(2008年11月)

ラベル見方解説

<メダル賞> FCC  (First Class Certificate:最優秀花賞:90点以上)
AM   (Award of Merit:優秀花:80点以上)
HCC  (High Class Certificate:優良花:75点以上)
BM  ( Bronze Medal :優良花:75点以上)
PC  ( Preliminary Commendation:通常77〜79点)
BC   (Botanical Certificate:原種賞、RHSとJOSの場合)
CBM (Certificate of Botanical Merit:原種賞、AOSとJOGAの場合)
CCM (栽培賞)
<審査団体>
JOS (Japan Orchid Society:日本蘭協会)
AJOS( All Japan Orchid Society:全日本蘭協会)
JOGA (Japan Orchid Growers Association:日本洋蘭農業協同組合)
AOS (American Orchid Society:アメリカ蘭協会)
RHS (Royal Horicultural Society:英国王立園芸協会)
<ラベルの見方(正式)>

Cattleya trianaei forma alba 'Aranka Germaske' FCC/AOS '56
 
属名     種小名   変種小名      個体名            入賞記録  年次



1
C. maxima  (MX292)
開花:08/11/2 1花茎5輪 NS:12x14cm カトレヤ原種 ペルー産 実生株(alba x semialba 'La Pedrena')
株の成長につれ多花着輪。
2
C.labiata fma. semialba 'Widehill'  (LB229)
開花:08/11/2 1花茎1輪 NS:13x14cm カトレヤ原種 ブラジル産 受賞:HCC/JOS1997
セミアルバの優良花の一つ。今年は作落ちで花容もイマイチ。
下段は昨年のもの。
3
C. jenmanii 'Toshiko'  (JN141)
開花:08/11/2 1花茎2輪 NS:12x15.5cm カトレヤ原種 ベネズエラ産 実生株
今年のものは唇弁の色彩が全く異常。下段は昨年のもので唇弁はベタ赤。
4
C. labiata fma. semialba 'Mirian'  (LB400)
開花:08/11/8 1花茎4輪 NS:14.5x14cm カトレヤ原種 ブラジル産
セミアルバの優良個体。唇弁の赤斑点のボカシが素晴らしい。今年のものは花弁唇弁ともやや反り気味で貧相。下段は昨年のもの。
5
C. jenmanii fma. semialba  (JN369)
開花:08/11/2 1花茎2輪 NS:10.5x11cm カトレヤ原種 ベネズエラ産 実生株('Armando Mantellini' x self)
親に酷似している。親の Armando Mantellini は実生選抜株といわれているが、セルフで酷似するのは非常に珍しい。
6
C. labiata fma. semialba 'Odette'  (LB308)
開花:08/11/16 1花茎2輪 NS:10.5x11cm カトレヤ原種 ブラジル産
セミアルバの銘花で交配親によく使かわれている。樹勢が弱く花も貧相。
7
C.maxima fma. alba  (MX399)
開花:08/11/18 1花茎2輪 NS:8.5x10cm カトレヤ原種 ペルー産
この種のアルバは希少だが花容はイマイチ。
8
C. trianaei 'Makiko'  (TR310)
開花:08/11/20 3花茎6輪 NS:13x15cm カトレヤ原種 コロンビア産 実生株('Sladen' x coerulea)
一説によれば、銘花 Rolf Altenburg も Victoria de Castro も Sladen の子孫といわれているが、これも Sladen の子孫であり立派な
整形花である。株の出来とともに一段と花容もよくなった。
9
C. trianaei 'Sangre de Toro'  (TR185a)
開花:08/11/20 1花茎1輪 NS:11.5x12cm カトレヤ原種 コロンビア産
ルブラの有名花。独特の色彩、形状を有する個体。個体名はスペイン語で牡牛の血。最近は変種名になっており、選抜されいろ
