水流渓人のページ「家族登山日記」No.143
 
2003/10/01
比叡「TAカンテ」ルート
最下部より・・・
 
 
2Pのトラバース 4Pの高度感あるカンテ 終了点にて


●下部30bW級・・・足慣らしに「TAカンテ」取り付き下から登り始める。ホールドの多いスラブから、上部で少しバランスがいる。
とりつ気前に、簡単に8の字結び・インクノット結びを説明する。セルフビレーは、やり方以上に必要性を説明。
次ぎに、声かけと行動の説明。「登ります」「ザイルアップ」「ザイルダウン」「ビレイ解除」「ザイル一杯」「登ってよし」・・・。
最後に、ホールド・スタンスの取り方。
・・・で、すぐ「登ります。」と、説明をしながら登る。ピンが3本打たれたビレー位置からは、下が確認できないので左手前の立木に支点をとる。「ビレイ解除」「ザイル一杯」「登ってよし」
ゆっくり、恐がりもせず登り上がってきた。ルートへ出ることを決める。
●下部終了点〜草付き〜TAカンテ取り付き60b
●1P 30b W+
ルートの核心となるピッチ。かぶり岩の透き間から上に立ち、もう一本上のピンへ直上。左フェースに一歩でて、小さいホールドから一歩上へ上がると左手が岩角にガッチリかかり核心は終わる(でも、毎回ビビルんだよねっ)。後はホールド・スタンス豊富となり左上気味に松の木へたどる。
核心を過ぎた所に打たれてあるハンガーボルトに、ママのために5bのフィックスロープを垂らす。そこまでたどれるかな?とも思ったが、グイグイ引き上げ過ぎて「あまり引っ張ると、自分で登った気がしない。」などと生意気を言われる。案の定、フィックスロープの世話になり登り上がってくるが、いたって明るい表情なので安心した。
●2P 45b V+
草付きから簡単なスラブへ出て、トラバース気味にカンテの基部へ至る。高度も出てきて気分爽快極まりない。ママの写真もバッチリ写せた。テラスで小休止。
●3P 45b W+
うっかり、立木にとったビレーのままリードする。中間支点を少しZ状に2箇所とってしまい、ビレー点で50pほど足りなくなりママのセルフビレーを外してもらい到達。ガシガシ登れる気分爽快のカンテ通しルート。
●4P 30b W
ここだけ、リードとフォローが視界から消える。まったく快適なので、ママも調子が上がってくる。とにかく、豪快な高度感ある写真が写せるピッチでもある。
●5P 30b W+
最終ピッチ。カンテからスラブに走るクラックをたどる。私は大好きな所だが、ここに来てママは「ホールドが見えない。」と言い出した。恐怖ではなく、疲れで岩にくっつきすぎているのだが、少し強く引き上げて登攀終了となる。
クライミングシューズのつま先の痛みを経験し、辛そうにしていた。稜線で食事と思うが、下降路まで行きたいと言うので、そそくさと道具撤収する。私自身、少し緊張していたのではないか?と思った。パートナーが、あまりにも初心者過ぎると、これだけ注意力を保持していないといけないものか・・・と改めて思った。「連れて行くことで成長する。」という、山の会の会長の言葉が身に染みた。しかし、夫婦で登り上がった価値は多きい。
 

写真レポートのページへ

 
8:10自宅発----10:30比叡・登山口--11:00登攀開始--11:40TAカンテ取り付き--14:10登攀終了点----昼食---15:10下山開始--15:55下山終了----18:30自宅着
 
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠          
年齢 44 43          
ピーク合計 193 78          
 
Copyright(C)  水流渓人 All Rights Reserved