(2008年10月)

ラベル見方解説

<メダル賞> FCC  (First Class Certificate:最優秀花賞:90点以上)
AM   (Award of Merit:優秀花:80点以上)
HCC  (High Class Certificate:優良花:75点以上)
BM  ( Bronze Medal :優良花:75点以上)
PC  ( Preliminary Commendation:通常77〜79点)
BC   (Botanical Certificate:原種賞、RHSとJOSの場合)
CBM (Certificate of Botanical Merit:原種賞、AOSとJOGAの場合)
CCM (栽培賞)
<審査団体>
JOS (Japan Orchid Society:日本蘭協会)
AJOS( All Japan Orchid Society:全日本蘭協会)
JOGA (Japan Orchid Growers Association:日本洋蘭農業協同組合)
AOS (American Orchid Society:アメリカ蘭協会)
RHS (Royal Horicultural Society:英国王立園芸協会)
<ラベルの見方(正式)>

Cattleya trianaei forma alba 'Aranka Germaske' FCC/AOS '56
 
属名     種小名   変種小名      個体名            入賞記録  年次



1
C.labiata  (LB384)
開花:08/10/1 2花茎5輪 NS:15x13cm カトレヤ原種 ブラジル産 実生株(concolor 'Nobuko'x rubra 'Vera Christina')
父親の遺伝が強くルブラになった。
2
C.labiata fma. concolor 'Dreher'  (LB206)
開花:08/10/2 2花茎4輪 NS:13x14cm カトレヤ原種 ブラジル産
コンコロールの銘花。上品な優しさを感じる美花。
3
C.labiata fma. amesiana 'Equilab'  (LB194)
開花:08/10/2 1花茎3輪 NS:13x12cm カトレヤ原種 ブラジル産
アメジアナの有名花の一つ。唇弁の桃色が優しく上品な感じがする。
4
C.labiata fma. semialba 'Zazie'  (LB401)
開花:08/10/2 1花茎2輪 NS:11.5x13.5cm カトレヤ原種 ブラジル産
セミアルバの優秀花の一つ。小輪だが赤白のコントラストがあり見栄えがする。
5
C. maxima 'Choko'  (MX404)
開花:08/10/2 1花茎3輪 NS:8x8cm カトレヤ原種 ペルー産
非常に遠慮がちに咲く可憐な花。個体名は関西の有名コレクターの女族名とのこと。
6
C.labiata fma. coerulea 'S1'  (LB249)
開花:08/10/3 1花茎2輪 NS:11x14cm カトレヤ原種 ブラジル産 実生株( 'Panelas' x 'Junior')
小輪のセルレア。唇弁の紫色は濃い方である。この交配からはよくセルレアが出現している。
7
C.labiata fma. alba 'Angerer'  (LB158)
開花:08/10/3 1花茎4輪 NS:12.5x15cm カトレヤ原種 ブラジル産
アルバの銘花の一つ。極整形で白色は清楚さを引き立たせている。
8
C.labiata  (LB179)
開花:08/10/4 2花茎4輪 NS:14x14cm カトレヤ原種 ブラジル産 実生株(semiconcolor 'Fraga' x self)
今年のものは唇弁が小さくやや不良。何故か年々歳々花同じからずである。下段は昨年のもの。
9
C.percivaliana fma. coerulea 'S2'  (PC356b)
開花:08/10/4 3花茎4輪 NS:12.5x12.5cm カトレヤ原種 ベネズエラ産 実生株('Henrique Graf'x self)
2度目の開花。親に似るが唇弁はやや小さく花形も親には及ばない。
10
C.labiata fma. coerulea 'Extra'  (LB403)
開花:08/10/4 1花茎2輪 NS:12x13cm カトレヤ原種 ブラジル産 受賞:BC/JOS1983
セルレアの優良花。唇弁の紫が濃く可愛い。個体名はブラジルの有名コレクターから当時のJOS会長に送付された選別個体で、
各種各変種に名づけられている。
11
C.labiata  (LB096)
開花:08/10/4 1花茎2輪 NS:10.5x12cm カトレヤ原種 ブラジル産 実生株(alba 'Angerer' x semialba 'Perola Rubra')
優良個体同士のシブリングであるが長所を出現できなかった。
12
C.labiata fma. coerulea 'S2'  (LB249)
開花:08/10/4 1花茎2輪 NS:10x15cm カトレヤ原種 ブラジル産 実生株( 'Junior' x 'Cotia')
それなりのセルレア。この種は結構セルレアが出現する。
13
C.labiata fma.suave 'Preyran'  (LB238)
開花:08/10/6 1花茎2輪 NS:12x13.5cm カトレヤ原種 ブラジル産
スワーブの有名花。唇弁の淡い桃色が優しい。変種名としてsuave、amoena、 amesiana とよく似た名称があり厳密な
区分は分からない。
14
C.labiata fma.amoena 'Foleyana'  (LB174)
開花:08/10/6 2花茎4輪 NS:8.5x9cm カトレヤ原種 ブラジル産
amoena (花弁萼弁は白色で唇弁は薄桃色が入る変種)の有名花。今年のものは萼弁が弱々しく本来の花でない。
15
C.labiata fma.concolor 'Nobuko'  (LB226)
開花:08/10/8 1花茎3輪 NS:12x12cm カトレヤ原種 ブラジル産
コンコロール(全弁が同一色)の優秀花。全体が桃色におおわれ柔和な感じがする。個体名は関西の有名コレクターの愛妻名とか。
16
C.labiata fma. marginata (LB173)
