-はじめてのhtml ホームページの作り方- 初心者でも簡単なタグの使い方!慣れたらCSSも覚えてカッコイイホームページ作り

html内で使えるタグの一覧表です。右のメニューから項目ごとに閲覧出来ます。

タグ辞典

  • html一覧
  • ブロックとインライン
  • ブラウザ独自タグ
  • 無料HPスペース比較
  • 機能比較表
  • <HTML>.....</HTML>

    文書全体を囲む。全てのHTML文書はhtml開タグで始まり、閉タグで終わります。

    <HEAD>.....</HEAD>

    直接表示されないページについての情報などを含む。

    <BODY>.....</BODY>

    文書の「コンテンツ」(ブラウザで表示されるページの中身)を囲む。このタグでページ全体の背景やテキストの色などを指定できる。
     BACKGROUND="...": 背景に使われる画像のファイル名。
     BGCOLOR="...": ファイルを指定しない場合の背景の色。
     TEXT="...": テキストの色
     LINK="...": リンクの色。
     ALINK="...": クリックしたときのリンクの色。
     VLINK="...": すでに訪れたリンクの色。
     BGPROPERTIES=FIXED: 背景をスクロールしないようにする (IEのみ対応)
     LEFTMARGIN=#: 左のマージンの幅をピクセル単位で指定 (IEのみ対応)
     TOPMARGIN=#: 上のマージンの幅をピクセル単位で指定 (IEのみ対応) <HEAD>タグの中で使用可能なタグ

    <TITLE>.....</TITLE>

    ウィンドウのタイトルバー、ブックマーク、サーチエンジンの検索結果などに使用さえるページのタイトルを指定。短い説明も含めるのが一般的。
     <META HTTP-EQUIV="REFRESH" CONTENT=X>
    X 秒後にページが自動的に更新されます。
     <META HTTP-EQUIV="REFRESH" CONTENT="X; URL=http://...">
    X 秒後に自動的に「URL=」で指定されたページへ移動します。
     <META NAME="Expires" CONTENT="Mon, 23 Sep 1996 01:21:00 GMT">
    ページに有効期限を定めます。
     <META NAME="Keywords" CONTENT="keyword1, keyword2, ...">
    検索ロボットにキーワードを提供します。「CONTENT=」にコンマでキーワードを区切りながらならべます。
     <META NAME="Description" CONTENT="Describe your site here....">
    検索ロボットにページの概要を提供します。「CONTENT=」に概要を書き込みます。 <BODY>タグの中で使用可能なタグ: 文章の編集

    <P> ... </P>

    段落の挿入。閉タグは省略可能。文章を挿入するとき、大抵はこのタグを使う。
     ALIGN="...": テキストを揃える。"CENTER"で中央揃え、 "LEFT"で左揃え(標準)、 "RIGHT"で右揃え。

    <DIV>...</DIV>

    基本的に<P>と同じ。(あまり使わない)
     ALIGN="...": テキストを揃える。"CENTER"で中央揃え、 "LEFT"で左揃え(標準)、 "RIGHT"で右揃え。

    <CENTER>.....</CENTER>

    囲む内容を全て中央揃えにする。<P ALIGN="CENTER">では動かないテーブルやフォームに必要。画像、テキストにも使用可能。

    <BR>

    改行の挿入。<P>を使うと、一行開くので、それを防ぐのに使用。又、<BR>を二つ続けて並べると、一行開く。閉タグはない。
     CLEAR="...": 画像の周りを改行しなくする。値は "RIGHT"、"LEFT"、"ALL"。(あまり使わない)

    <WBR>

    必要に応じて改行。もし改行が必要ならば、<WBR>のある位置で改行してくれる。閉タグはない。
     <NOBR>.....</NOBR>
    改行を禁止。普段、ブラウザはウインドウやテーブルの幅などによって、自動的にテキストを改行するので、このタグで止めることができる。閉タグは忘れずに。

    <H1>...</H1>

    ヘッダーをつくる。H1(最大)から H6(最小)まである。フォントの大きさを変更して太字にする。
     ALIGN="...": "CENTER"で中央揃え、 "LEFT"で左揃え(標準)、 "RIGHT"で右揃え。

