大きな数
    
いち1100
じゅう10101
ひゃく100102
せん1000103
まん10000104
おく100000000108
ちょう10000000000001012
けい100000000000000001016
がい1000000000000000000001020
杼※じょ10000000000000000000000001024
じょう100000000000000000000000000001028
こう1000000000000000000000000000000001032
かん10000000000000000000000000000000000001036
せい100000000000000000000000000000000000000001040
さい1000000000000000000000000000000000000000000001044
ごく10000000000000000000000000000000000000000000000001048
恒河沙ごうがしゃ100000000000000000000000000000000000000000000000000001052
阿僧祇あそうぎ1000000000000000000000000000000000000000000000000000000001056
那由他なゆた10000000000000000000000000000000000000000000000000000000000001060
不可思議ふかしぎ100000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000001064
無量大数むりょうたいすう1000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000001068
※正しくは 読みは「し」  
小さな数
呼び名読み
0.1
りん0.01
毫(毛)もう0.001
絲(糸)0.0001
こつ0.00001
0.000001
纎(繊)せん0.0000001
しゃ0.00000001
じん0.000000001
あい0.0000000001
びょう0.00000000001
ばく0.000000000001
模糊もこ0.0000000000001
逡巡しゅんじゅん0.00000000000001
須臾しゅゆ0.000000000000001
瞬息しゅんそく0.0000000000000001
弾指だんし0.00000000000000001
刹那せつな0.000000000000000001
六徳りっとく0.0000000000000000001
きょ0.00000000000000000001
くう0.000000000000000000001
せい0.0000000000000000000001
じょう0.00000000000000000000001


上のことは、「塵劫記」(吉田光由著)という書物に書かれています。

「一」
一雨(ひとふり)
一貴山(いきさん)
一宮(いく・いっく)
一戸(いちのへ)
一口(いもあらい)
一光(いかり)
一向(ひたすら・ひたぶる)
一最(かずも)
一志(いちし)
一色(いしき・いっしき)
一寸八分(かまつか・みおう)
一日市場(ひといちば)
一番合戦(いちまかせ)
一品(いっぽう)
一武(いちぶ)
一片食(ひとかたけ)
一方(ひじかた)
一万田(いちまだ)
一廉(ひとかど)

「二」
二禁(にきび・にきも)
二形(ふたなり)
二戸(にのへ)
二合半(こなから)
二十(はた・はたち・ふたそじ)
二十九日(ひずめ)
二十五里(つゆひじ)
二十六木(とどろき)
二上(にじ)
二進三進(にっちさっち)
二布(ふたの)
二風谷(にぶだに)
二幅(ふたの)
二木島(はぎしま)

「三」
三椏(みつまた)
三河(そうご)
三端(みはし)
三角(みすみ・みすま・みます・みょうが)
三角楓(とうかえで)
三毬打(さぎちょう)
三厩(みんまや)
三郷(さんごう)
三尻(みかじり)
三行半(みくだりはん)
三才山(みさやま)
三枝(さいぐさ・さえぐさ・さぐさ・みえ)
三次(みよし)
三十(みそ)
三十一文字(みそひともじ)
三十日(みそか)
三従兄弟(はとこ)
三従姉妹(はとこ)
三松(みつまつ)
三篠(みささ)
三津(みと)
三宅(みやけ)
三潴(みずま・みつま・みつまた)
三朝(みさき)
三刀屋(みとや)
三百瀬(みおせ)
三布(みの)
三幅(みの)
三瓶(みかめ・さんぺい)
三鞕酒(シャンパン・シャンペン)
三方一新(くつう・くつわ)
三木(そうき・みうき)
三毛門(みけかど)
三門(みかど)
三稜草(みくり)
三朗坂(さいさか)
三和土(たたき)

「四」
四阿(あずまや)
四海道(よっかいどう)
四月(わたぬき)
四月一日(わたぬき・わたぬ・つぼみ)
四月朔日(わたぬき)
四極(しわす・しはつ)
四十(よそ)
四十九員(院)(つるし)
四十四院(つるし)
四十雀(しじゅうがら)
四十住(しうち・よすみ)
四十日(しとか)
四十八願(よいなら)
四十八朝(よいなら・よそなら)
四十物(あいもの)
四十万(しじま・しずま・よすま)
四所(ししょ)
四条畷(しじょうなわて)
四丁目(しとか)
四尾連湖(しびれこ)
四幅(よの)
四方(よも)
四方手(しおて)
四方津(しおつ)
四方田(よもだ・しおだ)
四万(しま)
四万十川(しまんとがわ)

