンが現れる。少し安心するスタンスに導かれて、右の逆層気味の岩の手前を上がり平行ピンである。
 神経を使う繊細なピッチであるが、「素晴らしい。」の一言に尽きる。エーゼロの1Pに比べ、難しく感じるし長い緊張感で、達成感はこの上ない。
【3P】40m 4級
 ここから見上げると、その名の如くブッシュが両側から迫ってくる。今までの傾斜は何だったのか?と言うほど、快適そのものの傾斜が見えている。そして、青空。W級となれば私の出番・・・だが、終了点を小松の親分に譲るには、ここもリードをお譲りする。
【4P】45m 3級
 ますます両側にブッシュが迫るが、ルート上は快適なスラブである。半ば中腰で歩ける所も交えながら、ルンルン進めるV級ルートである。早く登れると返って息が切れてしんどいものだ・・・と、フト思う。左足首の軽い捻挫が痛くなってきた。
【5P】45m 4級
 ここからは、またスラブの幅が広がり、左のナックルピークを見ながら快適だ。そして、ルート半ばのザラザラスラブは、傾斜は緩いが、目立つホールドが少ない細かなポケット拾いのバランスクライミングで楽しい。到達点が下降路と言うのが、実に私向きなのである。

 全体的に、何度も登りたくなるルートの1つと言える。次回は、ぜひリードでやってみたいと思った。しかし、チョンボ有りだろうなぁ・・・とも思う。1時前に下山し、得した気分で温泉に向かう。
 

写真レポートのページへ

 
5:30自宅発----6:10都農神社---8:00比叡・登山口--8:30下部登攀開始--8:50奥の細道取り付き--11:15登攀終了点----昼食---11:55下山開始----ニードル基部--12:30下山終了----麓屋----門川温泉----16:00自宅着
 
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠         西都山岳会
年齢 44         小松の親分
ピーク合計 194          
 
Copyright(C)  水流渓人 All Rights Reserved