見知らぬ国のトリッパー(w

ダウンロード

見知らぬ国のトリッパー(wは、こちらでダウンロードできます。

※ 注意 ※
(8桁トリップ用)tripper.zip(10桁トリップ用)tripper+.zipの2つありますが、2chでは現在10桁トリップが採用されていますので、10桁トリップ用として解説します。

単一ターゲット検索方法

  1. tripper+.exeを起動して下さい。
  2. 検索文字列の入力ボックス欄に検索したいトリップを半角で入力します。
  3. 検索条件に合わせ先頭or末尾or大文字小文字を区別のチェックをします。
  4. 検索開始をクリックして検索を開始します。
  5. 検索結果は見つかったトリップとtripper.logに出力されます。
  6. 一時停止する場合は一時停止、終了する場合は検索中止をクリックします。
  7. 完全終了する場合、×をクリックもしくはメニューのファイル→終了で閉じます。
  8. 検索結果を詳しく見る場合、tripper.logを開きトリップキーを取得します。
検索例1:位置指定無し大文字小文字区別無し検索

大文字と小文字の区別がないABCDEを検索する場合、検索文字列の入力ボックスにABCDEと入力します。

sorry

検索開始ボタンをクリックしましょう。
これで大文字と小文字の区別がないABCDEが含まれるトリップを検索し、検索結果は見つかったトリップに表示されます。

sorry

ワンポイント
Found 13は、13個のトリップが見つかったことを表します。
in 41000000は、検索開始から現在までに検索したトリップの総数です。
202.30sは、検索開始から現在までの時間(秒数)です。
202669 trips/sは、1秒間あたり検索したトリップの平均数です。
なお、Foundが1万件を超えた場合、検索は終了します。

検索例2:先頭位置指定有り大文字小文字区別無し検索

大文字と小文字の区別のないABCDEが先頭にあるトリップを検索する場合、検索文字列の入力ボックスにABCDEと入力し、先頭にチェックを入れて下さい。

sorry

検索開始ボタンをクリックしましょう。
これで大文字と小文字の区別のないABCDEが先頭に含まれるトリップを検索し、検索結果は見つかったトリップに表示されます。

sorry
検索例3:位置指定無し大文字小文字区別有り検索

ABCDEを検索する場合、検索文字列の入力ボックスにABCDEと入力し、大文字小文字を区別にチェックを入れて下さい。

sorry

検索開始ボタンをクリックしましょう。
これでABCDEが含まれるトリップを検索し、検索結果は見つかったトリップに表示されます。

sorry

ワンポイント

ABCDEを入力し大文字小文字を区別にチェック ⇒ ABCDEを検索。
Abcdeを入力し大文字小文字を区別にチェック ⇒ Abcdeを検索。
abcdeを入力し大文字小文字を区別にチェック ⇒ abcdeを検索。
検索例4:先頭位置指定有り大文字小文字区別有り検索

ABCDEが先頭にあるトリップを検索する場合、検索文字列の入力ボックスにABCDEと入力し、大文字小文字を区別と先頭の2つにチェックを入れて下さい。

sorry

検索開始ボタンをクリックしましょう。
これでABCDEが先頭にあるトリップを検索し、検索結果は見つかったトリップ欄に表示されます。

sorry
検索例5:末尾位置指定有り大文字小文字区別有り検索

末尾にABCDEがあるトリップを検索する場合、検索文字列の入力ボックス右欄にABCDEと入力し、大文字小文字を区別と末尾の2つにチェックを入れて下さい。

sorry

検索開始ボタンをクリックします。
これでABCDEが末尾にあるトリップを検索し、検索結果は見つかったトリップ欄に表示されます。

sorry

ワンポイント
10文字目に出る文字は.26AEIMQUYcgkoswの16文字です。上記以外の文字を末尾に指定した場合、出ることは無いので気をつけましょう。

検索例6:先頭位置指定有り大文字小文字区別有り条件検索

ABCが先頭で、ABC以降にDEが含まれるトリップを検索する場合、左右の検索文字列入力ボックスにそれぞれABCDEと入力し、大文字小文字を区別と先頭の2つにチェックを入れて下さい。