    <FONT>...</FONT>

    囲むテキストのフォントの大きさ、色、書体などを変更。
     SIZE=#: フォントの大きさを1から7の間で指定。3が標準。ただし、標準はブラウザのオプションで設定されるので、同じ3でも、設定によって大きさは異なる。
     COLOR="...": フォントの色を指定。
     FACE="...": 書体を指定。但し、ハードディスクにインストールされている必要がある。コンマで区切りながらいくつも並べると、一番最初に使用可能なものを使う。尚、ネットスケープで言語設定が日本語になっていると、英語のフォントは無視されてしまう。

    <BASEFONT>

    ページ全体のフォントの性質を指定。
     SIZE=#: 大きさを1(小)から7(大)の間で指定。
     COLOR="...": 色の指定。
     NAME="...": 書体の指定。

    <B>...</B>

    テキストを太字にする。

    <I>...</I>

    テキストを斜体にする。

    <BIG>...</BIG>

    フォントのサイズを一つ大きくする。

    <SMALL>...</SMALL>

    フォントのサイズを一つ小さくする。

    <BLINK>.....</BLINK> (NSのみ対応)

    テキストを点滅させる。

    lt;S>.....</S>

    取り消し線。<STRIKE> も同じ。

    <SUB>...</SUB>

    サブスクリプト。下付き文字。

    <SUP>...</SUP>

    スーパースクリプト。上付き文字。

    <TT>...</TT>

    等幅にする。

    <U>...</U>

    下線を付ける。但し、リンクと間違いやすいので注意。

    <PRE>.....</PRE>

    テキスト内の改行やスペースをそのまま維持する。例えば、どこからかコピーした文をそのまま<PRE>で囲めば、<P>などを挿入しなくても段落などが保たれる。

    <PLAINTEXT>.....</PLAINTEXT>

    <PRE>と同じ役割を果たす。現在使われていない。

    <XMP>...</XMP>

    <PRE>と同じ役割を果たす。現在使われていない。

    <EM>...</EM>

    テキストを強調(斜体)。

    <KBD>...</KBD>

    キーボードキーを定義。

    <LISTING>.....</LISTING>

    等幅にする。<TT>と同じ。(あまり使わない)

    <BLOCKQUOTE>.....</BLOCKQUOTE>

    長い引用を囲む。 左右にマージンができる。

    <DFN>.....</DFN>

    何かの説明を定義。

    <SAMP>...</SAMP>

    テキストがフォームやプログラムから出力されたサンプルであると定義。小さく表示される。

    <VAR>...</VAR>

    因子を定義。

    <STRONG>...</STRONG>

    テキストを強調(太字)。

    <ADDRESS>.....</ADDRESS>

    著者や住所、メールアドレスなどを定義。

    <CITE>.....</CITE>

    本のタイトルなど、短い引用を定義。

    <CODE>.....</CODE>

    プログラム単語のコードのサンプルなどを定義。サンプル

    <COMMENT>.....</COMMENT>

    コメントを定義。囲まれたテキストは無視される。<!-- ..... -->の方が一般的。 <BODY>タグの中で使用可能なタグ: JAVA アプレットの挿入

    <APPLET> parameter1 parameter2 ... </APPLET>

    アプレットを挿入。
     ALIGN="...": Possible values of "LEFT", "RIGHT", "TOP", "MIDDLE", or "BOTTOM". Specifies the alignment of the text around the object with respect to the  object.
     ALT="...": JAVA がオフのときに表示される文字列。
     CODE="...": アプレットの名前。
     CODEBASE="...": アプレットのコードファイルの名前を指定。
     DOWNLOAD=n: 画像がダウンロードされる順番を指定。
     WIDTH=#: アプレットの幅をピクセル数、もしくはパーセントで指定。
     HEIGHT=#: アプレットの高さをピクセル数、もしくはパーセントで指定。
     HSPACE="n": 左右の間隔をピクセル単位で指定。
     VSPACE="n": 上下の間隔をピクセル単位で指定。
     NAME="...": 個別のアプレットに名前をつけるのに使用。同じアプレットが画面上に二つ以上あったりすると、別の名前を付ける必要がある場合がある。

