ポポの闘病日記  〜先天性股関節脱臼との闘い〜

ポポがうまれた時 | 病気発覚 | 決断 | 入院生活 | ギブス生活装具生活 | 経過観察 | これから

ポポの闘病日記

私たちの次女・ポポ(仮名)は、先天性股関節脱臼という病気です。
生まれてから定期的に受けてきた検診ではわからずに、
少し歩き始めた
1才11ヶ月で発覚しました。
発覚が遅れると、
治療のリスクが高くなるこの病気。
もう、
正常にはならない・・・

ポポの母親であるたんぽぽは鍼灸師
東洋医学を学び実践する治療家として、
西洋医学の治療について、葛藤する部分も多かったけど、
ポポの
母親として、ポポの足を治すために一番良い方法を選ぼうと決断。

病院での治療、
そして、
それと並行してやってきたことをまとめたいと思いました。

このおかげで、確実にポポの状態がいい方向に向かっていると思っています。
今現在、先天性股関節脱臼と闘っている子供たちのために、
これから、この病気に出会ってしまう子供たちのために、
少しでも、この情報が役にたちますように・・・・

 

 たんぽぽプロフィール

パパ・モカ(長女)・ポポ(次女)の4人家族。
鍼灸師で、自宅で開院。
趣味は水泳(水球)、手作り。

 

 

LINK

 

 東洋医学の力をかりたいと思う方はこちら

 

メール

 

ページトップへ