徒登行山岳会 沢から静かな山へ


                                     
東京都山岳連盟加盟、1970年創立

   

徒登行(ととこう)山岳会は2010年、創立40周年を迎えました。沢登りを中心に活動している山岳会としては、いつの間にか老舗の部類に入りました。
 といっても、知る人ぞ知る小さな山岳会です。
 現在の会員は21名(女性8、男性13)。過去にも大所帯になったことはありません。
 ただし、各会員は明確に自分の山行スタイルをもっています。
 個性と個性が融合する力、刺激し合う力が、徒登行を息の長い山岳会にしてきました。

 徒登行の会員には、誰もが知るメジャールートから、ちょっとだけ目を逸らす傾向があります。
 1970年代には上信越や奥只見の地域研究に力を入れていたこともあり、そうした伝統が今に息づいています。

 山行形態としては、ハイキングや縦走、そして岩登りも楽しみますが、無雪期は沢登りを山行のベースに据えています。
 志向としては、ガツガツ登るより、山旅を楽しむものが多くなっています。

 会員はみな、ふつうに働いてふつうに生活し、ただ山が好きという者ばかりです。
 自分のペースと志向に合わせて、自由に気ままに、できる限り長く山登りを続けたい、
 というのが私たちの考えです。

 冬山は会員の約半数が行っていますが、ジャンルは雪稜、山スキー、アイスクライミングと、バラエティに富んでいます。

 最新の活動報告は→ 「徒登行ブログ」

徒登行には、合宿のような強制的な活動はありません。
 ただ、行事山行というものがあり、例年、以下のようなスケジュールで行っています。

 4月 新人歓迎沢登り
 5月 徒登行祭(1泊の沢登り)
 6月 遭難対策講習
 9月 集中山行(3〜4のルートから登り、山頂で集合するスタイル。1泊の沢登り)
 11月 忘年山行(麓泊の雪山ハイキング)

 これらの行事山行には会員のほぼ全員が参加しますが、強制ではありません。
 このほかはすべて個人山行で、発案者が集会で参加者を募ります。
 GWから10月頃までは、ほぼ毎週末誰かが計画を出します。

       

例会は毎月第2火曜日午後7時半からJR神田駅西口の「神田珈琲園」で行います。
 ワイワイガヤガヤと山行を報告し、計画を発表します。
 その後、神田駅前の居酒屋へ向かいます。
 集会にはほぼ全員が参加します。集会への出席率の高さは、徒登行の大きな特徴のひとつです。





【会員紹介】

SUGI
(男性・50代後) 丹沢の沢、やぶ尾根へ足繁く通う。
TAKA(男性・50代中) 南アルプスの主要峰のほぼすべてへ冬期に沢から達している。
TAMOTSU(男性・50代中) マイペースで地味な沢を歩く。
YOSHI(男性・50代中) 夏は沢、冬は山スキー。ネパール詣でも欠かさない。
SHIGYO(男性・50代中) 青森から下関まで、本州分水嶺を踏破中。
ZUKA(男性・50代前) 西上州をはじめとする北関東の山へ傾倒。
KEN(男性・50代前) アルパインからハイキングまで、オールラウンダー。
KAZU(男性・40代後) 徒登行NO1クライマー。アルパインも強い。
HIYA(男性・40代中) 山菜、きのこ、釣り三昧。
ABECHAN(男性・40代中) 鈴鹿山脈へ遠征を繰り返す。
VIRA(男性・40代中) 三度の飯より地図読みが好き。
GUCHI(男性・30代中) 関東近郊の、地味かつ個性的な沢を物色中。
TSUJI(男性・30代前) ニューフェース。徒登行の薫陶を受け急成長中。
YUME(女性・50代前) ムードメーカー。晴れ女。百名山カウントダウン。
MAYU(女性・50代前) 沢大好き。メジャー志向もあり。
YASU(女性・40代後) 体力抜群。クライミング、長い沢得意。
YUU(女性・30代中) オールラウンダー。トレランも大好き。



(C)2014 徒登行山岳会  お問い合わせ