日下駅


 日下駅
開業:1924年3月30日
所在地:日高村本郷字米神の前

 日下駅は、'24年3月30日に、高知線須崎-日下開業のとき開業し、開業当時の駅員は10名ほどだったそうです。ちなみに基点は須崎で、理由は車両の搬入に簡単な須崎港があったからだそうです。では、なぜ日下が終点かと言うと、単に予算の関係だったとか。ちなみに当時駅前は人影がなく、今の岡花駅のほうが人家が多かったが、浮浪者の溜まり場になったらいかんと今の場所になったそうです。また、駐輪場の前に立っている銀杏の木は開業記念の記念樹だそうで、一時切られそうになりましたが、記念樹とあってやめたそうです。



以下

 昔は有人だった日下駅。その事務室。今は清掃のみ民間委託しているようで、おじさんが一人出入りしています。覗いてみましたが、よく掃除されているなと思いました。

 四国にはけっこうな確率で国鉄時代の駅名板が付いています。「残している」と言うよりは「残っている」と言ったところですが。

 簡易改札です。昔はここで切符の回収をしていたそうです。(祖父談)

 現在使用されていない側線です。祖父によるとここに昔機関車を留めていたそうですが、モーターカーとマルタイの事でしょうか。

 1番線を東の端から、現在倉庫らしき建物。荒れ放題です。昔は当直でもしていたんでしょうか。

 工事用の制限40。

 工事用自転車を入れていた車庫と思われます。


戻る