sorry

検索開始ボタンをクリックします。
これでABCが先頭で、ABC以降にDEが含まれるトリップを検索し、検索結果は見つかったトリップ欄に表示されます。

sorry
検索例7:末尾位置指定有り大文字小文字区別有り条件検索

DEが末尾にあり、DE以前にABCが含まれるトリップを検索する場合、左右の検索文字列入力ボックスにそれぞれABCDEと入力し、大文字小文字を区別と末尾の2つにチェックを入れて下さい。

sorry

検索開始ボタンをクリックします。
これでDEが末尾で、ABCDE以前に含まれるトリップを検索し、検索結果は見つかったトリップ欄に表示されます。

sorry
検索例8:先頭末尾位置指定有り大文字小文字区別有り条件検索

ABCが先頭、DEが末尾に含まれるトリップを検索する場合、左右の検索文字列入力ボックスにそれぞれABCDEと入力し、大文字小文字を区別と先頭と末尾の3つにチェックを入れて下さい。

sorry

検索開始ボタンをクリックします。
これでABCが先頭、DEが末尾に含まれるトリップを検索し、検索結果は見つかったトリップ欄に表示されます。

sorry

以上の8つが基本的検索方法です。単一ターゲットだけを検索する人は上記の方法で検索するのが最適ですが、これらの方法では2つまでの文字列を含む単一ターゲットしか検索出来ません。2つ以上のターゲットを検索する際には、以下に紹介する正規表現を用いた検索をする必要があります。

正規表現検索

  1. tripper+.exeを起動して下さい。
  2. 検索文字列の入力ボックス欄に検索したいトリップを半角で入力します。
  3. 検索条件に合わせ大文字小文字を区別のチェックをします。
  4. 検索開始をクリックして検索を開始します。
  5. 検索結果は見つかったトリップとtripper.logに出力されます。
  6. 一時停止する場合は一時停止、終了する場合は検索中止をクリックします。
  7. 完全終了する場合、×をクリックもしくはメニューのファイル→終了で閉じます。
  8. 検索結果を詳しく見る場合、tripper.logを開きトリップキーを取得します。
使用可能な正規表現一覧
文 字意 味
^文字列の先頭に付けることで先頭指定となります。[]内では否定となります。
$文字列の末尾に付けることで末尾指定となります。
[]文字列の検索範囲を指定します。
|文字列を敷居、複数ターゲット検索を可能にします。
()文字列を囲い、グループを表します。
.任意の文字を表します。
\1〜9()と併せて使い、後方参照を表します。
*直前の文字またはグループの0回以上を表します。
?直前の文字またはグループの0回または1回を表します。
+直前の文字またはグループの1回以上を表します。
検索例9:^を用いた先頭指定検索

ABCDEが先頭にあるトリップを検索する場合、大文字小文字を区別と正規表現の2つにチェックを入れ、検索文字列の入力ボックスに^ABCDEと入力します。

sorry

検索開始ボタンをクリックしましょう。
これでABCDEが先頭にあるトリップを検索し、検索結果は見つかったトリップに表示されます。

sorry

ワンポイント
大文字と小文字の区別のないABCDEが先頭にあるトリップを検索したい場合、大文字小文字を区別のチェックを外して下さい。

検索例10:$を用いた末尾指定検索

ABCDEが末尾にあるトリップを検索する場合、大文字小文字を区別と正規表現の2つにチェックを入れ、検索文字列の入力ボックスにABCDE$と入力します。

sorry

検索開始ボタンをクリックしましょう。
これでABCDEが末尾にあるトリップを検索し、検索結果は見つかったトリップに表示されます。

sorry

ワンポイント
10文字目に出る文字は.26AEIMQUYcgkoswの16文字です。これ以外の文字を末尾に指定した場合、出ることは無いので気をつけましょう。

検索例11:^[]を用いた検索範囲指定検索

ABCDEaBCDEが先頭にあるトリップを検索する場合、大文字小文字を区別と正規表現の2つにチェックを入れ、検索文字列の入力ボックスに^[Aa]BCDEと入力します。

