水流渓人のページ「登山日記」No,108

2002/10/14
比叡山 第Tスラブ

長崎労山・ミラン山の会の人達と・・・

2Pスーパー 5P亀の甲リード 千畳敷にて
 
  1P 50m W   ノーマル リード
  2P 15m W+ スーパー リード
  3P 25m W+ スーパー リード
  4P 30m W− スーパー リード
  5P 35m W+ ノーマル リード
  6P・7P 50m W+・Wスーパー リード
   (8Pスーパー リード フォール・敗退)
  8P 40m W− ノーマル リード
  9P 35m W− ノーマル フォロー
 
 久しぶりの所属山岳会の山行参加である。長崎の山の会の方達との合同山行を会長より誘われた・・・・・?最近、少し登っているので、強引に押しかけた感が強い。岩を始めて5ヶ月・6回目のマルチピッチであり、その間何ピッチかのリード経験もある。
 そして、今回のオーダーは、8名が4組に分かれて登ることになった。つまり、4人のリードと4人のフォロー・・・・・。なんと、私がリードをさせて貰える事になった。詳細は【写真レポート】に書いたので、フォール・・・その後として、この登山日記を綴ることにする。

 8P、傾斜の強いフェース側へ出過ぎ??−−−状況は、最初のプロテクションまで行っていないので、ビレーヤーの所が支点となる。直上ではなく、ストンと切れ落ちたフェースへ右トラバースで出て行く。下は3b位傾斜のあるスラブで以降は、木の交じるブッシュとなっていた。結果、踏ん張れなく、戻れなくフォールする。
 フォールして停止した間の記憶は無い。落ちて、リュック毎背中から回転し、ブッシュでロープにより停止していた。回転?と思ったのは、ロープがお尻側に回っていたからだ。状況が把握できるまで、少し時間がかかる。尻に痛みは全くないので、尻餅はついていない。しばらくして、スキーで雪面にたたきつけられた時の様な、胸の詰まる感じの痛みが襲ってきた。色々、確かめながら、骨折はない事を確認する。ようやく、周囲の仲間達へ、大丈夫だとアピールできた。
 ビレー位置まで戻り、再チャレンジと思うも、両腕に力をいれると背中の中が痛い。スゴスゴ、ノーマルを登った。後、1ピッチで終了点へ到達・・・登攀終了。

 気合いで、下山?だったのだろうか・・・・。皆さんと解散して、比叡登山口から近道を走り、門川を目指す。背中の中が痛いが、運転は出来る程度であった。しかし、日向を過ぎる頃、急に悪寒と吐き気が襲ってくる。運転しながら、生唾を何度も飲み込む。しかし、辛抱できずにドライブインへ飛び込み、激しい嘔吐が続く。車に戻ると、体に力が入らない。しばらく横になろうとすると、下痢である。動けない程の下痢。その間の悪寒はひどく、とうとう1時間が過ぎる。
 気力で車をスタートさせる。都農神社へたどり着き、またトイレ。這うように歩く。1時間。続いて、木城温泉手前で停車。しばらく目を閉じていた。1時間。
 結局5時間近くを費やしようやく自宅にたどり着く。力の入らない体で、リビングのイスに座り込んだ。体温計を当ててみると39度近い熱である。着替えて布団に入り込んだ。少しウトウトしただろうか?ふと思えば、今日は長男の誕生会の予定であった。私の遊びで、またしても家族に迷惑をかけてしまった。立ち上がり、バースディケーキのお祝いには立ち会う。
 翌朝、熱は下がっていた。会社を休もうかとも考えて見たが、昔から遊びで休むが病気では休まない主義?なので、頑張って出社。女房に送ってもらう。今日出社すれば、明日は定休日でもあった。

 結局、3日後に友達の病院へ行く。痛みが治まらないのと、食べない割には腹が張っている感じがしたからだ、エコー検査やX線検査をしてもらい、内蔵はまったく問題ないと診断される。詳しく説明して貰うと、落ちたりした衝撃がかかる場合、意識的な時は、ある程度腹筋が内臓をカバーしているが、不意に・・・・・とか腹筋に力が入ってないとき・・・、衝撃を受けると、内部で内臓に負担がかかり、そう言う痛みが残るそうである。嘔吐・下痢・発熱は、急激なショックとか精神的なものでの消化器官の緊張ではなかろうか?あり得る事だそうだ。最後に、「無理は考えてしろ!」と言われる。
13日 17:30自宅発--19:30比叡登山口駐車場着--テント泊
14日 7:20登攀開始--11:45登攀終了--昼食--12:45下山開始--12:45千畳敷下山--13:15
駐車場--13:40発----------18:30自宅着

写真レポートを見る

参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠           NAMAさん
年齢 43             N崎さん
山数合計 155            ミラン山の会5名
Copyright(C)  水流渓人 All Rights Reserved