アクセス解析
レンタル掲示板

偉大なるダメ人間シリーズその2 諸葛亮  My


こちらに移転しました(「【『ダメ人間の世界史』&『ダメ人間の日本史』ブログ版】(02)キモオタ引きこもりの大軍師 諸葛亮」)

また、書籍化もしておりますので、そちらもよろしくお願いします。
【通販商品ページ】
Amazon   :『ダメ人間の世界史』(ダメ人間の歴史vol 1)
楽天ブックス:『ダメ人間の世界史』(ダメ人間の歴史vol 1)


以下の文章は管理修正を凍結した旧版です。このページを引用元にしているサイト等が存在する可能性を考え削除はしませんが、文字を小さくしています。移転先の現行の文章の方をご覧下さい。








はじめに
 今回は中国人なのに我が国で大人気、史上に輝く至誠の名臣、諸葛亮を扱おうと思います。


偉大なるダメ人間シリーズその2 諸葛亮
 古代中国の三国時代の政治家に諸葛亮(181〜234)という人物がいます。諸葛孔明といったほうが有名かもしれません。若くして、流浪の傭兵隊長であった劉備に仕え、またたく間に当時の中国を三分した一国、蜀の建国へと導いた人物です。当時の歴史を題材にした、中国の古典娯楽小説『三国志演義』や、『三国志演義』から派生した無数の物語においては、知謀に秀でた天才軍師として扱われています。歴史上の実像を見ても、多方面で非常に優れた才能を発揮しており、軍人としては、史上屈指の名将とまでは言えないにしろ、当時の一級の将帥であり、技術者として様々な軍用器械を開発し、政治家としては、素早く国家建設を成し遂げるとともに、よく民衆の心を掴んで、管仲や蕭何といった中国史上に傑出する大人物に比肩されています。また『出師の表』によって名文家としての名も史上に轟いています。彼と同時代の人物で、多方面で彼以上に高い能力を発揮することのできた人物は、唯一、当時の最強国家である魏の建国者、曹操がいるのみです。そして孔明は、その忠義によっても非常に有名で、劉備が死に、その子で若年の劉禅が後を継いだ後も、その巨大な才能にもかかわらず、臣下としての分を守ったまま、蜀を守るために戦い続け、燃え尽きるかのように陣中に病没することになります。
 ところで、この孔明ですが、その忠義や、民衆に慕われ政敵にすら尊敬された公正無私の政治から見れば、非常に真面目で誠実、善良で堅実な人柄が思い浮かびます。実際、能力、人格ともに申し分ない傑物、大政治家にして至誠の忠臣として、歴史や国境を超えて敬愛されています。ところが、彼の青年時代を見ると、意外な姿が浮かび上がってきます。今に伝わる、彼の青年時代の姿を眺めてみましょう。

 彼は青年時代多くの学者や学生が集った荊州という土地にあって勉学していましたが、その姿勢たるや、周りの人間達が真面目に精密な学問に努力している時、大要をつかむにとどめていたということです。つまり学生としての彼は、大ざっぱでいい加減な勉強しかしなかったということです。そして、そんないい加減な勉強しかしないくせに、『梁父吟』とかいう隠者のうたう歌を好んで唄いながら、周りの人間に対して言い放ちます。おまえ達は、州や県の長官くらいには出世できると。そして自分の事を問われると、笑って何も答えません。彼は、常日頃から自分を、大政治家の管仲や名将の楽毅といった歴史上の偉人になぞらえていましたから、これは明らかに周りの人間を小馬鹿にしての行動です。すさまじく嫌らしい性格です。周りの人間から見れば、至誠の人なんてとんでもない。おそらく歪んだ性格の、誇大妄想狂のおおぼら吹きといったところでしょう。こんな人柄ですので、周りに彼を認めてくれる人間などほとんどいません。親好のあった友はわずかに二人だけ、この他に物好きな名士数人をあわせて、これが彼を高く評価してくれる全てでした。

 これを現代にたとえるなら、頭は良いくせに真面目に勉強せず、試験を受けてはろくでもない点数を並べ、社会不適合者の好んで歌うアニメソングなどを口ずさみつつ、社長や官僚目指して真面目に立身出世に励む周りの人間を小馬鹿にし、自分は天才だとうそぶきながら、友達も作らずひきこもっている、そんな感じだと思います。救いようもなくダメで嫌らしい、うさんくさい人間です。俺はやればできるんだよ、とか吠えつつ、いつまでもやらずにダメなまま朽ち果てていきそうな感じがします。

 ところがその後、わずかな知り合い達が、流浪の身であった高名な将軍、劉備に対し、彼が有能であると吹き込んだおかげで、彼のひきこもり人生に転機が訪れます。孔明、27歳の時です。劉備は、運に恵まれず、未だ成功を収めてはいませんでしたが、天才政治家にして天才軍人の曹操を相手に中国各地で歴戦し、既に天下に有数の大人物との評判を獲得していた、熟年武将です。このような大人物が、二十も年下のひきこもりの若造の元に、頭を下げて三度も登用に訪れたのです。そしてこれ以後の孔明の活躍は、冒頭に述べたとおり。
 キ○ガイすれすれのひきこもりを、丁重に遇して社会復帰させ、更生に導いて史上の偉人へと変貌させた、劉備の器量には感嘆を禁じ得ません。歴史上の意義という点では、曹操に劣る地位しか占めないものの、三国志の物語で主役を張っているのも納得の、偉大な有徳の人物です。
 ……この文章の主役は孔明なので、劉備を論じても仕方ないですね。孔明に話を戻しましょう。史上に至誠を称えられ、今でも多くの信奉者を持つ、諸葛孔明という偶像は、たまたま奇特な有徳の武将が近くに人材募集中の状態で現れて、わずか数人しかいない親交ある人物が勝手に善意で動き回ってそれが上手くコネとして機能する、こんなおよそあり得ない幸運が重なって、ようやく成立したものでした。そして輝かしい偶像の内部には、救いようのない、性根の腐りきったダメ人間が隠れ潜んでいる。人間、何がきっかけで、どう育つか分からないものですね。
 ところで政治家として実績を重ねた後の熟年の孔明は、やたらと地味な人物を人材として推挙する一方、馬謖や姜維といった切れ味鋭いがどこか空回りしたような、うさんくさい人物を溺愛し続けています。彼は、真面目で堅実な人柄で売り出す事に成功し、真面目で堅実な性格の人物を活用しましたが、決して真面目で堅実な人物に生まれ変わったわけではなく、根はうさんくさいままで、心の底では、真面目で堅実な人物がそれほど好きでもなかったのかな、とか思ったりします。


おわりに
 孔明はかなりうさんくさく、嫌らしい人物です。様々に描かれる孔明像のうち、私の見たものでは、どこか妖しげで気持ち悪く汚穢よばわりされる、漫画『蒼天航路』に描かれた孔明が、一番実像に近いのではないかという気もします。思い起こせば、『三国志演義』に結実する民衆の語り継いだ孔明像は、妖しげな妖術師であって、決してまともな人間ではありませんでした。民衆はよく本質を掴んでいたというべきなのかもしれません。

参考資料
 正史三国志;陳寿著 今鷹真/井波律子/小南一郎訳 ちくま学芸文庫


←偉大なるダメ人間シリーズその1
キルケゴール
発表一覧に戻る 偉大なるダメ人間シリーズその3→
モルトケ
ダメ人間目次に戻る