    <PARAM NAME="..."VALUE="...">

    アプレットのパラメータを指定。アプレットタグに含まれる。 <BODY>タグの中で使用可能なタグ: リンクの挿入

    <A> ... </A>

    アンカータグと呼ばれ、他のファイル、及び同じ文書内の別の場所にリンクを張るのに使用される。リンクをマウスでクリックすると、その場所へ移動する。
     HREF="...": リンク先のファイルを指定する。もしリンク先がHTML文書で、同じ文書内に多数のアンカーが設置されている場合、「ファイル名#名前」(例: index.html#whats-new)で文書内の特定の場所を指定できる。又、JavaScriptの発動にアンカーを使用する場合、どこにもリンクしたくない場合があるので、そのときは「HREF=#」でリンクをつぶすことができる。別のホームページへリンクする場合は、「http://」で始まるURLを記入すればよい。
     NAME="...": アンカーに名前を付ける。文書内でリンクを作る場合、同じファイル名なので、NAME で指定した名前で区別します。
     onClick=": 指定のJavaScriptをリンクをクリックしたときに発動。
     onMouseOver=":指定のJavaScriptをマウスがリンクの上を通過したら発動。
     REL="...": Specifies a relative relationship.
     REV="...": Specifies the reverse relationship.
     TARGET="...": リンクが画像やHTML文書の場合、そのリンク先のファイルが表示される場所を指定する。別のフレームにファイルを表示する場合は、そのフレームの名前を指定する。使われていない名前を指定した場合、新しいウインドウが開き、その名前が付けられる。それ以外では:
     "_blank": 新しいウインドウにファイルを開く。IE4.0ではバグでこれは機能しない。
     "_parent": 現在のウインドウを開いた親ウインドウにファイルを開く。
     "_self": 現在のウインドウ、フレームにファイルを開く。
     "_top": フレームを使用している場合、フレームを無視して、ウインドウ全体を使ってファイルを開く。
     TITLE="...": クリックされる前に表示されるリンクのタイトルを指定。 <BODY>タグの中で使用可能なタグ: リストの作成

    <DIR>...</DIR>

     <LI>で区切られた項目からディレクトリリストを作る。

    <MENU>...</MENU>

     <LI>で区切られた項目からメニューリストを作る。

    <OL attribute>...</OL>

     <LI>で区切られた項目から、順番の付いたリストを作る。
     TYPE="...": 各項目のラベルに使われる記号を"A"、"a"、"I"、"i"、"1"の中から選択。一項目ごとに値は一つ上がる。

     START="...": 何番目から開始するかを指定。

    <UL>...</UL>

    リストの各項目を丸や四角の点で区切る。タグ内で各項目を<LI>に続けて挿入する。
     TYPE="...": 各項目を区切る記号を、DISC、 CIRCLE、 SQUAREの中から選択。
     <LI>
    項目アイテムをリストタグ内で区切るのに使用:<DIR>,<MENU>,<OL>,or <UL>で囲んで使う。
     TYPE="...": 項目のラベルの種類を "DISC"、"CIRCLE"、"SQUARE"、"A"、"a"、"I"、"i"、"1"の中から選択。
     VALUE="...": 項目に番号を指定。

    <DL>...</DL>

    語句とその意味のリストを作成。このタグ内では <DT> 続けて語句や文字列を、続けて<DD>でその意味を指定する。普段、<DD>は<P>や<BR>の直後に挿入し、文をインデントさせるのに使われる。 <BODY>タグの中で使用可能なタグ: マルチメディアの挿入

