SIRATAMAHOSIKUSA

シラタマホシクサの育て方



本当かどうか確かめた訳ではありませんが、文献によるとシラタマホシクサは伊勢湾岸地域と 宮崎県の一部と三浦半島の一部にしか自生していない珍しい植物だそうです。
園芸店で時々販売されるそうですが栽培が難しく次の年には芽が出ないとか。
東谷山のお猿さんの農園ではどうした訳かシラタマホシクサがサギ草栽培の浮舟箱の中に勝手に生えてきました。
最初の2〜3年は「雑草はサギ草に良くない」と思って抜いて捨てていました。
ある時フッと「サギ草以外にもどんな植物が湿地には有るだろう?」と興味が沸きあがり育てて見ることにしました。
育ててみると、それはシラタマホシクサでした。種を蒔いた覚えも無いのにどうしてシラタマホシクサが発芽するのでしょう?
私の浮舟箱の環境がシラタマホシクサに合っていたので、何処からか紛れ込んで眠っていた種が発芽したとしか思い当たりません。
それで、シラタマホシクサの育て方をホームページで公開する事にしました。
シラタマホシクサを育てたい方の参考になれば嬉しいです

4月09日、シラタマホシクサの新芽が出てきました。毎年この頃、芽が出ます。

7月25日、花芽が伸びて来ました。

9月〜10月にコンペイトウの様に咲きます。一つの玉にいくつの花が付いているのでしょう?。

玉の下から上へと順番に咲きます

まるで天の川を見ているようです。

シラタマホシクサの育て方
シラタマホシクサを育てるキーワードは3点です。

@置き場所・・・日当りが良く、風通しの良い場所に置いて下さい。
A水・・・・・・人間の目にはどれでも同じような水に見えますが、実は水にはさまざまな違いが有ります。
アルカリの水、中性の水、酸性の水、など、この中で弱酸性の水が一番適しています。
弱酸性水の酸性度はPH6.5が理想的です。PH7が中性ですから、ほんのちょっと酸性なのです。
水道水は各市町村によって違いが有りますがほぼアルカリ性です。では、弱酸性(PH6.5)の水は何処にあるのでしょう。
実は皆さんのごく身近な所に弱酸性水は有ります。それは雨です。
「酸性雨」と言う言葉を聞いた事は有りませんか?
高速道路の近くの山の木が枯れているのを見たことは有りませんか?
あれは強い酸性雨のせいです。皆さんの家に降る雨は弱酸性雨です。
降り始めはPH5.5〜6.0と言われています。降り終りはPH6.5ぐらいと言われています。
この雨がシラタマホシクサに適しています。
雨水を溜めて使えばシラタマホシクサは簡単に育ちます。
シラタマホシクサが自生する伊勢湾岸の地域は湧き出る水の性質が弱酸性なのです。
B鉄分・・・・・弱酸性水だけでは次の年に種から発芽させる事は出来ません。
シラタマホシクサの発芽には鉄分が必要です。
古い錆びた釘や鉄の破片などを水の中へ入れて「さび水」を作ります。 伊勢湾岸地域は花崗岩が風化した土質で鉄分を多く含んでいます。
この鉄分の多い水が有ったからシラタマホシクサが自生出来たのではないかと思います。

浮き舟栽培箱の作り方については「浮き舟栽培箱の作り方」の方を参考にして下さい。
質問・ご意見など有りましたらホームページへ戻り、ゲストブック又はメールでお知らせ下さい。
シラタマホシクサの苗は「育ててみたい」方に有料(実費程度)でお分けしています。
近くの方はご来園をお願いします。遠方の方は ☆Eメール でお申し込み下さい。郵便番号・住所・氏名・希望個数をお知らせ下さい。 シラタマホシクサの苗は1本=100円です。10本以上何本でもお受けします。第4種郵送(送料300円程度)荷造発送費(500円)が掛かります。

