ダイエットロード 〜筋トレの重要性〜

【脂肪をより効率よく早く燃やすには】

  脂肪を効率よく早く燃やす、それは筋肉量を増やし基礎代謝量をあげることです。
  基礎代謝というのは、まったく体を動かさなくても、呼吸をしている、心臓を動かすなどで
  常に使ってくれるエネルギーのことです。筋肉量を増やすと、その何もしなくても消費して
  くれるエネルギーが増える
ことを意味します。
 
  エンジン(筋肉量)が大きくなると、より多くの燃料(エネルギー=脂肪)を消費します。
  例えば筋トレをして1%筋力量が増えたとします。そうすると、息をしている、寝ている、
  会話をしているときなどの消費エネルギーが筋トレ前と比べて増えます!
  それプラス、家事をしている、仕事をしているなどの消費エネルギーも増えます!
  さらには、ジムに通っている人で、いつもと同じ時間、同じ負荷で、ウォーキングや
  エアロバイクをすると、それもなんと今までと同じ運動なのに消費エネルギーが増えます!
  (機械で出でくる消費カロリーはあまりあてにしないでください)
 
  このように、今までと同じことをするだけで、筋トレをして筋肉量があがると、脂肪を燃やす量
  が勝手に増えるわけです!
  身体は筋肉量が増えたことで、より多くの燃料(エネルギー=脂肪)を必要とします。
  筋肉量が多い人は、食べてもすぐにエネルギーにかわるという体質になり太りにくいのです。


【ジムに通っているのに効果がでない@】

  ちゃんとジムに通って有酸素運動をしているのに全然痩せない!逆に太った!
  という方はいませんか?その方は、筋肉量が少ないからです。ちゃんとマシンで筋トレを
  しているという方もいると思います。
 
  ですが、みなさん、筋トレは軽く10〜20回一通りマシンをやって、あとはランニング&
  ウォーキングをひたすらやる。というふうにしていませんか?それだと、なかなか結果が
  でにくいです。

  効果がでない理由は、運動の順番にあるのです。ジムに来て、先に有酸素運動を20分〜
  40分くらいやり、その後に筋トレをする。このやり方だと、筋肉量はほとんど増えません。
  なぜなら、有酸素運動を先にやりすぎてしまって、筋トレに使うエネルギー(材料)が
  なくなってしまうからです。

  運動をする順番を変えてみてください。
  最初に、軽い有酸素運動を10分程やる。この目的は、心拍数を適度にあげる、筋温をあげ
  るのが目的です。次に筋トレをやる(筋肉をつくるのに必要な材料がたくさんあるうちに)
  その後に、有酸素運動を20分以上行なう。
これで、以前よりも効果がでてくるでしょう。
  (結果には個人差があります)


【ジムに通っているのに効果がでないA】

 
 上記の青字で記したトレーニング方法でも効果がでないという方、有酸素運動を捨ててください。
  まったく捨てる(やらない)のではないのですが、ごく少なくしてください。
 
  基本的には、あまり有酸素運動をしすぎると、筋肉が作られにくくなり筋肉量が増えにくいのです。
  そういう方は、根本的に体質を変える必要があります。そのため、筋トレをメインにトレーニングを
  進めてください。

  有酸素運動を少なくすると、筋肉が作られやすくなり筋肉量(基礎代謝)が増えやすくなります。
  また、有酸素運動をしすぎると、身体にある材料(エネルギー)を使いきり、今度は蓄えている筋肉
  を分解し始めます。こうなってしまうとますます筋肉量が増えません。

  本気で体質を変えたい方は、有酸素運動を1週間で90分以内にし、筋トレを2日に一回くらい
  のペースでトレーニングをしてください。
  個人差はありますが、3ヶ月程で脂肪が燃えやすい身体に変わってくるでしょう。


【有酸素運動でもリバウンド?】

 
 「やせる=有酸素運動」「有酸素運動を20分以上やると脂肪が燃えてやせる」というのが
  世間では当たり前ですが、実は異なることがあります。
  確かに有酸素運動だけでやせられますが、それは表面上のものであって芯の部分からは
  やせてるとは言えないのです。

  例えば、筋トレをさわる程度で有酸素運動をメインでやせました。
  ですが、筋肉量がほとんど運動前と変わっていないため運動をやめると徐々に戻っていきます。
  しかも、運動をしているときは、身体の吸収率が上がっているため、必要以上にエネルギーを
  吸収してしまいます。運動をやめてもその性質は幾分続きます。そのため、運動前と同じ食事
  でも運動する前より体重が増加してしまう。これがリバウンドですね。リバウンドは食事だけの
  ダイエットで起きるとは限りません。運動をしてもリバウンドは起きます。

  自分が今持っている筋肉量で有酸素運動をしても、ある程度限界がくると脂肪の燃焼は止まり
  ます。また、筋肉量が少なく基礎代謝が低い人は、なおさら脂肪の燃焼は少ないです。
  まずは大本のエンジン(筋肉量)を増やしましょう。


【体重が増えても痩せてる?】

 
 筋肉は脂肪の3倍近く重いと言われています。筋肉量が増えることによって一時的に体重が
  増加する場合があります。これは太ったのではなく、筋肉量が増えたのです。
  ここから、有酸素運動などをすることにより、体重が減少してくるでしょう。
 
  身長160cm、体重48kg、体脂肪30%の人と、身長160cm、体重50kg、体脂肪24%の人
  どちらが痩せているかというと、生理学的には後者の方が痩せてるといえるのです。
 
  体重は気にせず体脂肪を目安にしましょう。


【食事を変えなくても痩せられる】

  リバウンドを起こさず早く効率よくやせるには、やはり「筋肉量を増やす」のが一番です。
  上記でも述べましたが、筋肉量を増やして基礎代謝があがれば、ほとんどの生活で使われる
  身体の消費エネルギーが増えます。
  ということは、わかりやすく例をあげると


  
<例>
    今までの筋肉量(エンジン)を10とする。
    筋トレをして、筋肉量(エンジン)が12に増えたとする。

    単純に1.2倍、今までよりも脂肪(エネルギー)を使ってくれるわけです。
    寝てるときも、立っているときも、仕事をしているときも、もちろん運動をしているときも

    こんなにはうまくいきませんが、これに近いことが起きるのです。

  よって、
今までどおり同じ食事の量でも、筋肉量が増えて消費エネルギーが増えているわけ
  ですから、ある意味、食事を変えなくても痩せられると言えます。


  人が運動するのには、筋肉が必要不可欠です。そしてその筋肉を動かすエネルギーを作るもと
  が脂肪なのです。
筋肉量を増やして、脂肪をどんどん燃やしましょう!



※やはり直接的に脂肪を燃やすには、有酸素運動が一番です。ある程度、筋肉量が増えたなと
 感じたら有酸素運動をしてみてください。
 きっと今まで減らなかった体重、体脂肪に変化がみられるでしょう。












食事編へ
トレーニングの実際へ
HOME