開花:08/10/8 1花茎3輪 NS:9x12cm カトレヤ原種 ブラジル産
marginata は花弁萼弁はラベンダー色で、唇弁が中央部分の縁全体に広い桃色の帯が入る変種。色彩の特徴がよくわからないが
現地の趣味家はシビア。
17
C.labiata fma.semialba 'Cooksoniae'  (LB145)
開花:08/10/8 1花茎1輪 NS:10x10.5cm カトレヤ原種 ブラジル産
セミアルバの有名花。今年のものは作落ちし貧相。下段は以前のもの。
18
C.maxima fma.semialba 'La Pedrena'  (MX432)
開花:08/10/8 2花茎6輪 NS:12x12cm カトレヤ原種 ペルー産 MC株
独特の模様の唇弁、筋の入る花弁は珍しい。更なる多輪着花を目指し株の充実を図りたい。
19
C.labiata  (LB139)
開花:08/10/9 1花茎5輪 NS:14x17cm カトレヤ原種 ブラジル産 実生株(rosada 'Jacques' x self )
チポ化し花弁幅は親より狭い。この種で5輪咲きは満作であろう。
20
C.labiata fma.coerulea 'Canaima's Heidelbeer'  (LB464)
開花:08/10/9 1花茎2輪 NS:13x12cm カトレヤ原種 ブラジル産
最近のセルレアの優秀花。唇弁の紫色が濃くノーブルである。
21
C.labiata fma.amesiana 'Marcia Regina'  (LB277)
開花:08/10/10 1花茎3輪 NS:13x14.5cm カトレヤ原種 ブラジル産
アメジアナの有名花。唇弁の薄桃筋に特徴があり優しい感じがする。弁質が厚く花命が長い。個体名は最初のコレクターの愛娘の名前。
22
C.labiata fma.semialba 'Toshiko'  (LB138)
開花:08/10/10 2花茎3輪 NS:14.5x14.5cm カトレヤ原種 ブラジル産
銘花マリーナに似たセミアルバ。花弁がきれいに平開し堂々としている。
23
C.labiata fma.semialba 'Marina'  (LB311)
開花:08/10/11 1花茎2輪 NS:13x15cm カトレヤ原種 ブラジル産 受賞:PC/JOS1988
セミアルバの超有名個体。個体名は最初のコレクターの娘名に因む。
24
C.labiata 'Goliath'  (LB176)
開花:08/10/12 1花茎3輪 NS:11x14cm カトレヤ原種 ブラジル産 受賞:BM/JOGA1996
古くからあるチポの有名個体。花弁幅があり福与かな感じがする。個体名はブラジルの地域名に因む。
25
C.labiata fma.amethystina 'Kameyama'  (LB156)
開花:08/10/12 1花茎1輪 NS:13.5x13.5cm カトレヤ原種 ブラジル産
アメシスチナ(花弁萼弁は淡藤色、唇弁は紫水晶色の模様)の優良花。セルレアとよく似ており識別は難しい。個体名はブラジルの
有名コレクター亀山翁に因む。
26
C.labiata fma.coerulea 'T1'  (LB170)
開花:08/10/13 1花茎2輪 NS:14x15cm カトレヤ原種 ブラジル産 実生株
開花に7年要す。セルレアだが細めで貧相。もう1株ある兄弟株はまだまだ開花しそうにない。
27
C.labiata fma. semialba  (LB172)
開花:08/10/13 1花茎2輪 NS:12.5x12.5cm カトレヤ原種 ブラジル産 実生株( 'Mariaoddete' x 'Cooksoniae')
セミアルバの整形花。弁質があり長く開花してくれている。
28
C.labiata fma.coerulea 'F'  (LB477)
開花:08/10/14 1花茎4輪 NS:12x13cm カトレヤ原種 ブラジル産 実生株('Select' x 'Junior')
株が充実し4輪開花。花弁幅があり福与かな感じのセルレア。
29
C.labiata  (LB169)
開花:08/10/14 1花茎2輪 NS:12x13cm カトレヤ原種 ブラジル産 実生株(coerulea 'Raposa' x coerulea 'Extra')
セルレア優良花同士のシブリングだがセルレア出現せず。
30
C.maxima fma. semialba 'La Pedrena'  (MX410)
開花:08/10/18 1花茎2輪 NS:11.5x11.5cm カトレヤ原種 ペルー産 MC株
別株。入手先は異なるが元は同一だろう。
31
C.labiata  (LB189)
開花:08/10/18  1花茎4輪 NS:11.5x11.5cm カトレヤ原種 ブラジル産 実生株(coerulea 'Extra' x self)
株市でcoerulea 'Extra' として入手したものであるが、coerulea 'Extra'のself らしく普通花となった。
32
C.labiata fma.coerulea 'Suwada'  (LB483)
開花:08/10/20 1花茎3輪 NS:11.5x11.5cm カトレヤ原種 ブラジル産
有名蘭園の個体名が付いており、それなりの美花を期待していたが。
33
C.labiata fma.coerulea 'Raposa'  (LB332)
開花:08/10/22 1花茎3輪 NS:10.5x12cm カトレヤ原種 ブラジル産
セルレセンス(淡いセルレア)の優秀花。セルレア作出親としてよく使用される。ほのかな優しさを感じさせる一品である。個体名はス
ペイン語で狐とのことであるが命名根拠がよくわからない。
34
C.labiata fma. semialba 'Makiko'  (LB148)
開花:08/10/22 1花茎2輪 NS:12x15cm カトレヤ原種 ブラジル産 実生株
唇弁の赤班のバランスがよく花弁は堂々と平開している。交配親はよくわからないがMarinaの子孫だろう。
35
C.jenmanii  (JN262)
開花:08/10/27 1花茎2輪 NS:13.5x15cm カトレヤ原種 ベネズエラ産 実生株('Rosa' x 'Castro')
優良花同士のシブリング。よく均整がとれている。
以上