「五」
五加(うこぎ)
五加気(うつぎ・うこぎ)
五月(さつき)
五月少女(さおとめ)
五月蝿(うるさい・さばえ)
五三竹(ほていちく)
五十(いそ・いそじ)
五十崎(いかさぎ)
五十君野(いくしの)
五十公(いきみ・いじみ)
五十公野(いじみの・いずみの)
五十子(いかご・いかしこ・いらこ)
五十集(いすさば)
五十川(いらかわ)
五十島(いがしま)
五十猛(いそたけ)
五十嵐(いがらし・いそあらし)
五十里(いかり)
五十鈴川(いすずがわ)
五十朗(いらこ)
五祝(いわい)
五倍子(ふし)
五百(おい)
五百家(いつか)
五百旗頭(いおきべ)
五百月(いせづき・さしき)
五百木(いおぎ)
五味子(さねかずら)
五六(ふのぼり)

「六」

六月一日(うりはり・くさか)
六甲山(むこやま)
六合(くに)
六十(むそ・むそじ)
六十谷(むそた・むとたに)
六十里(ついひじ)
六平(むかた)
六名(むつな)

「七」
七久保(かなくぼ)
七五三(しめ・しめかけ)
七七五分(みつづき・みつわた)
七種(さいぐさ・ななくさ・さえぐさ)
七生(はぶ)
七竈(ななかまど)
七飯(ななえ)
七葉樹(とち・とちのき)

「八」
八街(やちまた)
八角金盤(やつで)
八岐大蛇(やまたのおろち)
八九十三(やくとみ)
八橋(やばせ)
八月一日(ほずみ・はずみ)
八月朔日(ほずみ)
八月十五日(なかあき)
八戸(はちのへ)
八朔(ほずみ)
八咫鳥(やたがらす)
八咫鏡(やたのかがみ)
八社宮(はさみ)
八戸鏡野(やたかの)
八戸瓊曲玉(やさかにのまがたま)
八手木(やつで)
八十一鱗(くくり)
八十梟師(やそたける)
八十場(やそば)
八十八間(はとやま)
八十八騎(とどろき)
八女(やめ)
八神(ねりがみ・はがみ)
八仙花(あじさい)
八多喜(はたき)
八太(はた)
八知(やち)
八頭(やず)
八幡(やわた・やはた・ばはん)
八百津(やおつ)
八百万(やおよろず)
八祐(やけし)
八鹿(ようか) 

	「九」
九十九(すくも・つくも)
九十九院(つるし)
九十九折(つづらおり)
九十九島(つくもじま)
九十九髪(つくもがみ)
九寸五分(かずはた)
九石(さらし・さざらし)
九折(つづら・つづらおり)
九年母(くねんぼ)
九品仏(くほんぶつ)
九面頭(やつがしら)
九里(くのり)

「十」
十河(そごう・とがわ)
十九淵(つづらぶち)
十九島(つるしま)
十五月(もちづき)
十三(じゅうそう)
十三里(とみさと)
十姉妹(じゅうしまつ)
十時(いぬぬき)
十七夜(かなき・かのう)
十寸見(ますみ)
十川(そごう・とごう)
十大功労(ひいらぎなんてん)
十島(とおしま)
十二月一日(しわすた)
十二月晦日(ひずめ)
十二月田(しわすだ)
十二社(じゅうにそう)
十二神(おちふるい・おつぶるい・おつるい)
十二仏(おちふるい)
十二里(とじり)
十八女(さかり・わかいろ)
十八成(くくなり)
十八番(おはこ)
十弗(とおふつ)
十六合(いざあい)
十六島(うつぶるい・うっぷるい)
十六盤(そろばん)
十露盤(そろばん)
十六夜(いざよい・いさよい)
十和(じっか)

	「百」
百槻(どうつき)
百磯城(ももしき)
百女木(どめき)
百石(ももいし)
百千万億(つもる)
百草(もぐさ)
百足(むかで・ももたり)
百道(ももじ)
百百(ささ・どど・どうどう)
百敷(ももしき)
百目鬼(どうめき・どめき)
百目木(どうめき・どめき)

「万」
万鬼(なきり)
万歳樹(あおき)
万千野(たけま・たけまた)
万代(もず・もずめ)
万年(まねば)
万年青(おもと)
万年馬(はねやま)
万能倉(まなぐら)
万木(ゆるぎ・ゆするぎ・よるき・まるき)
万里小路(までのこうじ)

「兆」
兆向(とき)


戻る