年齢ことば読み年齢備考
志学しがく15孔子「十有五にして学に志す」から
弱冠じゃっかん20『礼記』の中の「二十を弱といい、冠す」から
而立じりつ30孔子「三十而立」が原文
不惑ふわく40孔子「四十にして惑わず」から
知命ちめい50孔子「五十にして天命を知る」から
耳順じじゅん60孔子「六十にして耳順う(したがう)」から
還暦かんれき6160年で干支が一回りして、生まれた年の干支に戻ることから
華甲かこう61「華」を分解すると十が6つで、1つの一で61となる
緑寿ろくじゅ6621世紀のテーマである「環境(緑)」から
古稀こき70杜甫の「人生七十古来稀なり」から
喜寿きじゅ77「喜」の略字が七十七と書くところから
傘寿さんじゅ80「傘」の略字が八十と書くところから
半寿はんじゅ81「半」を分解すると八十一となるところから
盤寿ばんじゅ81将棋盤の枡目9×9=81から
米寿べいじゅ88「米」を分解すると八十八になるところから
卒寿そつじゅ90「卒」の異体字「卆」が九十と書くところから
白寿はくじゅ99百から一を取ると「白」になるところから
上寿じょうじゅ100もっとも上までいきついたというところから
茶寿ちゃじゅ108「茶」を分解すると草冠で「十」2つで二十、下が八十八に分解でき、「二十」と「八十八」を足すと108になるところから
皇寿こうじゅ111上の「白」は白寿の由来と同じで「九十九」、「王」を分解すると「十」と「二」で「十二」になり足すと111になるところから
川寿せんじゅ111「川」が「111」に見えるところから
珍寿ちんじゅ112以上112歳以上は珍しいというところから
戻る