UtilDVDRWの紹介
トップページに戻る

説明
 1.ファイナライズ機能          
  ・DVDレコーダで録画したDVD-RWディスク(VRフォーマット)をファイナライズするソフト
   または、ファイナライズを解除します
  ・WindowsXPとかですと、ファイナライズ済みのDVD-RWならそのまま.IFOや.VROファイルが
   そのまま扱えるので、未ファイナライズのディスクをPCでファイナライズするようにしました
 2.ファイナライズ解除機能       
  ・ファイナライズ後は、DVDレコーダで追記できないので解除する機能も入れました。
   (DVDレコーダでは、当然ファイナライズ解除できますが)
 3.VRO、IFOファイルの書き込み機能 
  ・PC上で用意したVRモードのファイル(VR_MANGR.IFO、VR_MOVIE.VRO)をDVD-RWに書き出します
  ・DVD-RWディスクは、UDF2.0に従ってフォーマットします
   (DVDレコーダ、プレーヤで再生できるかもしれません)
 3.1 ISOイメージファイルへの書き出し機能

 4.VRO、IFOファイルの読み込み機能 
  ・VRフォーマットのDVD-RWディスクから、VR_MANGR.IFO、VR_MOVIE.VROファイルを読み出します
 5.低速消去                
  ・書込みでエラーが出る場合に使ってみて下さい。
 6.VR初期化
  ・DVD-RWディスクをVRフォーマットで初期化します。
   ディスクを簡易フォーマット後、空のDVD_RTAVディレクトリを書き込みます。
 7.コマンドラインオプションを使用しての起動 
  ・コマンドプロンプトからの起動で指定ができます
  ・ショートカットからの起動で指定ができます
  ・スタートメニューからのファイル名を指定して実行でも可能です。
  (1) デフォルトドライブの指定 (-d X)
  (2) ファイナライズ無し (-nf)
  (3) DVD_RTAVディレクトリの指定 (-dir "Directory")
  (4) べリファイ有りの指定 (-v)
  (5) コンペア有りの指定 (-c)
  (7) DVD_RTAV以外のディレクトリも書き込む
  (8) 処理終了後のイジェクトを行わない指定 (-ne)
  (9)処理終了後、本ソフトを終了する指定 (-t)

  ・コマンドオプションで指定処理(自動的に処理開始)として以下のオプションがあります
  (9)起動後、VR書込み
  (10)起動後、VR読み込み
  (11)起動後、ファイナライズ
  (12)起動後、ファイナライズ解除

 8.エラー発生時のエラーログの表示
  ・書き込みエラー等の問題発生時に、エラーログを表示させます。
   問題解決するために、このエラーログ情報をメールして頂ければ助かります。

動作環境
    ・Windows7、WindowsXP HomeEdition (SP3) での動作を確認
     (Windows98/ME系では動作しません)

仕掛け
  ・DVDレコーダでファイナライズする場合、どうも最終の録画位置からディスクの最外周までパディング
   するものもあるようです。
   そうなると、何10分も待たされることも出てきます。
  ・このソフトでは、最終の録画位置にあたるセクタ位置(トラックの最後)でディスクを閉じるので、
   5分もあれば終わります。
扱い
    ・このソフトは、無償です。
     著作権は、Triple Chic とします。
     本ソフトの使用による被害については、一切責任を持たないこととします。

ダウンロード先
  Version1.99

    UtilDVDRW1.99.zip ファイルがそれです。ReadMeファイルはありません。
     実行形式のファイルのみを梱包してます。

  Version1.98のダウンロード
  Version1.97のダウンロード
  Version1.96のダウンロード
  Version1.95のダウンロード
  Version1.94.1のダウンロード
  Version1.94のダウンロード
  Version1.93.1のダウンロード
  Version1.93のダウンロード
  Version1.92のダウンロード
  Version1.91のダウンロード
  Version1.9のダウンロード
  Version1.8のダウンロード
  Version1.7のダウンロード
   Version1.6のダウンロード
   Version1.5のダウンロード

アンインストール時
  実行形式ファイルのUtilDVDRW.exeを削除して下さい。レジストリは使用していません。



(1)起動時の状態          




□ 終了時、ウィンドウを閉じる が、チェックされている場合、以下の処理が正常に終了すると、本ソフトは終了します。
  ファイナライズ
  ファイナライズ解除
  VR読み込み
  VR書込み
  VR初期化