    <IMG>

    ドキュメントにイメージを挿入。閉タグはない。
     SRC="...": JPEG 又は GIF 形式の画像ファイル名
     WIDTH=#: 画像の幅(ピクセル数)
     HEIGHT=#: 画像の高さ(ピクセル数)
     ALT="...": 画像が表示される前、表示されなかった場合、及び画像の上をマウスが通りかかったときに表示される文字列
     BORDER=#: 画像の周りの枠の太さをピクセル単位で指定。画像をリンクにした場合、「BORDER=0」で枠を消すことができる。
     ALIGN="...":画像の位置ととなりのテキストの位置を調整する。値は RIGHT, LEFT( 画像をページの右か左に寄せ、文は画像の周りにラップされる), TOP,  MIDDLE, BOTTOM, TEXTTOP, ABSMIDDLE, BASELINE, ABSBOTTOM(となりのテキストなどの開始位置など)。
     USEMAP="#map1" : イメージマップを使用する場合、マップ前を指定
     ISMAP: HTML文書内ではなく、サーバー側にイメージマップのデータがある場合に使用
     LOWSRC="...": SRCが表示される前に別の画像をロードしたい場合にその画像ファイルを指定(SRCの容量が大きい場合にもっと小さな画像を先にロードさせることがある)(NSのみ対応)
     VSPACE=#: 画像の上下にピクセル単位で空白をつくる
     HSPACE=#: 画像の左右にピクセル単位で空白をつくる

    <EMBED></EMBED>

    ビデオファイルや、音ファイルなどを挿入。
     SRC="...": ファイル名を指定。
     WIDTH=#: 表示される幅をピクセル数、もしくはパーセントで指定。
     HEIGHT=#: 表示される高さをピクセル数、もしくはパーセントで指定。
     AUTOSTART="...": 自動再生"TRUE"か"FALSE"。
     LOOP="...": 連続再生"TRUE"か"FALSE".
     NAME="...": このオブジェクトを指定するのに使われる名前を設定。

    <BGSOUND> (IEのみ対応)

    「.wav」、「.au」、「.mid」の音ファイルをページのバックグラウンドミュージックとして設定できる。
     SRC="...": 使用するファイルの名前。
     LOOP=#: 連続再生の回数を指定。"-1"か"INFINITE" で無限。 <BODY>タグの中で使用可能なタグ: テーブル

    <TABLE>...</TABLE>

    任意の数の行を含むテーブルを作成。
     WIDTH=#: テーブルの幅をピクセル数、もしくはパーセントで指定。
     HEIGHT=#: テーブルの高さをピクセル数、もしくはパーセントで指定。
     CELLSPACING=#: セルの間の感覚をピクセル単位で指定。
     CELLPADDING=#: セルの中身と、セルの境界との距離をピクセル単位で指定。
     BORDER=#: テーブルの枠の太さをピクセル単位で指定。
     BACKGROUND="...": テーブル全体の背景に使われる画像のファイル名を指定。(IEのみ対応)
     BGCOLOR="...": テーブル全体の背景色を指定。
     BORDERCOLOR="...": テーブルを囲む枠の色を指定。
     BORDERCOLORLIGHT="...": 枠の明るい部分に使われる色を指定。(IEのみ対応)
     BORDERCOLORDARK="...": 枠の暗い部分に使われる色を指定。(IEのみ対応)
     FRAME="...": 外枠表示を細かく規制できる。(IEのみ対応)
     VOID: 外枠は表示されない。
     ABOVE: 上の枠だけを表示。
     BELOW: 下の枠だけを表示。
     HSIDES: 上下の枠だけを表示。
     LHS: 左の枠だけを表示。
     RHS: 右の枠だけを表示。
     VSIDES: 左右の枠だけを表示。
     BOX: 上下左右の全てに表示。
     BORDER: 全て表示。
     RULES="...": 内枠の表示を規制。(IEのみ対応)
     NONE: 表示しない。
     GROUPS: THEAD, TFOOT, TBODY, COLGROUP のグループ間で表示。
     ROWS: 行の間だけ表示。
     COLS: 列の間だけ表示。
     ALL: 全て表示。

