アクセス解析
カウンター

引きこもりニート列伝その18 劉邦  NF


引きこもりニート列伝その18 劉邦(前256または前247〜前195)

 以前、漢王朝創立の功臣達を何人か取り上げましたが、その時の公約通り今回は漢王朝の始祖・高祖劉邦を扱いたいと思います。

略歴
 前漢の初代皇帝。在位、前202〜前195年。姓名は劉邦、字は季。高祖は廟号である。
 現在の江蘇省の沛で農民の子として生まれる。地元の役所で小役人を務めていたが、囚人を都に護送する際に脱走者が相次いだため自身も脱走した。当時の法律では囚人が脱走した際には管理責任者や残りの囚人も死刑であったためである。その後は残りの囚人たちと山賊をしていたが、始皇帝死後の前209年に陳勝・呉広の乱がおきると、秦に反旗を翻すことにした故郷・沛に迎え入れられ大将として祭り上げられた。挙兵後は、項梁の配下に入る。陳勝・呉広が敗れた後は、楚の名門出身・項梁が中心となったが彼が秦軍に敗れて死んだ後は項梁の甥・項羽と共に反乱軍の主要指導者の一人となった。
 前206年、劉邦軍が首都咸陽を制圧して秦は滅び、劉邦は簡略化した法を提示し現地住民の支持を得た。しかし本来最有力者である項羽は出し抜かれ激怒。劉邦は項羽の本陣に参上して和解、勢力で勝る項羽が天下を握った。劉邦は項羽によって、辺境であるの漢中の地に封じられ漢王となった。
やがて劉邦は、張良・韓信らの力を得て秦の地を奪回、項羽に対して不満をもつ諸侯と連合し項羽に戦いを挑む。両者の死闘は4年におよび、多くの戦いで劉邦は項羽に敗れたものの徐々に情勢は有利に展開。前202年には垓下の戦いで楚軍が壊滅、項羽は烏江の畔まで逃れ自害した。劉邦は皇帝に即位しここに漢が成立。劉邦は秦の制度を基本としながらも、地方行政においては中央集権的な郡県制を緩め功臣・一族を王として領土を与える「国」も並存する郡国制とした。匈奴に対して前200年に自ら討伐に向かうが敗退、以後は従属を余儀なくされる。
 農民出身の高祖は粗暴で、難解な思想を毛嫌いしすぐに人を罵倒した。その一方で、部下に対しては寛容で気前よく、全面的に信任する度量の広さがあった。項羽との戦いで勝利したのは名将・韓信、名宰相・蕭何、名軍師・張良の三傑など有能な部下を信任して権限を委ね腕を振るわせたためとされる。


 劉邦は貧しい農家の末っ子に生まれましたが、家業を手伝うことなく女・酒を好んで任侠の士と付き合い、生活は兄の一家に頼っていたため兄嫁から嫌われていたと言われています。壮年期になって故郷・沛で亭長(最下級の役人)という手近な職に兎も角も就きましたが、周囲の人々をからかって勤務態度はいい加減であったと言われています。その癖、妙に態度が大きい大ボラ吹きでもありました。名士・呂公に見込まれてその娘を娶る事になったのが呂后と夫婦になった切っ掛けだったわけですが、この時にも呂公の宴会に持参金一万銭と大ボラ吹いて上席につくという大それた事をしでかしています。加えて、無職時代・亭長時代共に蕭何に法的な問題で世話をかけたり、夏侯嬰を誤って怪我をさせたにもかかわらず庇ってもらったりと様々なトラブルを引き起こしたりもしていました。
 それでいて韓信とは違い妙に人望があったようです。勤めがいい加減で態度が大きな大ボラ吹きのトラブルメーカーという、どうしようもない人物ではありましたが、割合に素直だったり飄々とした所が憎めない魅力であったのでしょうか。問題を起こした際も庇ってくれる人物やついて来る人物がいつもいました。これが後々まで劉邦の大きな財産となります。

 各地で反乱が頻発すると、人気者であった劉邦は郷里の人々に御輿として担ぎ出され乱世に名乗りをあげる事になります。劉邦の場合、憎めない人柄による人望を切っ掛けに、自分の限界を知ることにより生まれた、優れた人物の言葉に素直に耳を貸す柔軟性や寛容さが覇者に押し上げたと言えます。

おわりに
 元ニートで遅咲きの英雄と言えばカエサルとエパメイノンダスと思っていましたが、ここにもいましたか(笑)。何だか流石は韓信・陳平の主君で劉備の先祖といった感じの前半生を送っていた訳ですね。しかし、元ニート・怠け者が乱世の覇者となり長寿王朝の開祖として仰がれ、後世にまで理想の帝王と称えられる。人生は、歴史は本当に分からないものです。

参考文献
中国古典文学大系10史記(上) 司馬遷著 野口定男・近藤光男・頼惟勤・吉田光邦訳 平凡社
中国古典文学大系11史記(中) 司馬遷著 野口定男・近藤光男・頼惟勤・吉田光邦訳 平凡社
中国古典文学大系12史記(下) 司馬遷著 野口定男訳 平凡社
中国の大盗賊 高島俊男 講談社現代新書
中国史 上 宮崎市定 岩波書店
中国の歴史 上 貝塚茂樹 岩波新書
エンカルタ百科事典 マイクロソフト


←引きこもりニート列伝その17
ミラボー
発表一覧に戻る 引きこもりニート列伝その19→
タレス・ディオゲネス・ヘラクレイトス
ダメ人間目次に戻る