水流渓人のページ「登山日記」No、127
2003/4/16
比叡1スラスーパー
  

フォール後、リハクライミングとなる1スラの核心部・・・・とは言えセカンドなのぢゃ(^o^;

 

 
 1スラスーパーの呪縛から抜けれない自分がいる。去年のフォールは、まったくの不注意で、ミスコースどころか先行者の後をたどればフォールは免れていたはずだ。第2コブ岩横のスーパールートの核心部を眺めながら、何度も考察を重ねる自分がいた。怖がっている証拠である。しかし、コマツの親分にトップロープを張ってもらい、セカンドで登る状況なので、今回大したフォールにはならない。分かってはいるのだが、岩登りを始めて、今日で10回目である。トップの怖さとセカンドの気楽さの大きな違いを改めて意識している。でも、今年はここをリードしたい。その気持ちで「上がります。」と声を上げた。
 取り付く前に、ラインをイメージする。以前は最初のピンが来る前に、行く方向をイメージしていながらフェースを右に出た。なぜ出たのか判らない。戻れなくなってフォールした。そのイメージが強く、本来の核心部の手前で頭が一杯だ。右斜めに走るクラックぞいに、体は右のフェースへ出しながら登るとまったく問題なく小テラスへたどれた。このラインの為に半年以上も頭にこびりついていたのか?と思った。しかし、核心部はこれから始まる逆層気味の傾斜のきついフェースである。
 小テラスから直登するのが一番難しいらしいが、当然チムニーの裏から伸び上がった上のガバに右手をかけてずり上がる。逆層のフェースへ出る。1スラでピン間隔の短さが難易度を示している。ホールドもアンダーに浅い所や、クラックも第一関節まで取れない。やはり怖がっているのだろう・・・、スタンスを確認するとき起伏が見えていない。体が岩に張り付いている証拠である。意地でもテンションは嫌であった。今回テンションすると、リードの日が遠のく気がした。3人登攀の中間になったので、トップからのロープをヌンチャクから外し、下からのロープをクリップするのが辛い。しこたま踏ん張り、手がパンプ寸前になった。その時、1週間前の人工壁のボルダーの事が頭をよぎる。気を落ち着けて、両手を少し休めて振った。再度、小さいホールドに爪を立てせり上がり、左足が上のスタンスに乗ったとき核心が終わった。リードでの課題は多い登りではあったが、なにかさわやかな風を感じた。
 判ったのは、落ち着くこと、よく見ること、粘ること、そして、練習することである。
 

6:00自宅発--7:00美々津道の駅--8:35比叡トイレ横駐車場--8:55取り付き--11:40亀の甲--14:25第2コブ岩横----昼食----懸垂下降+1P登攀--16:25終了点--下山--17:20登山口----門川温泉--夕食--22:00自宅着

写真レポートのページへ

参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠           コマツの親分
年齢 44            遊也
山数合計 175            
Copyright(C)  水流渓人 All Rights Reserved