Million_seeker

ダウンロード

Million_seekerは、こちらでダウンロード出来ます。

ワンポイント
Latest
Million_seeker.zip・・・・・Athlon系向け
Million_seekerP4.zip・・・Intel系向け
人柱
HyperMillion.exe・・・・・・・Athlon系向け
HyperMillionP4.exe・・・・・Intel系向け

HyperMillion.exeもしくはHyperMillionP4.exeをダウンロードした場合、exeファイルしかありません。メモ帳を開き、名前をseekseek.txtとしてexeと同じフォルダに保存して下さい。

基本的な操作方法

  1. Million_seekerフォルダを開きます。
  2. seek.txtに検索したいトリップを半角で入力します。
  3. Million_seeker.exeダブルクリックし検索を開始します。
  4. 検索結果はMillion_seeker.logに出力されます。
  5. 検索を終了する場合、Ctrlキーを押しながらキーボードのCを押して下さい。
  6. 検索結果を見る場合、Million_seeker.logを開きトリップキーを取得します。

ワンポイント
Million_seeker.logresume.txtMillion_seeker.exeを起動すると現れます。

単純検索

検索例1:位置指定無し単一検索

SASUGAを検索したい場合、seek.txtSASUGA*と入力します。

SASUGA*

上書き保存した後、Million_seeker.exeを起動しましょう。
これでSASUGAが含まれる下記5パターンのトリップを検索し、検索結果はMillion_seeker.logに保存されます。

◆SASUGA???? (先頭のSASUGA)
◆?SASUGA??? (2文字目からのSASUGA)
◆??SASUGA?? (3文字目からのSASUGA)
◆???SASUGA? (4文字目からのSASUGA)
◆????SASUGA (末尾のSASUGA)
検索例2:位置指定無し複数検索

SASUGADAYONAの2つを検索したい場合、
seek.txtにそれぞれ改行して、SASUGA*DAYONA*の2つを入力します。

SASUGA*<改行>DAYONA*

上書き保存した後、Million_seeker.exeを起動しましょう。
これでSASUGADAYONAの文字列が含まれる下記10パターンのトリップを検索し、検索結果はMillion_seeker.logに保存されます。

◆SASUGA???? (先頭のSASUGA)
◆DAYONA???? (先頭のDAYONA)
◆?SASUGA??? (2文字目からのSASUGA)
◆?DAYONA??? (2文字目からのDAYONA)
◆??SASUGA?? (3文字目からのSASUGA)
◆??DAYONA?? (3文字目からのDAYONA)
◆???SASUGA? (4文字目からのSASUGA)
◆???DAYONA? (4文字目からのDAYONA)
◆????SASUGA (末尾のSASUGA)
◆????DAYONA (末尾のDAYONA)

文字に含まれている*は、Million_seeker独自の検索表現です。
*の他にも便利な検索表現があります。

マルチ検索

使用出来る検索表現一覧
文 字意 味
^文字列の先頭に付けることで先頭指定となります。
>文字列の先頭に付けることで末尾指定となります。
*文字列の末尾に付けることで完全一致検索となります。
+文字列の末尾に付けることで4パターン検索となります。

ワンポイント
4パターン検索は、完全一致先頭大文字後小文字全大文字全小文字です。
*+も付けない場合、大文字小文字を区別しない区別無し検索となります。

検索例3:^を用いた先頭指定検索

SASUGAが先頭にあるトリップを検索する場合、seek.txt^SASUGA*と入力、上書き保存をしてMillion_seeker.exeを起動します。
これで先頭一致の◆SASUGA????のみを検索します。

× SASUGA^*・・・^先頭以外は無効。
× ^*SASUGA・・・*末尾以外は無効。
 ^SASUGA*・・・^先頭、*末尾なのでOK。
検索例4:>を用いた末尾指定検索

SASUGAが末尾にあるトリップを検索する場合、seek.txt>SASUGA*と入力、上書き保存をしてMillion_seeker.exeを起動します。
これで末尾一致の◆????SASUGAのみを検索します。

※ 末尾に出る文字は.26AEIMQUYcgkoswの16文字のみです。

× SASUGA*>・・・>末尾は無効。
× >*SASUGA・・・*末尾以外は無効。
 >SASUGA*・・・>先頭、*末尾なのでOK。
検索例5:*を用いた完全一致検索

SaSuGaが先頭から始まるトリップを検索する場合、seek.txt^SaSuGa*と入力、上書き保存をしてMillion_seeker.exeを起動します。
これで◆SaSuGa????のみを検索します。

× SaSuGa^*・・・^先頭以外は無効。
× ^*SaSuGa・・・*末尾以外は無効。
 ^SaSuGa*・・・^先頭、*末尾なのでOK。
検索例6:+を用いた4パターン検索

SASUGASasugasasugaが先頭にあるトリップを検索する場合、seek.txt^SASUGA+と入力、上書き保存をしてMillion_seeker.exeを起動します。
これで◆SASUGA???? ◆Sasuga???? ◆sasuga????の3つを検索します。

× SASUGA^+・・・^先頭以外は無効。
× ^+SASUGA・・・+末尾以外は無効。
 ^SASUGA+・・・^先頭、+末尾なのでOK。

ワンポイント
+を付ける文字列の記述を工夫することで、4パターン検索が出来ます。

^KAGOAI+ ⇒ ◆KAGOAI???? ◆Kagoai???? ◆kagoai????
^KagoAi+ ⇒ ◆KAGOAI???? ◆Kagoai???? ◆kagoai???? ◆KagoAi????

