Opera Singer
大貫史朗/バリトン

2005年10月26日発売決定
制作期間2年、待望のフルアルバム遂に完成!!
大河内元規 プロデュース
OBLIO
オブリオ/忘却の時 〜



全国発売(TRIO RECORD)に先駆けて、2005年10月26日”彩の国さいたま芸術劇場”で開催される
"
大貫史朗ファースト・レートコンサート”会場にて先行発売が決定いたしました!

同時に"Trinity Music"から通販を開始いたします。


OBLIO
~ オブリオ/忘却の時 〜
全曲プロデュース&編曲、全オリジナル作曲:大河内元規

"OBLIO"
TRNC-OF01
\3,000-(税込み)
(通販 : 発送手数料¥400-)
OBLIOをオーダー!

デザイン/野澤清久
収録曲(全15曲) 
M-01、OBLIO(オリジナルソング)
M-02、孤独(ファド)        試聴する
M-03、難船(ファド)        試聴する
M-04、暗いはしけ(ファド)
M-05、枯葉(シャンソン)      試聴する
M-06、ガレリアン(シャンソン)  
M-07、ガラス越しの雨(オリジナル)       
M-08、プジレコの猟師(カンツォーネ)試聴する         
M-09、泣かないお前(カンツォーネ)
M-10、帰れソレントヘ(カンツォーネ)
M-11、カタリ(カンツォーネ)    試聴する
M-12、LEGGENDA(オリジナル・タンゴ)
M-13、南へ帰ろう(タンゴ)     試聴する
M-14、忘却(タンゴ・バラード)   試聴する
M-15、OBLIO(オリジナルソング) 試聴する
*試聴用楽曲は音質を落としてありますのでご了承下さい。

このCDをオーダーする
税込み¥3,000ー(通販 : 発送手数料¥400-)


いつもすがすがしい気持ちにさせてくれる、癒し系(好きな言葉ではありませんが)とも言える
"大貫史朗 歌声
しかしこの~ オブリオ/忘却の時 〜はひと味もふた味も違います。
ポルトガル民謡のファドやアルゼンチンのタンゴ等、民族音楽から選曲し
サウンドプロデューサー
大河内元規が全精力を傾けて
”大貫史朗”の更なる魅力を引き出していきます。
彼の持ち味である本場イタリアで鍛え上げられた力強い歌声が孤独の祈りとなり
きっとあなたの
”を大きく揺らす事でしょう・・・・・こうご期待!!




大貫史朗メッセージ

今回再び、大河内さんと仕事が出来ることに心より感謝しております。
“音楽人:大河内元規”さんは、その音楽性は勿論のこと、感性・エネルギー・人情に 溢れた魅力的な男性です(僕は、女性が好きです・・・誤解の無いように)。オペラの声・歌に関しても、実に鋭い指摘をされ、誤魔化しの効かない人物です。そして、僕の長所をより活かしながら、まだ表現されきっていない僕の隠された音楽を引き出してくれます。
クラシック、オペラの流れはそのままに。そしてそれらに、新しい息吹を吹き込んだCDとなる・・・と確信しております。
皆さん、期待していてください。では、また。
バリトン歌手 大貫 史朗(ふみお)

プロデューサー・メッセージ 
日本のオペラ界においてどの団体にも属さず我が道を行く孤高のオペラ歌手大貫史朗さん。1998年にひょんな縁から大貫さんのCD(下の写真)をサウンドプロデュースする事となり、それ以来のおつき合いです。私はそのレコーディング以来、ずっと大貫バリトンの大ファンです。この素晴らしい声でオペラ以外のジャンルに挑戦してもらおうと何年も前から画策しておりました。実際過去に何度か試みた事もあったのですが、残念ながらいずれも中途半端に終わってしまいました。ですから今回やっと実現に向けて歩き出した感じです。今までの大貫史朗ファンも、このアルバムを聞いて大貫史朗を知る事になる方も、皆さん必ずや満足される事でしょう。お陰様で今回は順調に進行しておりますので、是非とも期待してて下さい!!ちゃ〜〜お!
音楽人 大河内元規(おおこうちもとき)




大貫史朗プロフィール

宇都宮市出身。
東京芸術大学声楽科卒業、同大学院オペラ科修了。 在学中に安宅賞受賞、読売新人演奏会、東京文化会館推薦音楽会に出

第19回イタリア声楽コンコルソ優勝、ミラノ大賞受賞。
1990年アルド・プロッティ氏の招きでイタリアへ留学。翌91年 ヴェルディの生地、レ・ロンコレにてヴェルディ記念演奏会に出演。
1992年サン・コスタンツォ劇場にてオペラ「ラ・ボエーム」(マルチェルロ役)を歌い、イタリアでオペラデビュー。その年の12月、
現代を代表するバリトン歌手ジョルジョ・ザンカナーロ氏の推薦により、バスティアニーニ記念演奏会(ヴェローナ)に出演。
93年ミラノ・ロゼートゥム劇場にオペラ「椿姫」(ジェルモン役)で出演。「リゴレット」のタイトル・ロールにてイタリア・ガッララーテ音楽協会より
会のシンボルとしての称号を受ける。アルド・プロッティ氏より『OPTIMUS(最上)』の賞と金メダルを受ける。 以後96年末までイタリア各地で
「リゴレット」「椿姫」「トロヴァトーレ」「ドン・カルロ」等のオペラに主演。『ヴェルディ・バリトン』と称され、その輝く美声と劇的な表現力で
イタリアのオペラ・ファンを魅了した。1997年より日本に於いても活動を始め「ブリリアント・コンサート」「スプレンディド・コンサート」等、
全国各地でコンサートを行っている。




大河内元規がサウンドプロデュースした

歌曲&アリア集BRILLIANT / ブリリアント
キングレコー ド(CD番号:NKCD-1336/1998年)


LINK PAGE
音楽人 大河内元規 OFFICIAL WEBSITE