[ Top Menu へ ]


■ キーボード・マクロ&マウス・マクロ KMmacro V0.61
======================================================================
【ソフト名称】 キーボード・マクロ&マウス・マクロ KMmacro V0.61
【著作権  者】 たわしと
【対応  機種】 Windows 95以降
【必要DLL】 なし
【開発  言語】 Delphi 3.01
【作成  方法】 LHA などにて解凍を行う。
【ソフトウェア種別】 フリーソフト
======================================================================
【ソフト概要】
 キーボードとマウスの動作を再生する、いわゆるキーボードマクロです。キー
入力やマウス動作の記録も出来ます。記録したマクロはテキストファイルに保存
しますので、再利用することや、後で編集することが出来ます。簡単なバッチ処
理を行うことも出来ます。
 次の2つのソフトが入っています。
・KMrec.exe         キー・マウスの入力を記録します。
・KMmacro.exe       マクロを実行します。

 V0.41 では常駐モードを追加しました。このモードでは、例えば「CTRL + ALT 
+ ^」などのキーをホットキーとして登録し(最大32個)、そのキーが押された
場合には直接(KMmacro のメニューを表示せず)に指定した動作をさせる事がで
きます。
 V0.60 ではジョイスティックのボタンを読み取る機能を追加しました。常駐モ
ードでもボタンの押し下げに反応できます(ただしボタン1〜4のみ)


 常駐モードやジョイスティック関連は、掲示板等でリクエストがあったのを、
追加してみたものです。私自身は殆ど使いませんので、バグや使いにくいところ
などありましたら掲示板にでも書き込んでみてください。

(0.58→0.61)
・ReadJoyStick コマンド追加
・常駐モード時に [JOYBUTTON] でジョイスティック監視
・右クリック終了を問い合わせ付きに
・read・write・open・close・(eof) を追加
・and・or の引数評価修正、if のネスト超過時にエラーメッセージ
・inputtext・activate-window-ex は削除

(0.56→0.58)
・(or) (and) のバグ取り。

(0.56→0.57)
・activate-window-ex を追加
・dim %a[10] で %a[0]〜%a[10] を宣言(添え字にはスペースを入れては駄目なので注意)
・(inputtext) 関数を追加
・for 〜 next で変数が使えなかったのを修正

(0.50→0.56)
・trim・ltrim・rtrim 関数を追加
・AUTOPASTE コマンド、autopaste= オプション
・if (〜) (関数) で関数が1回余分に実行されてしまうバグを修正
・Gettitle のオプション指定方法を修正。何も指定しない時の動作を逆にしたので注意。
・エラー時のメッセージを整理

======================================================================

【ダウンロードはこちらから】→ kmmac61.LZH (299,524 byte)

【テスト版はこちら】→ kmmac63.LZH (179,203 byte)
・※機能追加:(date "〜zzz")でミリ秒を返すようにしました。
 ただし、zzz は指定文字列の末尾にしか使えませんので注意してください。
  (date "yyyy/mm/dd hh:nn:ss:zzz") → "2002/08/07 14:45:52:012"
  (date "yyyy/mm/dd hh:nn:ss:z") → "2002/08/07 14:45:52:12"

【旧版はこちら】→ kmmac50.LZH (285,785 byte)


[ Top Menu へ ]