sorry

検索開始ボタンをクリックしましょう。
これでABCDEABCDEが先頭にあるトリップを検索し、検索結果は見つかったトリップに表示されます。

sorry

^[]内で用いた場合、^以下を否定となります。検索文字列の入力ボックスに^[^B-Zb-z0-9\./]BCDEと入力することで、先頭1文字目にB〜Zb〜z0〜9./以外を検索する表現となり、^[Aa]BCDEと同じ検索結果が得られます。

ワンポイント

[ACE]・・・・AかCかEに該当。[^BDF-z0-9\./]と同じ。
[A-Z]・・・・A〜Zに該当。[^a-z0-9\./]と同じ。
[0-9]・・・・0〜9に該当。[^A-z\./]と同じ。
[A-z]・・・・A〜zに該当。[^0-9\./]と同じ。
[\./]・・・・.か/に該当。[^A-z0-9]と同じ。
[^ACE]・・・AとCとE以外に該当。[BDF-z0-9\./]と同じ。
[^A-Z]・・・A〜Z以外に該当。[a-z0-9\./]と同じ。
[^0-9]・・・0〜9以外に該当。[A-z\./]と同じ。
[^A-z]・・・A〜z以外に該当。[0-9\./]と同じ。
[^\./]・・・.と/以外に該当。[^A-z0-9]と同じ。
検索例12:^|()を用いた選択検索

ABCDEFGHIJが先頭にあるトリップを検索する場合、大文字小文字を区別と正規表現の2つにチェックを入れ、検索文字列の入力ボックスに^ABCDE|^FGHIJと入力します。

sorry

これでも間違いではないのですが、()を用いさらに最適化してみましょう。検索文字列の入力ボックスに^(ABCDE|FGHIJ)と入力します。

sorry

検索開始ボタンをクリックしましょう。
これでABCDEFGHIJが先頭にあるトリップを検索し、検索結果は見つかったトリップに表示されます。

sorry

ワンポイント
^ABCDE|^FGHIJより^(ABCDE|FGHIJ)の方が最適化され検索速度がアップします。なお、^(A|a)BCDE^[Aa]BCDEは同じ検索結果となります。

検索例13:^.()\1〜9を用いた後方参照検索

先頭に任意の連続するトリップを検索する場合、大文字小文字を区別と正規表現の2つにチェックを入れ、検索文字列の入力ボックスに^(.)\1\1\1\1と入力します。
.任意の文字なので注意して下さい。

sorry

検索開始ボタンをクリックしましょう。
これで先頭に5文字連続する任意のトリップを検索し、検索結果は見つかったトリップに表示されます。

sorry

ワンポイント

^([A-Z])\1\1\1\1・・・先頭にAAAAAなど英大文字の5文字連続を検索。
^([0-9])\1\1\1\1・・・先頭に00000など数字の5文字連続を検索。
^(AB)\1\1・・・・・・・・・・先頭からABを3度繰り返すABABABを検索。
^(A)(B)(C)\3\2\1・・・先頭にABCCBAを検索。
検索例14:^*?+を用いた指定検索