    <TR> ... </TR>

    任意の数のセルを含む行を作成。<TABLE>タグに含まれ、<TD>タグを含む。
     ALIGN="...": 行の中身を"RIGHT"で右に寄せるか、"LEFT"で左に寄せるか、"CENTER"で中央に寄せるかを指定。
     VALIGN="...": 行の中身を"TOP"で上に寄せるか、"BOTTOM"で下に寄せるか、"MIDDLE"で中央に寄せるかを指定。
     HEIGHT=#: 行の高さを指定。
     BGCOLOR="...": 行全体の背景色を指定。
     BORDERCOLOR="...": 行全体の枠の色を指定。
     BORDERCOLORLIGHT="...": 枠の明るい部分に使われる色を指定。(IEのみ対応)
     BORDERCOLORDARK="...": 枠の暗い部分に使われる色を指定。(IEのみ対応)

    <TD> ... </TD>

    セルを作成。テーブルの中身はこのタグで囲む。直接文章を<TABLE>や<TR>で囲んでも、正しく表示されない場合がある。
     ALIGN="...": セルの中身を"RIGHT"で右に寄せるか、"LEFT"で左に寄せるか、"CENTER"で中央に寄せるかを指定。
     VALIGN="...": セルの中身を"TOP"で上に寄せるか、"BOTTOM"で下に寄せるか、"MIDDLE"で中央に寄せるかを指定。
     WIDTH=#: セルの幅をピクセル数、もしくはパーセントで指定。
     HEIGHT=#: セルの高さをピクセル数、もしくはパーセントで指定。
     ROWSPAN="...": セルが隣のセルと比べて、何個分かを指定。
     COLSPAN="...": セルが上下のセルと比べて、何個分かを指定。例えば、上の行にセルが二個ある場合、COLSPAN=2 にすることで、上の二個分の幅のセルが できる。これで指定しないと、幅一個分のセルと、幅一個分の空欄ができる。
     BACKGROUND="...":セルの背景に使われる画像のファイル名を指定。(IEのみ対応)
     BGCOLOR="...":セルの背景色を指定。
     BORDERCOLOR="...":枠の色を指定。
     BORDERCOLORLIGHT="...": 枠の明るい部分に使われる色を指定。(IEのみ対応)
     BORDERCOLORDARK="...": 枠の暗い部分に使われる色を指定。(IEのみ対応)
     NOWRAP: セル内の文の改行を阻止する。

    <CAPTION> ... </CAPTION>

    テーブルにキャプション(テーブルの名前など)を付ける。<TABLE>タグに含まれる。
     ALIGN="...": キャプションの位置を指定。"LEFT"で左、"RIGHT"で右、 "BOTTOM"で下、"TOP"で上に付く。

    <TH>...</TH>

    セルをヘッダーにする。<TABLE>タグに含まれる。
     ALIGN="...": ヘッダーの中身を"RIGHT"で右に寄せるか、"LEFT"で左に寄せるか、"CENTER"で中央に寄せるかを指定。
     VALIGN="...": ヘッダーの中身を"TOP"で上に寄せるか、"BOTTOM"で下に寄せるか、"MIDDLE"で中央に寄せるかを指定。
     WIDTH=#: 幅をピクセル数、もしくはパーセントで指定。
     HEIGHT=#: 高さをピクセル数、もしくはパーセントで指定。
     ROWSPAN=#: セルが隣のセルと比べて、何個分かを指定。
     COLSPAN=#: セルが上下のセルと比べて、何個分かを指定。
     BGCOLOR="...": ヘッダーの背景色を指定。
     BACKGROUND="...": 背景に使われる画像のファイル名を指定。(IEのみ対応)
     BORDERCOLOR="...": 枠の色を指定。
     BORDERCOLORLIGHT="...": 枠の明るい部分に使われる色を指定。(IEのみ対応)
     BORDERCOLORDARK="...": 枠の暗い部分に使われる色を指定。(IEのみ対応)
     NOWRAP: ヘッダー内での改行を禁止。

    IEのみ対応で、現在未使用のタグ:

    <COLGROUP> ... </COLGROUP>
    <COL> ... </COL>
    <TBODY> ... </TBODY>
    <TFOOT> ... </TFOOT>
    <THEAD> ... </THEAD> フレームによるページの分割

