水流渓人のページ「登山日記」No,97

2002/6/19
比叡山・TAカンテ
ひえいやま

3Pをリードする 4Pビレー点の展望 登攀終了
 
 山の会の仲間、川キョンの勤務シフトがこの日休みだと、山の会総会の時聞いていた。はじめてザイルをつなぐ約束が出来ていた。
 自宅を出発し、五ヶ瀬川沿いに槙峰で右折する。左に綱の瀬川を見ながら進むと、比叡山T峰南面がガーンと見えてくる。ワクワクするような緊張感がたまらない。ハーネスをつけ、ギアを点検しながら整えていくと「よしっ!」と、気合いが入ってきた。駐車場側の看板横から樹林帯へ入る。
 15分程で取り付きに到着した。初めて来たTAカンテ、何度も読み返したルート図を見上げた岩壁に重ねてイメージしていた。立木にビレーをとり、「行こうか?」「行きまぁーす!」と1ピッチ目の登攀が始まった。ルート上核心部となる、この1ピッチを川キョンがりどする。三角の浮き石を左に出る所で、その動きから核心部だと判る。ピンにヌンチャクがかかる都度、ホッとする。見えているので、送り出すザイル操作もスムーズに出来た。ピッチを切る大きな待つに到達すると、「ビレー解除!」の声。私も「いきまーす!」と声を上げた。数日降った雨の影響で、所々水がしみ出ている。チョークバックに手を入れ、シューズの底を謎って岩にスタンスをとった。最初のピンが三角浮き石の上にある。ヌンチャクを外し。次のスタンスとホールドを探るが、実に微妙である。何度も左に体重移動試みるが、スタンスが心配で体重をかけれない。購入後初めて履いたクライミングシューズである。その性能とセカンドという、上から確保された状態を信用し、思い切り左に出て、5oもないスタンスに乗った。なんと、ズリそうだが立っていた。そこから右上し、2本目のピン。少しハングした下の隙間を左斜めに上がり、1ピッチを終える。
 「先行く?」「うん。」と言いながら、ルートを聞きながらイメージするが、想像できない。草付きの濡れた所を左上し、スラブへ出た。そこからのルートが見えてこない。川キョンに大声で訪ねながら、ピンを探す。ようやく現れたピンにヌンチャクをかけザイルを通し、グッと体を反らすことが出来た。真上に白いピンが見えていたので、とりあえず近づく。おそらく、ここらでルートが、「3KNルート」と「「失われた草付きルート」と3つに交差しているはずである・・後退出来るか確認しながら白ピンが届くところまで来て「3KNルート」だと、左3b方向にあるピンを見て理解できた。ルートを左へトラバースしながら、立木に到達。重くなったザイルで相当延ばしている事が予想される。どの木がビレー点なのか判らないが、丈夫そうな木2本に束ねてスリングをかけピッチを切る。上がってきた川キョンが、後5b先の本来のビレー点のテラスへそのまま先行してくれた。リュックから水筒を出して一息入れる。気分的には、登攀が終わって欲しくない気分である。
 目の前には、名の如く大きなカンテが突き上げている。しばし、ビレーピンを利用してぶら下がっては、ハーネスにつけた通称「ぶたの鼻」のビレイデバイスの効果を体感した。
 「先行くやぁ?」と川キョン、「行く行く!」と私・・・快適な角度と適度なホールド、楽しくて仕方ない。ピンは30bまで無い、考えるといい気分ではないのでスイスイと上がる。剥がれそうな岩も、考えないようにすり抜ける。そして、落ちそうな岩を背にして3ピッチを終える。セカンドの川キョンは、手頃な角度をフリクションクライムで上がってきて満面の笑み。「そのまま上がりまぁ〜す!」と登っていった。不安な岩を背にしながら、てっぺんの岩を掴んでみたら、ボロッと外れた。元に戻して平常心・・・を唱える。
 セカンドで4ピッチを上がる。カンテの角を登ると、足下から高度感が気持ちいい。ホールド・スタンス、そして快適な角度が確保されるとも高度感も楽しくて仕方ないものだ!と、いい気な自分がおかしい。上から、写真を写してくれた。木にしがみついて、景色を楽しむ。
 そして、最終ピッチも、私を行かせてくれた。実にもったいない登りである。デカイ松の木を迎えて、ビレーをとり川キョンを迎えた。迎えつつ「俺、懸垂下降ってしたことがネェっちゃがぁ・・・!」「えー、なんて?」と、不安な会話をしながら、エイト環を初めて使用する。おかしな話だが、そんな大胆な仲間達に囲まれて、私の登山があるのだと感謝した。稜線に突き上げ、握手。ビールで乾杯をする。、
5:30自宅発--7:45登山開始--8:00取り付き--8:20登攀開始--8:501ピッチ終了--9:032ピッチ終了--ビレー訓練--9:403ピッチ開始--10:254ピッチ終了--10:455ピッチ終了--懸垂下降の練習--昼食--12:00下山開始--ニードル下見--13:00下山--13:55日之影温泉駅--17:00自宅

写真レポートを見る

参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠           山の会
年齢 43             川キョン
山数合計 142              
Copyright(C)  水流渓人 All Rights Reserved