先頭にABCがあり、ABC以降にDE/DEがあるトリップを検索する場合、*?+をそれぞれ用いた3つの検索方法があります。

*を用いた場合
大文字小文字を区別と正規表現の2つにチェックを入れ、検索文字列の入力ボックスに^ABC/*DEと入力します。

sorry

*は“直前の文字またはグループの0回以上”を表しますので、以下6パターンを検索します。

ABCDE
ABC/DE
ABC//DE
ABC///DE
ABC////DE
ABC/////DE

?を用いた場合
大文字小文字を区別と正規表現の2つにチェックを入れ、検索文字列の入力ボックスに^ABC/?DEと入力します。

sorry

?は“直前の文字またはグループの0回または1回”を表しますので、以下の2パターンを検索します。

ABCDE
ABC/DE

+を用いた場合
大文字小文字を区別と正規表現の2つにチェックを入れ、検索文字列の入力ボックスに^ABC/+DEと入力します。

sorry

+は“直前の文字またはグループの1回以上”を表しますので、以下5パターンを検索します。

ABC/DE
ABC//DE
ABC///DE
ABC////DE
ABC/////DE
正規表現検索サンプル
検索対象正規表現
ABCDE.^ABCDE\.
ABCDE/^ABCDE/
ABCDE.とABCDE/^ABCDE[\./]
チ〇コとチ〇ポ^(CHIN[KP]O|[Cc]hin[kp]o)
ABCDE.....形^.....\.\.\.\.\.または\.\.\.\.\.$
A.B.C.D.E.形^.?\..\..\..\..\.
/A/B/C/D/E形^/././././.
ABCDEABCDE形^(.....)\1
ABCDEEDCBA形^(.)(.)(.)(.)(.)\5\4\3\2\1
AABBCCDDEE形^(.)\1(.)\2(.)\3(.)\4(.)\5
BABABABABA形^(.)(.)\1\2\1\2\1\2\1\2
全大文字検索^[A-Z]+$
全数字検索^[0-9]+$

※ 任意の文字を表す.とドットを表す\.の使い方に注意して下さい。
()に対応する\1〜\9の使い方に注意して下さい。

ワンポイント
正規表現は基本的に短い方が最適化され検索速度は落ち難くなります。

オプション設定

メニューのツール→オプションを開き、各種の設定をします。

sorry
検索設定を保存する

検索文字列の入力ボックス内に入力した検索文字列と、大文字小文字を区別のチェック、正規表現のチェックの有無を、tripper+.exe終了後も保存するかどうかの選択です。検索設定を保存したい場合、チェックを入れましょう。

自動検索開始

tripper+.exe起動時、自動的に検索を開始するかどうかの選択です。自動検索をしたい場合、チェックを入れましょう。

最小化

自動検索開始と同時に最小化するかどうかの選択です。自動検索開始と同時に最小化したい場合、チェックを入れましょう。

MMXの使用

MMX(SSE)搭載のPCを使用しているかどうかの選択です。MMX搭載のPCでチェックを入れ検索すると検索速度が最大60%向上します。MMX搭載のPCの人はチェックを入れましょう。

ワンポイント
MMX(SSE)を搭載したPCかどうか分からない場合、チェック有⇔無で検索をし、検索速度を比べてみるといいです。

ログの使用

見つかったトリップをtripper.logに出力するかどうかの選択です。バックアップの役割もありますので、必ずチェックを入れましょう。
※ 初期設定でチェックが入っています。

カウンタの継続

検索中止後、検索開始をクリックし検索を再開した時、検索中止以前にステータスバーに表示された検索時間と検索総数、検索速度の3つを継続するかクリアするかの選択です。継続したい場合、チェックを入れましょう。

終了しても継続

tripper+.exeを終了しても、終了以前の検索時間と検索総数、検索速度の3つを継続するかクリアするかの選択です。終了しても継続したい場合、チェックを入れましょう。

乱数系列を初期化しない

検索再開時に、前回の検索乱数を継続するかクリアするかの選択です。前回の続きから検索したい場合、チェックを入れましょう。

リストの保持

見つかったトリップに表示される検索結果を、検索中止後の検索再開時に保持するかクリアするかの選択です。検索中止後も検索結果を保持したい場合、チェックを入れましょう。