    <FRAMESET> ... </FRAMESET>

    フレームとは一つのウインドウを分割し、複数のファイルを同時に表示させる機能のこと。<FRAMESET>タグは<FRAME>タグと<NOFRAMES>タグを含む。又、フレームを作る場合、<HTML>タグ、<HEAD>タグ、そして<FRAMESET>タグを含んだHTMLファイルを作ることになる。各フレームの内容は、個々のHTML文書なので、フレームを指定するファイルには内容は含まれない。
     COLS="...": 縦にページを分割。各フレームの幅のピクセル数、パーセントをコンマで区切る。*は「残り全部」の意味。(例: COLS="30%,20%,50%"  COLS="200,*,100")
     ROWS="...": 横にページを分割。性質はCOLSと同じ。
     SCROLLING="...": フレーム内でスクロールを"yes"でオン、"no"でオフ、"auto"で自動判別。
     BORDER="...": フレームの枠の太さをピクセル単位で指定。(NSのみ対応)
     FRAMEBORDER="...": フレームに枠を付けるかを指定。0でオフ、1でオン。ネットスケープとIEの両方に対応するフレームの枠を制御するアトリビュートはないので、常にBORDERとFRAMEBORDERの両方を指定しないといけない。(IEのみ対応)
     FRAMESPACING="...": フレームの間隔をピクセル数で指定。
    <FRAME>
    FRAMESET内での個々のフレームの性質を指定。ROWS、もしくはCOLSで指定したフレームの数だけFRAMEタグがなくてはいけない。又、一つの<FRAME>の代わりに、新たな<FRAMESET> ... </FRAMESET>を使用ことも可能。
     BORDER="...": フレームの枠の太さをピクセル単位で指定。(NSのみ対応)
     FRAMEBORDER="...": フレームに枠を付けるかを指定。0でオフ、1でオン。ネットスケープとIEの両方に対応するフレームの枠を制御するアトリビュートはないので、常にBORDERとFRAMEBORDERの両方を指定しないといけない。(IEのみ対応)
     MARGINHEIGHT=#: フレーム内で表示されるページの上下のマージンの太さをピクセル単位で指定。
     MARGINWIDTH=#: フレーム内で表示されるページの左右のマージンの太さをピクセル単位で指定。
     NAME="...": フレームの名前。
     NORESIZE: フレームのサイズ変更を禁止する。普段は枠が表示されている場合、マウスで枠をクリックすると、動かすことができる。
     SCROLLING="...": フレーム内でスクロールを"yes"でオン、"no"でオフ、"auto"で自動判別。
     SRC="...": フレーム内で表示されるファイルの名前。<FRAMESET>を含んだHTML文書を指定すれば、さらにフレーム内を縦や横に分割できる。

    <IFRAME></IFRAME>(IEのみ対応)

    文書内でいきなりフレームを挿入することができるが、NSでサポートされていない。
     SRC="...": フレーム内で表示されるファイルの名前。
     NAME="...": フレームの名前を指定。
     SCROLLING="...": フレーム内でスクロールを"yes"でオン、"no"でオフ、"auto"で自動判別。
     WIDTH=#: フレームの幅をピクセル単位で指定。
     HEIGHT=#: フレームの高さをピクセル単位で指定。
     ALIGN="...": フレームの周りのテキストの表示位置を指定。TOP、MIDDLE、BOTTOM、LEFT、RIGHTの内から選択。
     FRAMEBORDER="...": フレームに枠を付けるかを指定。0でオフ、1でオン。
     MARGINHEIGHT=#: フレーム内で表示されるページの上下のマージンの太さをピクセル単位で指定。
     MARGINWIDTH=#: フレーム内で表示されるページの左右のマージンの太さをピクセル単位で指定。
     NORESIZE: フレームのサイズ変更を禁止。

    <NOFRAMES>...</NOFRAMES>

    <FRAMESET>タグの中に入れると、フレームをサポートしていないブラウザの場合に表示される内容を指定できる。一般的には<NOFRAMES>の中に<BODY>タグを入れ、その中に各フレームへのリンクと、「新しいブラウザにアップグレードして下さい」などのメッセージを入れる。しかし、現在ではフレームサポートは当たり前なので、今はフレームが見えない検索ロボ用に使われている(リンク一覧表を含ませると、検索ロボはそれをたどる)。 <BODY>タグの中で使用可能なタグ: その他

