4タイプのアレルギーと抗体の種類

4タイプのアレルギー

T型アレルギー
即時型数分〜数十分であらわれる・花粉症・気管支喘息・食物アレルギーなど)

アレルゲンが侵入

マクロファージ(異物が浸入したら即出動し、細菌やウイルスまで排除する貪食細胞)などによって処理されて、ヘルパーT細胞の一種のTh2細胞に異物の侵入が知らされる。

インターロイキン4というサイトカインが出され、これにより抗体を作る役割を持つB細胞がIgEと呼ばれる抗体を大量に作る

IgEが肥満細胞の表面につくとアレルゲンを自分で認識。(IgE抗体がマスト細胞表面の受容体に結合し、抗原の侵入を待ち受ける状態が感作。)
アレルゲンが肥満細胞の上についたIgEに結合 すると、肥満細胞は活性化してヒスタミンやセロトニン、ロイコトリエン(アラキドン酸由来の炎症物質)といった炎症物質を放出。

これらが、血管などにある受容体に結合し、皮膚のかゆみ、炎症などのアレルギー症状を引き起こす

好塩基球もマスト細胞と同じくIgE抗体がマスト細胞表面の受容体に結合する。また、マスト細胞が産生したサイトカインにより好酸球が局所に集まり新たな炎症が数時間後に起こるのが
遅発型反応である。

U型アレルギー
種類の異なる赤血球などの抗原が侵入(異型輸血反応による血液型不適合等の場合など)

赤血球とIgM抗体が結合すると補体や貪食細胞が活性化する。

このはたらきで赤血球が破壊・溶解され、種々の障害がおきる。

Rh血液型不適合のときなどはIgG抗体が関与する

V型アレルギー(アルサス反応・即時より遅いが遅延より早い・全身性エリトマトーデスやリウマチ・血清病など)
細菌やウィルスや毒素などを含んだ血清を注射したときなどに起こる。
抗原抗体複合体が血管壁などの細胞に沈着(IgG抗体が関与)

補体や好中球が活性化し、炎症反応が起こる。好中球のもっているリソソームからは出された酵素の作用で細胞が傷害される

自分自身の組織までをも攻撃=自己免疫疾患



W型アレルギー遅延型 数時間〜24時間以上・接触過敏症やツベルクリン反応など)
アレルゲンが侵入

抗原提示細胞がこれを貧食し、アレルゲンの種類をT細胞に提示する

抗原提示細胞がアレルゲンと結合して活性化したT細胞(CD4T細胞)が分裂分化し、Th1細胞が作られる

Th1細胞はアレルゲンと結合して活性化し、炎症性サイトカインを作る。

炎症性サイトカインはマクロファージを活性化したり、血管の透過性を亢進させる。マクロファージがさらに別の炎症性炎症性サイトカインを産生。
つまり抗原を排除するための炎症反応がつづく。


抗体の種類
IgG
血液中に最も多く含まれる抗体。貪食細胞の働きを促進したり補体を活性化

IgM
分子量が大きい。抗原結合部位は10か所。補体を活性化する。細菌などを凝集させる働きも。

IgE
マスト細胞や好塩基球に結合し、それらから炎症を起こすメディエーターを放出させる

IgA
血液中や粘膜に存在し、働きはそれぞれ異なる.。詳しくはこちら


IgDもあるが働きはよくわかっていない