又、種もお分けしています。シラタマホシクサの種は11〜12月の限定取り扱いにしたいと思います。

シラタマホシクサの種の値段について問い合わせが有りましたのでお答えします。


ラタマホシクサに限らずどんな植物でも種から育てられたら発芽したときの喜びは大きいと思います。しかし、失敗した時のガッカリ感も大きいと思います。
シラタマホシクサの発芽はけっこう難しいと言われています。うまく発芽しなかった時、水質や植材や環境に原因が有ったとしても「種が未熟だったのではないか?」と種にも原因を求めたくもなります。
実費程度でもお金を頂く以上は発芽しなかった責任の一端を感じます。 それで私は、シラタマホシクサの種の値段を決めかねていました。そこで何か良い案はないかと検討している中で一つの案が浮かびました。
種からの発芽が失敗した場合補償する事を思い付きました。
シラタマホシクサの種・約50粒程度を失敗した時の補償付きで1900円にしたいと思います。
補償の内容・・・
発芽に失敗した場合、シラタマホシクサの苗を10本無料で発送します。
発芽に成功した場合は発送しません。たぶん30本以上の新芽が出ます。
以上の内容で宜しければメールで郵便番号・住所・氏名をお知らせ下さい。代金は種が届いた後、銀行振り込みでお願いします。

☆蛇足(この場合兎足)☆
「種を蒔いた覚えがないのにどうしてシラタマホシクサの芽が出て来たのか?」
この謎に挑んで1ケ月、私なりに推理してみました。
私が使っているミズゴケは市販の物ではありません。
自宅から42キロ離れた岐阜県明智町の山の休耕田に生えているミズゴケです。
田の持ち主は安藤さんと言いもちろん「ミズゴケ採りの承諾」を得ています。
ミズゴケの中に野うさぎの糞を見つける事が有ります。
たぶんこの野うさぎがシラタマホシクサの種を足に付けて運んだのではないかと言うのが私の推理です。
野うさぎが野山や湿地を駆け回りながら色々な植物の種を撒き散らしているなんて面白いナーと思いませんか?

2007年・シラタマホシクサが新芽を出し始めました

2007年04月05日

  
黒いビニールポットの隙間から緑色の新芽が見え始めました。

スポッーとミズゴケを抜いてみるとシラタマホシクサの幼苗が小さな芽と根を伸ばしていました。
黒いビニールポットが太陽の熱を集めたので何処よりも早く芽を伸ばしたのでしょう。
「まだ寒い日がぶり返すのに・・・・」と思いながらもデジカメで写してみました。

この接写に使った超高性能レンズは何と、100円均一ショップで買った100円のルーペです。
100円の瞬間接着剤とトイレットペーパーの芯を使って作った世界で唯一つの手作り接写レンズです。
メーカー製の接写レンズに劣らない良い画像が撮れます。
シラタマホシクサの幼苗は根がゼブラ状になっているのが特徴です。

2007年08月13日

  

シラタマホシクサの花芽が伸び始めました。先端に付いている白いいろをした部分が膨らんで花になります。
茎の断面は□形です。そして茎はゆるやか〜にねじっています。各地の湿原へ見学に行っても遠くから見るだけで手で触れる事ができません。 猿渡農園では皆さんに触って確かめて頂いています。「ほんとうだ。ねじれている」と驚く方が多いです。

2007年08月22日

  

シラタマホシクサの秘密

シラタマホシクサの花茎は□形・画像でお見せします。

シラタマホシクサの花茎はゆるやかにネジレています・これは触ってみないと分からないようです。 同じホシクサ科の植物にはイヌノヒゲ・ニホンイヌノヒゲ・などがあります。

イヌノヒゲ(↓)

イヌノヒゲの花(↓)

ニホンイヌノヒゲの花(↓)

シラタマホシクサもそうでしたがイヌノヒゲ達もサギ草の浮き舟箱の中に勝手に生えて来た草たちです。

2007年11月12日

  

シラタマホシクサの種の採り方

シラタマホシクサの種の採り方についてメールで質問が複数来ています。
それでお猿さん流の採り方を紹介します。 全く自己流なので間違いがあるかもしれませんので、鵜呑みにしないで、軽く参考ていどにしてください。

種を採る時期

シラタマホシクサはそのままの姿で枯れます。緑色から薄茶色→茶色へと葉や茎の色が変わってゆきます。 11月の今頃、シラタマを指でつまむとぽろぽろと崩れるようになります。硬いシラタマは残して、崩れるタマだけつみ採ります。

花殻と種と分けます

つみ採った花殻を両手で揉み合わせます。すると、白い花殻が細かいほこりのようになります。 お猿さんはお菓子箱の蓋(ふた)を利用してフーと軽く息を吹き掛け花殻ゴミを吹き飛ばします。黒い種が残ります。

種を蒔くのは何時

「種を蒔くのはいつですか?」この質問も多かったです。
11月〜12月に掛けてシラタマが崩れ落下して行くところをみると、種のまき時はやはり11月〜12月ではないかと思います。

