RX-77 GUNCANNON

















RX77 GUNCANNON ○基本工作 バリ取り・ヤスリ掛け・目立つ部分のヒケ処理などをして合わせ目処理しています。
 内容=400番ヤスリで形状出し>溶きパテ>600番ヤスリ>筋彫り追加・及び彫り直し>洗浄>サフ(ブラシ吹き)>1500番ヤスリで最終塗面整理>塗装 となります。
塗装工程は塗面整理終了後 ラッカー塗料にて着色>フィニッシャーズ オートクリアー塗装>デカール&墨入れ>再度フィニッシャーズ オートクリアー塗装>ガイアノーツEX艶消しクリアー仕上げです。
○改修、追加 等

頭部>>前後に1mm強幅増し、耳?の部分を他社パーツから流用      メット部頬あての部分を開き気味に加工。
アンテナを真鍮線に変更      バルカン砲口と首接続基部をアルミ製パーツに変更
  胴体>>Fアーマーを形状変更と延長し、胴体と腰接続部分を延長。嵩上げ用にアルミ製ギアを使用
腕部>>1ミリ腕を延長。クリアランス調整 肩にフック追加
脚部>>2ミリ延長しスリムに・・・アンクルガードを薄くしてアルミギアを咬ませてあります。
※コアブロックは塗装して有りますが 合わせ目消しを行なっておらず パイロットも着座して居ません。
  ○武器>>ビームライフル・スプレーミサイルランチャー・手榴弾が付属

○各部にディティール追加等>>潰し玉やアルミ製ワンオフパーツを バーニア・パイプ基部等に使用。アルミ製パーツは磨き出し後透明プライマーで  保護してあります。
キットの各所にある凹モールドを所々 ドレスアップパーツに差し替えてあります。

○塗装  フィニッシャーズカラーをメインにクレオス・タミヤを要所に使い分け

○デカール イラストレーター10にてデザイン MD5500にて出力 貼り付け

○仕上げはエアーブラシでラッカーつや消しクリアー(ガイアノーツEX)を吹いて仕上げています。

○各所グレー系のカラーはガイアノーツ社ニュートラルグレーグラデーションを4色使用しております。

 頭に1番 関節等に2番 ナックル・肩カバーに3番 武器類に4番と言った感じです。

今回からエアーテックス製コンプレッサーとアネスト岩田製のブラシで塗装に挑戦。

高圧における塗装表面の違いが体感出来ました。

アルミパーツの提供、及び コンプレッサーの手ほどきを頂いた友に感謝です。