-はじめてのhtml ホームページの作り方- 初心者でも簡単なタグの使い方!慣れたらCSSも覚えてカッコイイホームページ作り

CSSでカッコイイホームページの作り方では、ホームページの装飾となるCSSの説明から、
実際にそれを使ってホームページを作るまでを順々に説明していきます。

タグ辞典

  • html一覧
  • ブロックとインライン
  • ブラウザ独自タグ
  • 無料HPスペース比較
  • 機能比較表
  • コミュニティー

  • 掲示板
  • 携帯とPC

    現在の携帯業界は日進月歩の如く技術が進歩しています。
    ですが、webブラウザ(ホームページを見るツール。IEなど)としての面はまだまだです。
    しかしながら、現在の携帯と言うモバイルツールの価値は疎かに出来ないと言うのも事実です。
    先ごろPC用のwebブラウザであるOperaが携帯に導入されたなど、より近いものへ、よりモバイルツールへと進化もしています。
    そういった将来的な視野も踏まえて、現在両対応と言うサイトを多くあります。
    別個に作るのではなく、あくまで同一のページであって両対応と言うのがポイントになります。
    有名なところでは魔法のiランドなどの改造系と呼ばれる物です。
    こういったホームページの仕組みはjavaやCSS(カスケードスタイルシートと呼ばれるhtmlを装飾する為の言語)を用いています。
    「ホームページの作り方 -中級者-」でメインとして扱っている物がCSSです。

    両対応の仕組み

    先ほど説明したようにjavaやCSSを用いているからこそ可能な事です。
    では、なぜjavaやCSSを用いるとそれが可能になるのか?についての説明を行っていきます。
    携帯でのホームページ表示の際、使用出来ないタグ非常に多く存在します。
    しかし、携帯での表示には容量の制限があります。ですからhtml内にタグを書くだけでは容量オーバーとなってしまいます。
    そこで基礎編で説明したように外部ファイルと言う形式にします。これはhtmlとは別のファイルにして、
    必要に応じてそれを読み込ませると言う形式です。
    こうする事により携帯などでホームページを見ようとした場合に、その外部は読み込まれないので、素のままのhtmlが表示されます。
    基礎編でも書いたように素のままのhtmlと言うのは、マークアップ(任意で強調をさせた)された文字情報と言う事になります。
    逆にPCで見た場合はその装飾を管理している外部ファイルを読み込むので、携帯とは異なった表示になります。
    これが両対応の仕組みとなる訳です。簡単に言ってしまえば、正しいhtmlを書けば自然と両対応になると言う事です。
    注意としてはjavaやCSSを無視しない携帯だと読み込みきれない、もしくは閲覧に支障をきたす可能性があると言う事です。
    現状、出回っているほとんど携帯ではそういったことはないので安心してください。