いろな個体名が冠せられている。
10
C. trianaei 'Tsubota'  (TR455)
開花:08/11/20 1花茎1輪 NS:11x12cm カトレヤ原種 コロンビア産
株が出来が悪いのか本来の花とはいえない。個体名にはコロンビアの蘭園経営者坪田氏の名が冠されている。
11
C. trianaei fma. semialba 'Con Aroma de Mujer'  (TR469)
開花:08/11/23 1花茎2輪 NS:11.5x13.5cm カトレヤ原種 コロンビア産
セミアルバの優良個体。唇弁の薄桃色が優しい上品な整形花である。個体名に「妻の香りに添えて」と名付けられている。
12
C. tranaei 'Reineckiana'  (TR256)
開花:08/11/23 2花茎2輪 NS:14x13cm カトレヤ原種 コロンビア産
セミアルバの有名花。幅広い花弁に対してトランペット状の唇弁がやや小さい独特な形状で、赤白のコントラストが際立っている。
個体名は独逸人採集家 Eduard M. Reineck に因んでいるとのこと。
13
C. jenmanii  (JN315
開花:08/11/23 1花茎4輪 NS:12x13cm カトレヤ原種 ベネズエラ産
樹勢が強くよく咲く。
14
C. tranaei 'Popayan'  (TR391)
開花:08/11/24 1花茎2輪 NS:11x12.5cm カトレヤ原種 コロンビア産
チポの優秀花の一つ。交配種のようにオーバーラップし真ん丸で優しい感じがする。容姿のよく似た銘花が沢山あり識別は相当
難しいと思われる。個体名にはコロンビアの大都市名が冠せられている。
15
C. tranaei 'Osmanii'  (TR460)
開花:08/11/24 1花茎3輪 NS:12.5x13cm カトレヤ原種 コロンビア産
チポの銘花の一つ。比較的濃厚な色彩で全体のバランスがよく情熱を感じさせる花である。
16
C. percivaliana fma. semialba 'Jewel'  (PC204)
開花:08/11/25 1花茎2輪 NS:10.5x9.5cm カトレヤ原種 ベネズエラ産
セミアルバの優良花。唇弁の濃い赤紫と花弁の白色のコントラストが素晴らしい。
17
C. percivaliana fma.coerulea  (PC339)
開花:08/11/25 2花茎3輪 NS:9x9cm カトレヤ原種 ベネズエラ産  実生株('Henrique Graf' x self)
チポの銘花 Karren Graf のMCとして入手したのに、偶然セルレアが開花した。花容色彩とも銘花 Henrique Graf に酷似した花である。
多分ラベル間違いだろうと思われる。今年のものは形、色彩ともイマイチ。肥料が原因かよくわからない。下段は昨年のもの。
18
C. tranaei fma. alba 'Aranka Germaske'  (TR208)
開花:08/11/26 1花茎2輪 NS:16x16cm カトレヤ原種 コロンビア産  受賞:FCC/AOS1956、CCM/AOS1981、BC/JOS1988
米国で選別された優秀花の一つ。今日でもこの種の白色花の最高のもので、大輪・極整形で花弁はオーバーラップしている。かなり
前に入手してから毎年豪快に咲いてくれる。
19
C. trianaei  (TR261)
開花:08/11/26 1花茎2輪 NS:14.5x17cm カトレヤ原種 コロンビア産 実生株(amesiana 'Floralia' x s/a 'Reineckiana')
銘花同士のシブリングであるがどちらの親にも似ていない。人間の世界にもあることだが。
20
C. percivaliana  (PC350)
開花:08/11/26 1花茎1輪 NS:10x12.5cm カトレヤ原種 ベネズエラ産 実生株(semialba 'Farah Diba' x 'Don Pedora')
チポ化の普通花。
21
C. trianaei '10'  (TR500)
開花:08/11/27 1花茎1輪 NS:10x9cm カトレヤ原種 コロンビア産
初花。関西の蘭友から入手。山取りか実生か不明。
22
C. trianaei  (TR213)
開花:08/11/26 1花茎2輪 NS:10.5x10cm カトレヤ原種 コロンビア産 実生株(alba x amesiana)
チポ化の普通花。
以上