    <HR>

    横に線をひく。
     SIZE=#: 線の太さ(ピクセル数)。
     COLOR="...": 色を指定。(IEのみ対応)
     WIDTH=#: ピクセル数、もしくはパーセント(最大値を基準に"80%"などと指定できる)での線の幅。
     ALIGN="...": "CENTER"で中央揃え、 "LEFT"で左揃え(標準)、 "RIGHT"で右揃え。
     NOSHADE: 立体的でなくする。

    <ISINDEX>

    ホームページを検索できるテキスト入力欄が表示される。ただし、サーバーのサポートが必要。
     ACTION="...":検索プログラムの場所を指定
     PROMPT="...":テキストボックス以外のプロンプトを指定

    <SPACER>...</SPACER>(NSのみ対応)

    見えない空白を挿入。
     TYPE="...": 空白の種類を指定。
     HORIZONTAL: 単語の間に空白を挿入。
     VERTICAL: 行の間に空白を挿入。
     BLOCK: 四角い透明な画像のような空白を挿入。
     ALIGN="...": TYPE="BLOCK"の場合、<IMG>タグのALIGNと同じ。
     HEIGHT=#: TYPE="BLOCK"の場合、空白の高さをピクセル数で指定。
     WIDTH=#: TYPE="BLOCK"の場合、空白の幅をピクセル数で指定。
     SIZE=#: TYPE="HORIZONTAL"、もしくは "VERTICAL"のとき、大きさを指定。

    <MULTICOL>.....</MULTICOL>

    テキストを列にわける。
     COLS="...": 列の数。
     GUTTER="...": 列の感覚(ピクセル数)。
     WIDTH=#: 全体の幅 (ピクセル数、パーセント)。 <HEAD>内でも<BODY>内でも使用可能な特殊タグ

    <SCRIPT><!-- ..... //--></SCRIPT>

    JavaScriptを使用するときのコードを囲む。古いブラウザから隠すために、<!-- ..... //-->(コメント)の中にコードを入れ、「//」はコードの中でコメントタグを無視ために入れる。
     1. LANGUAGE="...": プログラム単語を指定。"VBScript" や "JavaScript" など。
     2. SRC="...": 別のテキストファイルにコードを収めることも可能で、その場合はこのアトリビュートでファイルの名前を指定。但しNS3.0では正常に機能しない場合がある。

    <NOSCRIPT> ... </NOSCRIPT>

    <BODY>タグ内で、<SCRIPT>をサポートしないブラウザのみが表示する内容を含む。しかし、検索ロボット用のキーワードを隠すのにも使われる。

    <FORM>.....</FORM>

    フォームはアンケートや、注文書などを作るのに使うが、現在、フォームで送られる日本語は文字化けする。という訳で、CGIを使って、フォームの文字変換を行う必要があるので、少々困難を伴う。
     ACTION="...": ここにCGIファイルの名前を指定する。そのまま電子メールでフォームの記入内容を受け取るには"mailto:eld@digifinder.com"のようにmailto:に続いて送り先のアドレスを指定することも可能だが、日本語は文字化けする。
     METHOD="...": 送信方法を指定。"GET"と"POST" があるが、普段は POST で、CGIプログラムが GETを使うように指定した場合は GET を使う。
     TARGET="...": フォームを送信したときに、新しいページが表示されるなら、そのページの開く先を指定する。性質は<A>の同名のアトリビュートと同じ。
     ENCTYPE="...": 暗号化の種類を指定するが、まだ使われていない。