(2)DVD-RWディスクをファイナライズする場合     
 (2)-1 未ファイナライズのDVD-RWディスクを入れ、チェックDiscボタンを押すと以下のようになります



(2)-2 ファイナライズボタンを押すと処理を開始します



(2)-3 ファイナライズが終了すると、以下のようになります




(3)ファイナライズを解除する場合      
 (3)-1 ファイナライズ済みのDVD-RWディスクを入れ、チェックDiscボタンを押すと以下のようになります



(3)-2 ファイナライズ解除ボタンを押すと処理を開始します 



(3)-3 ファイナライズ解除が終了すると、以下のようになります




(4)VRモードでのVRO、IFOファイルの書き込みの場合    

 (4)-1 PC上のVRO、IFOファイルがあるDVD_RTAVディレクトリを参照ボタンを押して決定して下さい



(4)-2 DVD-RWディスクを入れ、チェックDiscボタンを押すと以下のようになります


・上記は未ファイナライズのディスクの場合でしたが、未記録のディスクやファイナライズ済ディスクでも
 VRモードの書き込みは可能です

(4)-3 VR書込みボタンを押すと書込みが始まります

・□DVD_RTAV以外も書き込む に、チェックを入れると、他のディレクトリ以下のファイルも書き込めます。
 その場合、DVD_RTAVディレクトリの欄には、DVD_RTAVを持つ親ディレクトリを指定して下さい。


(4)-4 書込みが終了すると以下のようになります



(4)-5 ”□ファイナライズする” がチェックされていると、続けてファイナライズ処理を開始します。
    (2)-2 の状態になり、終了すると (2)-3 の状態になります。


(4)-6 ”□ベリファイする”がチェックされていると、続けてリードチェック処理を開始します。

    エラー検出時には、エラー表示され、正常終了時は、"== Read チェック 正常終了 =="と表示されます。

(4)-7 ”□コンペアする”がチェックされていると、続けてファイル単位のコンペア処理を開始します。
    内容が異なる場合やエラー時には、エラー表示があり、正常終了時は、”== ファイル比較 正常終了==”と表示されます。



(5)ISOイメージファイルへの書き出しの場合     

 □ISOイメージ出力をチェックして下さい



 ・ISOイメージファイル書込み先(ディレクトリ名)を入力して下さい
 ・VR書き込みボタンを押せば、書き込みを開始します。
 ・書込み終了が表示されれば、終わりです。



(6)VRモードでのVRO、IFOファイルの読み込みの場合    
 (6)-1 格納先のPC上のDVD_RTAVディレクトリを参照ボタンを押して決定して下さい



(6)-2 DVD-RWディスクを入れ、チェックDiscボタンを押すと以下のようになります



(6)-3 VR読込みボタンを押すと読込みが始まります



(6)-4 読込みが終了すると以下のようになります





(7)低速消去     
 低速消去ボタンを押すと以下のようになります



 ・終了すると、= 消去終了 = が表示されます。



(8)VR初期化     
 VR初期化ボタンを押すと以下のようになります



 ・終了すると、== VR初期化終了 == が表示されます。


(9)コマンドラインオプションを使用して起動する場合  
  コマンドラインオプションとして、以下のものがあります。

 種類  説明
-d x デフォルトドライブの指定。 x はドライブ名を示します。 Eドライブなら、-d E となります。
-nf ファイナライズ無しの指定
-dir "C:\Directory" DVD_RTAVのディレクトリ名を指定。 ""で括って下さい。
-v べリファイ有りの指定
-o DVD_RTAV以外のディレクトリも書き込む
-c ファイル単位で内容をコンペアする指定
-ne イジェクトしない指定
-t DVD処理終了時、本ソフトを終了する(Windowを閉じる)


  ・コマンドプロンプトから起動する場合やスタートメニューからのファイル名を指定して実行の場合
     D:\UtilDVDRW.exe -d E
   と入力します。

  ・ショートカットから起動する場合
   UtilDVDRW.exeへのショートカットを作って、ショートカットプロパティのリンク先の最後に
     D:\UtilDVDRW.exe -d E
   のように、-d E を追加して下さい。


