http://chbox.jp/misc/avex.html のミラーです。

エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社 知財戦略室さんとのメールのやりとり

2005/10/28

深水英一郎殿

はじめてご連絡させて頂きます。
 今回、貴殿が運営・管理する以下のサイト(下記URL)において、 
当社がライセンスしている楽曲が無許諾使用されていることが発覚いた
しました。

http://flalog.chbox.com/home/weep/archives/blog/toutsukai/

上記サイトにおいて引用と銘打ち弊社管理楽曲の無断使用が
行われていました。


直接管理者に本件についてメールにて連絡いたしましたが、
誠意ある対応をいただけず、こちらにご連絡差上げた次第です。

つきましては、貴社にてご確認の上、削除等のご対応をお願いいたした
く存じます。
尚、念のため削除理由は、「弊社管理楽曲の無断使用」でございます。

お手数をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

(該当サイトの「Powered by PUBLOG::MATCHA」の表示から、
開発プロジェクトとしてこちらのサイトを知り、ご連絡いたしました。
万一、深水様への依頼が見当ちがいでございましたら、ご容赦くださ
い。)

2005年10月28日
エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社
知財戦略室

2005/10/29 返事
エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社
知財戦略室御中

深水です。はじめまして。

昨今の歌謡曲事情に疎く、大塚愛さんというお名前は
はじめて拝見いたしました。
私の不勉強ゆえの事にて誠に恐縮ではございますが、
まずは貴社が当該楽曲の管理者であることを証明して
いただければと思います。
お手数おかけしますが、宜しくお願いいたします。

また、既にご活用のようですが、ブログにはコメント
機能というものがございますので、そちらで記事筆者と
十分議論を深められることをお勧めいたします。

                  深水英一郎拝

2005/10/31

お世話になります。
先日は急な依頼に関わらず、迅速に御対応頂き有り難うございました。

さて、件の[盗使哀]サイトにて管理人が「(この件についてエイベック
スからの)メールでの連絡はなく、コメントでの連絡があっただけ(従
ってエイベックスは深水様に嘘をついている)」とのコメントがありま
した。事実、弊社から先方への最初の削除要請はメールではなく、コメ
ント書き込みによるものでした。深水様に、図らずも誤った情報を提供
してしまった結果になり、申し訳ございませんでした。訂正し、お詫び
申し上げます。

今後ともよろしくお願い致します。

2005年10月31日
エイベックス・グループ 知財戦略室

2005/11/01

深水英一郎 殿

お世話になっております。
メールをいただき有り難うございます。

深水様のおっしゃる通り、御対応をお願いする前に、
まず弊社が該当原盤の権利者であることを照明するべきでした。

以下のアドレスにて、弊社が発売している大塚愛の商品リストを
掲載しておりますので、ご確認いただければと思います。

http://cavex.avexnet.or.jp/TOP2003/afbdisc.jsp?sendToB0201SearchIndex=1&sendToB0201SearchStatus=-1&sendToB0201ArtistIndex=71&sendToB0201KeyWord=-1&statusFavorite02=1&statusB0201Menu1=1&statusB0201Menu2=1&iSelectIndex=0&iSelectIndexKey=0&changePersonalSettings=0&sendToB0201ArtistID=OHTUK&CONTENT%3C%3Ecnt_id=771801&bmUID=1130808374973


また、上記では不十分ということであれば「ORICON」誌には
楽曲の権利者名が記載されていますので、合わせてご確認いただければ
と思います。

事後的なご報告になってしまいましたが、以上よろしくご確認下さい。

エイベックス・グループ・ホールディングス(株)
知財戦略室

2005/11/02 返事
エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社
知財戦略室御中

深水です。こんにちは。
御社が問題とされているファイルに関しては、
既にブログ記事筆者さん本人が削除されてしまったようです。

私は、ブログ記事筆者が著述している内容について評価すべき
立場ではありません。
しかしながら、サーバー管理者として今回の御社の対応に関
しては苦言を呈さざるを得ません。
もちろん、御社が作詞作曲者であり歌唱者でもあるとおっしゃ
る大塚氏のイメージと名誉を守るべき立場であろうことは
理解いたしますし、御社が「引用の範囲を超えている」と主張
されるのはまったくの自由ですが、そう主張され、言論に制限
を加えようとする以上は、そう主張される根拠をもっと明確に
示すべきです。
曰く、「匿名による引用は引用とはみなされない」などとの当初
の御社の主張内容はまったく無根拠かつ乱暴な議論であり、
その後のご発言でも、どの点に於いてフェアユースの範囲
を超えているかの説明がなされておりません。
今後ご連絡いただく際は、この点について明確にされた上で
ご連絡いただきますよう、宜しくお願いいたします。

                     深水英一郎拝

2005/11/04

深水英一郎様

お世話になっております。
メールを頂き有り難うございました。
その件について申し上げる前に、11月1日に私がお送りしたメールに関しまして、
本文中「証明」と記すべきところ「照明」と誤記しておりました。まず、そちらを訂 
正させて頂きたく思います。

 さて、11月2日に頂きましたメールに関してですが、深水様のご指摘どおり、
盗使哀サイト管理人殿に対し、「匿名による引用は引用ではない」と
捉えられかねない内容で削除要請を行ったのは、御説明不足の点があり、混乱を引き 
起こしてしまいました。
これにつきましては、盗使哀サイト管理人殿にも謝罪いたしておりますが、
間に入っていただいた深水様にも、不愉快な思いをさせてしまいました。改めてお詫 
び申し上げます。

 次に、「『どの点においてフェアユース範囲超えているか』の明示を」とのご意見 
に関してですが、
当社としては、フェアユースか否かを考える際、過去の判例等に基づき
ケースバイケースで判断させていただきたいと考えております。
今回は、深水様のご指摘どおりその点についてのご説明が不十分でした。
今後は該当する使用に関し、当社がそれを違法であると主張する根拠について、
明確にした形で御対応の依頼等をさせていただきたいと思います。
 
今回は貴重なご忠告を頂き、有り難うございました。

2005年11月4日
エイベックス・グループ・ホールディングス(株)
知財戦略室