検索する文字列が5文字以下の場合

検索する文字列が5文字以下の場合、以下の特殊機能が働きます。

大文字小文字の区別無し検索をしない

5文字以下の文字列の末尾に*+を付けない場合、*が付いた文字列と認識し、完全一致での検索をします。

^ABCDE ⇒ ◆ABCDE????
^vwxyz ⇒ ◆vwxyz????
5文字未満の検索をしない

5文字未満の文字列は、5文字目まで.(ドット)で埋めます。

^ABC ⇒ ◆ABC..????
^xyz ⇒ ◆xyz..????

ワンポイント
これら2つの特殊機能は検索する文字列が5文字以下の場合のみ有効です。
検索する文字列が6文字以上の場合とは異なりますので注意して下さい。

検索表現オプション

検索オプション一覧
文 字意 味
[0] (全数)全数字のトリップを検索します。
[1] (二構)2文字以下の文字列で構成されるトリップを検索します。
[2] (飛石).で区切られたり/で区切られたりするトリップを検索します。
[3] (回文)左右対称となるトリップを検索します。
[4] (山彦)1〜5文字目と6〜10文字目が同じトリップを検索します。
[5] (双連)2文字づつゾロ目となるトリップを検索します。
[6] (最長)M W mのみで構成されるトリップを検索します。
[7] (最短). i lのみで構成されるトリップを検索します。
[8] (・3・)yBE????FOUのトリップを検索します。
#[RESET]7.resume.txtを御覧下さい。
#[LOW]プロセス優先度の選択です。

ワンポイント
#[LOW]は、スピード重視ならそのまま、快適さ重視なら#を削除して下さい。
検索オプションを有効にしたい時はそれぞれ書き込みして下さい。
検索オプションを無効にしたい時はそれぞれ削除字下げをして下さい。

ターゲット記入例

検索例3〜6と検索オプションを全て有効にした場合、以下のようになります。

sorry

ワンポイント
全角文字は、コメントとして処理されますのであっても無くても支障はありません。

resume.txt

レジューム検索

seek.txt#[RESET]を書き込んだ場合、レジューム検索となります。
レジューム検索には大きな特徴が2つあります。

ランダム検索

seek.txt#[RESET]#を書き込まない場合、ランダム検索となります。
ランダム検索には大きな特徴が2つあります。

ワンポイント
レジューム検索でもランダム検索でもトリップの出現確率は変わりません。
よく分からないという方は、ランダム検索を勧めます。

Million_seeker.exe

Million_seeker.exeを起動してみましょう。

sorry

1語読み込んだで。とは、seek.txtにある文字列の総数を表します。
展開したら3語ぐらいやな。とは、検索するトリップの総パターン数を表します。
中段は左から、検索したトリップトリップのキートリップの種類です。
下段のFoundは、見つかったトリップの総数を表します。
inは、起動してから現在まで検索したトリップの総数を表します。
sは、起動してから現在までの時間を秒数で表します。
trips/sは、一秒間に検索したトリップの平均数を表します。

Million_seeker.log

Million_seeker.logには、検索結果が保存されています。

sorry

上段のStart : targetは、展開した総検索パターン数を表しています。
中段は左から検索したトリップトリップのキートリップの種類です。
下段のEnd (110.0sec)とは、検索した時間を秒数で表しています。
お気に入りのトリップが見つかったら、トリップキーを取得して下さい。

★ トリップの種類とは?
seek.txtに記入した検索対象文字列の文字数と位置を表しています。

(^8完)  ⇒ 8文字先頭一致
(^9文字) ⇒ 大文字小文字区別無しの9文字先頭一致
(>7完)  ⇒ 末尾7文字完全一致
(7完)  ⇒ 先頭でも末尾でもない7文字完全一致
(飛石)  ⇒ 検索オプションの[2]

エラー

seek.txtに入力ミスなどがあった場合、エラーとなり検索が始まりません。
比較的な起こり易いエラーは以下の3つです。

おまけ

大量検索による膨大なログの整理用バッチファイルです。

  1. テキストエリア内の文字列を全てコピーして下さい。
  2. メモ帳を開き、コピーした内容を全て貼り付けます。
  3. ファイル名前を付けて保存Million_seekerのフォルダを選択します。
  4. 好きな名前にし、拡張子をbatにして保存します。(例:log.bat
  5. 作成されたバッチファイルをダブルクリックで実行して下さい。
  6. トリップの種類毎にテキストが作成され、バックアップにbackup.logが作成されます。

ワンポイント
利用は自己責任でお願いします。
パス名を正しくしないと実行できない環境の方は、自分の環境にあったパス名に便宜書き換えて下さい。



■トップに戻る■

update(06/06/01)