・起動後に自動的に処理を開始するオプションとして、以下のものがあります。

種類 説明
-aw 起動後、VR書込みする
-ar 起動後、VR読み込みする
-af 起動後、ファイナライズする
-au 起動後、ファイナライズ解除
-ai 起動後、VR初期化する


(10)エラー発生時のログを表示する場合

UtilDVDRWのウィンドウの左上のアイコン部分をクリックして、出てくるメニューの中の”UtilDVDRWのバージョン情報”を選択すると、
以下のようなウィンドウが表示されます。


ウィンドウ下半部に表示されているものがエラー時のログです。
本ソフトでのDVD-RWへの書き込み等で、問題が出る場合、このログ情報をメールして下さい。



履歴:
 Version 1.99 2013年11月4日
 ・ISOイメージファイル書込み時に、エラーになるバグを修正

 Version 1.98 2013年1月19日
 ・処理終了後、本ソフトを終了するチェックを追加
 ・コマンドオプション -t を追加(処理終了後、本ソフトを終了する)

 Version 1.97 2011年9月18日
 ・Windows7で書き込んだDVD-RW(UDF2.00)の場合、エラーが出ないように対応

 Version 1.96 2011年8月17日
 ・.Sys-Reserved-RW-Bitmap.GROWファイルがサイズ0の時、チェックDiscで強制終了する不具合を修正
 ・VR初期化機能追加
 ・コマンドオプション -ai を追加(起動後、VR初期化する)

 Version 1.95 2011年5月5日
 ・ファイルコンペア後、正しくイジェクトできなかった不具合を修正
 ・特に、DVD_RTAV以外も書き込む場合、ファイル数が多いと強制終了させられる不具合を修正
 ・エラー発生時のログを表示する機能を追加

 Version 1.94.1 2010年12月5日
 ・コンペア時、4GB以上のVROファイルを正しく比較できなかった不具合を修正

 Version 1.94 2010年11月21日
 ・DVD_RTAVディレクトリ以外を書き込む場合、他のディレクトリ下のファイルで正しく書き込めない不具合を修正
 ・ISOイメージファイルへの書き出し機能追加
 ・書き込み後、コンペア(ファイル内容の比較)チェック機能を追加 (コマンドラインでは、-c)
 ・VR_MANGR.BUPファイルも書き込み、読み出し対象とした(ファイルが存在する場合)
 ・コマンドラインオプションに、イジェクトしない指定(-ne)を追加

 Version1.93.1 2010年10月9日
 ・VR_MANGR.IFOファイルが正しく書き込めない不具合を修正(ファイルサイズが64KBを超える場合)

 Version1.93 2010年8月11日
 ・イジェクトチェック有効範囲を変更(低速消去、VR書き込み、VR読み込みと、従来のファイナライズ/解除)
 ・コマンドオプションで指定処理(自動的に処理開始)追加

 Version1.92 2010年4月19日
 ・低速消去後、イジェクトが効かない不具合を修正
 ・Drag&DropでDVD_RTAVディレクトリを指定可能に

 Version1.91 2010年3月21日
 ・低速消去済のDVD-RWへの書込みの1回目にエラーが出る不具合を修正
 
・書込んだDVD-RWのVROファイルの内容が正しくない場合が出る不具合を修正

 Version1.9 2009年11月7日
 
・コマンドラインオプションの追加(ファイナライズ無し、DVD_RTAVディレクトリ指定)
 
・書き込み時、.Sys-Reserved-RW-Bitmap.GROWファイルを取り込まないように修正

 Version1.8 2009年10月29日
 
・デフォルトドライブを指定しての起動対応

 Version1.7 2009年4月29日
 ・ベリファイ(リードチェック)機能追加
 ・.Sys-Reserved-RW-Bitmap.GROWファイル対応

 Version1.6 2008年8月13日
 
・最外周まで書き込んだDiscに対するVR書込みの不具合を修正

 Version1.5 2008年2月13日
 
・DVD_RTAV以外のディレクトリ以下のファイルの書込みを可能に

 Version 1.4 2007年11月14日
 
・VR書込みに続けてファイナライズする機能を追加

 Version 1.3 2006年5月30日
 
・低速消去機能を追加

 Version 1.2 2006年5月3日
 ・VRO、IFOファイル読込み機能追加
 ・書込み速度設定追加

 Version 1.1 2006年4月19日
 
・VRO、IFOファイル書込み機能追加

 Version 1.0 2005年10月10日
 ・最初のもの