アイコン化時の発見アクション

アイコン化時にトリップが見つかった際のアクションの選択です。“音を鳴らす”と“元に戻す”の選択が出来ます。
※ 初期設定でチェックが入っています。

音を鳴らす

アイコン化時にトリップが見つかった場合、音を鳴らします。

元に戻す

アイコン化時にトリップが見つかった場合、元に戻ります。

検索スレッドの優先順位

複数のアプリケーションを起動した際の優先順位の選択です。低から高まで6段階の設定をすることが出来ます。ただし、高にしても検索速度が速くなるわけではありません。
※ 初期設定で低になっています。

tripper.logの見方

tripper+フォルダ内のtripper.logを開きます。

sorry

ログには、見つかったトリップの検索結果が出力されます。
Start : Seed = 1124567263の数値は乱数値です。オプションの“乱数系列を初期化しない”にチェックを入れた場合、Start : Seed = CONTINUEとなります。以下、左にトリップ、右にトリップのキーです。
お気に入りのトリップが見つかったら、トリップキーを取得して下さい。

ワンポイント
オプションで“ログの使用”にチェックが入っていない場合、検索結果はtripper.logに出力されません。バックアップの役割もありますので、必ずチェックを入れましょう

その他の便利機能

ソート機能

見つかったトリップの欄にあるトリップをクリックします。

sorry

1クリックで(記号→数字→英字)の並びになります。
2クリックで(英字→数字→記号)の並びになります。
※ 英字の大文字と小文字は区別されません。

sorry

ワンポイント
トリップと同じようにキーもソート出来ます。
1クリックで(記号→数字→英字→カナ)の並びになります。
2クリックで(カナ→英字→数字→記号)の並びになります。
※ 英字の大文字と小文字は区別されません。

取捨選択機能

見つかったトリップの欄の任意の場所で右クリックします。

sorry

全てのトリップとキーを選択します。

crypt検査

メニューのツール→cryptを開きます。

sorry
トリップテスト

Key(#なし)の入力ボックスに任意のキーを入力すると、入力したキーに対応するトリップがTrip欄に表示されます。

sorry sorry

ワンポイント
テストをする際には、#を外した状態で行って下さい

salt指定

自動saltのチェックを外し、Saltに任意のキーを入力すると、入力したキーとSaltに対応するトリップがTrip欄に表示されます。

sorry sorry

ワンポイント
2ちゃんねる以外の掲示板で採用されているトリップのテストが出来たり、IDを採用している掲示板のID生成計算等が出来たりします。

salt検索

salt検索にチェックを入れ、Key(#なし)に任意のキーを入力、Tripの入力ボックスには8桁のトリップを入力し実行をクリックすると、入力したキーとトリップに対応するSaltSalt欄に表示されます。

sorry sorry

10桁トリップ用tripper+では実行出来ません。
※上記のように実行する際には、8桁トリップ用tripperで実行して下さい。

ワンポイント
2ちゃんねる以外の掲示板で採用されているトリップのsalt検索が出来たり、IDを採用している掲示板のID生成計算等が出来たりします。

おまけ

メニューのファイル→これについてを開きます。

sorry

“これについて”を開いた状態で、隠しコマンドをキーボードから入力します。

↓↓↑↑→←→←AB

ステルスモードになり、タスクトレイにアイコンが表示されません。

↑↑↓↓←→←→BA

リミッターを解除します。
※ 現在は解除済みです。

BA←→←→↑↑↓↓

検索開始時に乱数値を任意に指定できます。
※ オプションの“乱数系列を初期化しない”にチェックがあると指定出来ません。

AB→←→←↓↓↑↑

0x80 0x01〜0x09 0x0B 0x0C 0x0E〜0x1F 0xA0の空間も検索します。

↑→↓←↑→↓←↑→↓←

ツール→オプションでDESMD5の選択が可能になります。

ワンポイント
これら隠しコマンドの設定は、tripper+.exeを終了することで自動解除されます。



■トップに戻る■

update(05/12/12)