    <INPUT>

    フォーム内で情報を取得するための項目を追加。基本的に NAME で指定した名前と、VALUE で指定する値(情報)がペアでサーバーに送信される。
     ALIGN="...": TYPE="IMG"の場合、周りのテキストの開始位置などを指定。TOP, MIDDLE, BOTTOM, LEFT, RIGHT の中から選択。
     CHECKED: TYPEが "RADIO"か "CHECKBOX"の場合、あらかじめ選択する。
     MAXLENGTH="...": TYPEが"PASSWORD"か"TEXT"の場合、文字数を制限。
     NAME="...": 名前を指定。
     SIZE="...": TYPEが"PASSWORD"か"TEXT"の場合、テキスト入力欄の長さを文字数単位で指定。
     SRC="...": TYPE="IMG"の場合、使われる画像のファイル名を指定。
     VALUE="...": TYPEが"PASSWORD"か"TEXT"の場合、あらかじめ表示される文字列を指定。TYPEが"RESETか"SUBMIT"の場合、ボタンに表示される文字を指定。それ以外ではサーバーに送られる情報を指定する。
     TYPE="...": 表示の種類。
     CHECKBOX: チェックボックス。その項目をクリックされれば、情報はサーバーに送られる。
     HIDDEN: 何もページには表示されないが、その情報はサーバーに送られる。基本的にCGI用。
     IMAGE: 画像をクリックすると、フォームが送信される。フォームの内容と一緒に、画像上のクリックした位置も送信される。NAME="..."で指定した名前の後に".x"で X座標と".y"でY座標が付加する。左上の角が原点。
     PASSWORD: パスワード。一行のテキスト入力欄を作るが、ページに打ち込む内容は表示されない。
     RADIO: 複数の中から一つ選択可能にする場合に使う。複数の<INPUT>に同じ名前を付け、TYPE="RADIO"して複数の項目をつくる。VALUE="..."で各項目のサーバーへ送る情報を指定する。
     RESET: 立体ボタンをつくり、クリックするとフォームの内容をクリアする。VALUE="..."でボタンに表示される文字を指定できる。
     SUBMIT: 立体ボタンをつくり、クリックするとフォームの内容を送信する。VALUE="..."でボタンに表示される文字を指定できる。
     TEXT: 一行のテキスト入力枠を作る。

    <SELECT> .... </SELECT>

    ドロップメニューを作成。<SELECT> .... </SELECT>の間に<OPTION>タグで各項目を始める。
     MULTIPLE: 一度に一つ以上選択可能であることを指定。
     NAME="...": メニューの名前を指定。フォームを送信するときに必要な情報の内の一つ。
     SIZE=#: メニューをクリックしていない状態で、何項目が表示するかを指定。標準は1。
     <OPTION value="...">item
    各項目をこのタグで開始する。閉タグはない。このタグの後に記入する文字列が実際にドロップメニュー内に表示される。
     VALUE="...": その項目を選択したときに、サーバーに送られる情報を指定。
     SELECTED: あらかじめ選択されている項目に指定。

    <TEXTAREA>...</TEXTAREA>

    文字が入力できるテキストボックスを作成。NSとIEで大きさが違うので注意。
     COLS=#: テキストボックスの幅を指定。(文字数単位)
     ROWS=#: テキストボックスの高さを指定。(文字数単位)
     NAME="...": テキストボックスの名前を指定。
     WRAP="...": 改行するかを指定。"HARD"(強く)、"SOFT"(柔らかく)、"NONE"(なし)の中から選択。

    <MAP>...</MAP>

    イメージマップ(ビットマップともいう)で画像上の特定の場所(複数可)にリンクをつくることができる。
     NAME="...": 画像がこのイメージマップを使用したい場合に指定する名前を付ける。<MAP>...</MAP>の間に<AREA>タグを並べればよい。

    <AREA>

    リンクの場所と大きさ、リンク先などを指定する。
     SHAPE="...": リンクの形を指定。RECT、RECTANGLE(四角)、CIRC、CIRCLE(円)、POLY、POLYGON(多角形)の中から選択。
     COORDS="...": リンクの座標を指定。RECTの場合は "x1,y1,x2,y2" で四角の左上の点と右下の点を指定する。POLYの場合はそのまま x と y を増やせば良い。 CIRC の場合は "x,y,r" のように、まず中心のXY座標を定め、その後に半径を定める。数はすべてピクセル単位。原点は画像の左上の角。
     HREF="...": リンク先のファイルのURLを指定。
     NOHREF: リンクではないと指定。
     TARGET="...": ファイルの開く先を指定する。性質は<A>の同名のアトリビュートと同じ。 <BODY>タグの中で使用可能なタグ:電子フォーム