よぶんな話

種を自然落下のまかせると、浮き舟箱の水の中にも沢山の種が落ちてしまいます。それらの種は4月初旬に水中で発芽します。 これをすくい上げてミズゴケの上に植え替えると立派なシラタマホシクサに成長します。一本植えの方が数本植えより大きく立派なシラタマ打ち上げ花火になります。

シラタマホシクサの種を採種します
2008年11月01日
 
 



シラタマホシクサの茎が茶色く枯れてくるころ種が熟します。
指で摘まむとポロッポロッと星玉が崩れる頃が採種時です。 中にはまだ硬い星玉もありますので、4〜5日、間を置いて採種します。

2011年・シラタマホシクサの幼新芽が出ました
2011年04月28日
 
 



シラタマホシクサの話を取り上げるのは2年半ぶりです。
放置しっぱなしになっていましたが 今年も無事に新芽を出しました。

2015年・シラタマホシクサの若苗をお分けする季節になりました。
2015年05月23日
 
 

「シラタマホシクサの苗を分けて欲しい」と申し込まれる方や、他にもシラタマホシクサの問い合わせが有りますので久しぶりにホームページへアップします。
やっと植え替え・発送出来るようになりました。
シラタマホシクサの苗は「育ててみたい」方に有料(実費程度)でお分けしています。
近くの方はご来園をお願いします。遠方の方は tougokuyamanoosarusan@yahoo.co.jp ☆Eメール でお申し込み下さい。郵便番号・住所・氏名・希望本数をお知らせ下さい。 シラタマホシクサの苗は1本=100円にしました。10本以上何本でもお受けします。第4種郵送(送料200円〜300円程度)荷造発送費(500円)が掛かります。
代金の支払いは荷物が届いてから銀行振り込みでお願いします。品物と一緒に振込み先のメモを送ります。
来園の時は電話052−736−3646で予約して下さい。不定期に買い物・病院・散歩など留守にする時があります。
猿渡農園は苗屋さんではありません。昔、じいちゃんがぶどう園をしていたころの屋号です。今でも近所の方が親しみを込めて「猿渡農園さん」と呼ばれるのでじいちゃんへの思いを大切に使っています。
ぶどう園は廃園して10年以上になります。跡地には自家用畑とサギソウ空中ミニ湿原が広がっています。
山羊の餌場として雑草を生やしていたので農薬は100%使いませんでした。おかげで今ではカエルやトンボ・日本蜜蜂など小さな生き物の楽園となっています。

シラタマホシクサお分けします♪

2015年08月19日

シラタマホシクサの花茎が伸びてきました。
昨年はシラタマホシクサの管理が悪くイヌノヒゲの種や苗が混入して皆さんにご迷惑をおかけしました。
今年はしっかりと種と苗を管理して、シラタマホシクサを満開にしました。
100ポットほどですが皆さんへお分け出来ます。 1ポット5本植えで1000円です。
ただし、郵送や発送はいたしません。来園して下さる方に限定し直接お渡しします。
来園出来ない方には11〜12月の2か月間限定扱いの種を申し込んで下さい。
あるいは、来年の6月中ごろ発送する若苗を申し込んで下さい。
シラタマホシクサの開花は9月〜10月です。11月には種が熟します。


今年は東京都渋谷区の方々が熱心にシラタマホシクサを栽培してみえます。
暑い東京の街の中でがんばってみえます。
水温を上げない様に、毎朝、保冷材(剤)の取り換えが日課です。
シラタマホシクサは栽培方法さえ誤らなければ日本中どこででも簡単に栽培出来ます。
枯れてしまうのは誤った栽培方法のせいです。シラタマホシクサのせいではありません。

白玉星草(シラタマホシクサ)の種をお分けいたします ♪  

2015年11月06日

2016年用の白玉星草(シラタマホシクサ)の種をお分け致します。
☆取扱い・申し込み期間は11月〜12月31日までです。
☆値段は種約50粒で2000円です。ただし発芽に失敗した時の補償付です。
☆補償の内容として・・発芽しなかった時、シラタマホシクサの若苗を10本無料で送ります。6月中旬ごろ。
☆申し込み方法・・近くの方は直接来園下さい。遠方の方は返信用封筒に82円切手を貼り封筒で送って下さい。
☆代金の支払いは品物(種)が届いた後、銀行振り込みでお願い致します。種と一緒に振込先のメモを同封します。
☆発芽のさせ方についてはホームページで公開していますので参考にして下さい。
☆質問・問い合わせはお気軽にメール・電話・掲示板書き込みなどで♪

このページのトップへ戻る

ホームベ−ジに戻る