オシドリ夫婦愛情物語〜♪
巫 女 秋 沙 に愛たくて〜♪
画像の左右をクリックしますと、戻ったり進んだりします。

第四話 新潟県・福島潟編 (2004.03.10撮影)、、、福島潟は楽しかった〜!(^_-♪

風景写真集などを眺めていると、福島潟の朝焼けや夕景の幻想的な美しさに感激し、
訪ねてみたいと思うようになっていました。そして調べて行くうちに、ミコアイサも飛来し
ていることが分り、もしかしたらまだ間に合うかもしれないと思い、訪ねて見ました〜♪
 


『 福島潟 』・・・国の天然記念物オオヒシクイなど220種の野鳥が確認され、自生の北限であ
るオニバスやミズアオイ、ミクリなど全国的にも希少となっている植物350種も確認されて
いる自然の宝庫です。県都新潟市に接する豊栄市の東方に位置し、五頭、飯豊連峰を水面
に映す湖面と四季折々の素晴らしい自然が残されており、「21世紀に残したい日本の自然
百選」等に選ばれています。また、わが国で最初の1級鳥類観測ステーションや鳥獣保護区
管理センターが設置されており、一年を通してバードウオッチャーで賑わっているようです。。

『 佐潟 』・・・新潟市の南西赤塚地区にあり、佐渡弥彦米山国定公園区域の一角にあります。
日本の湖沼の中でも数少ない砂丘湖であり、湿地特有の自然生態系を残す潟として、また
貴重な野生生物の生息地として重要な湿地だそうです。

『 水の駅「ビュー福島潟」 』・・・潟と人との関わりの歴史や、これからの展望などを紹介し、
地域文化・創作活動の拠点となる施設です。地下1階、地上7階、高さ29M。3階からは全面
ガラス張りで360度の展望が楽しめます。また、映像展示室(4階)では潟から生の動植物の
様子が映し出されます。1階〜3階までは無料ゾーンで、4階〜7階は有料ゾーンです。また俳
優の片岡鶴太郎氏は三代目名誉館長であり、期間限定の美術館として個展が開催されます。


 今回もミコアイサには出会うことは出来ませんでした。しかし福島潟は想像以上に景色も綺麗
でしたし、施設も工夫が施されており、時間を忘れ楽しむことができ、また訪ねてみようという
気持ちになれました。
、、、














次回は福島県郡山市『海道池・馬場池 』を訪ねる事にしました、、、
第五話をお楽しみに〜♪

第一話 伊豆沼は広かった〜♪  へ  《2004.03.01UP》

第二話 瓢湖は小さかった〜♪  へ  《2004.03.08UP》

第三話 阿武隈川は綺麗だった〜♪ へ《2004.03.15UP》

第四話 福島潟は楽しかった〜♪  へ 《2004.03.22UP》

第五話 とうとう〜♪ 第一部 完結 へ 《2004.03.29UP》

《2004.03.22》


Counter (2004.03.22〜)